基本情報

写真a

安達 貴弘(アダチ タカヒロ)

ADACHI Takahiro


職名

准教授

研究室住所

東京都文京区湯島1-5-45

研究室電話番号

03-5803-4591

メールアドレス

メールによる問い合わせは《こちら》から

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 名古屋大学  農学研究科  食品工業化学  博士課程  1990年  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 農学博士  名古屋大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2012年04月
    -
    2016年02月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 生体環境応答学講座 免疫応答制御学 准教授
  • 1900年01月
    -
    2014年12月
    東京医科歯科大学 難治疾患研究所 難治病態研究部門 免疫疾患分野 准教授
  • 1993年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 難治疾患研究所 難治病態研究部門 免疫疾患分野 准教授
  • 2012年04月
    -
    2014年12月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 生命理工学系専攻 生命理工学講座 免疫学 准教授
  • 2014年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 生命理工学系専攻 生命理工学講座 免疫学 准教授

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本免疫学会

  • 日本生化学会

  • 日本分子生物学会

  • 日本農芸化学会

  • 日本食品免疫学会

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 免疫学

  • 分子生物学

  • 食品科学

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • B細胞の免疫記憶とアレルギー

  • 生体イメージングによる免疫反応のリアルタイム解析

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Ishiura N, Nakashima H, Watanabe R, Kuwano Y, Adachi T, Takahashi Y, Tsubata T, Okochi H, Tamaki K, Tedder TF, Fujimoto M. Differential phosphorylation of functional tyrosines in CD19 modulates B-lymphocyte activation. Eur J Immunol. 2010.04; 40 (4): 1192-1204. ( PubMed, DOI )

  • Hou R, Ohtsuji M, Ohtsuji N, Zhang L, Adachi T, Hirose S, Tsubata T. Centromeric interval of chromosome 4 derived from C57BL/6 mice accelerates type 1 diabetes in NOD.CD72b congenic mice. Biochem Biophys Res Commun. 2009.02; 380 (1): 193-197. ( PubMed, DOI )

  • Toda M, Hisano R, Yurugi H, Akita K, Maruyama K, Inoue M, Adachi T, Tsubata T, Nakada H. Ligation of tumour-produced mucins to CD22 dramatically impairs splenic marginal zone B-cells. Biochem J. 2009.02; 417 (3): 673-683. ( PubMed, DOI )

  • Abdu-Allah HH, Tamanaka T, Yu J, Zhuoyuan L, Sadagopan M, Adachi T, Tsubata T, Kelm S, Ishida H, Kiso M. Design, synthesis, and structure-affinity relationships of novel series of sialosides as CD22-specific inhibitors. J Med Chem. 2008.11; 51 (21): 6665-6681. ( PubMed, DOI )

  • Adachi T, Tsubata T. FRET-based Ca2+ measurement in B lymphocyte by flow cytometry and confocal microscopy. Biochem Biophys Res Commun. 2008.03; 367 (2): 377-382. ( PubMed, DOI )

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 安達 貴弘. B細胞内のカルシウム伝達機構 第5回 B細胞カルシウムシグナル. 炎症と免疫. 24(1). 2016

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 渡部太郎、永石宇司、細谷明徳、Nisha Jose、津川直也、小島裕大、安達貴弘、渡辺 守. intra-vital imagingによる実験腸炎モデルにおける回盲部免疫応答の解析. 第104回 日本消化器病学会総会 2018.04.19 京王プラザホテル(東京都新宿区)

  • 安達貴弘. 生体イメージングによる食シグナルおよび超早期未病の可視化解析. 日本農芸化学会2018年大会 2018.03.18 名古屋

  • 熊澤 利彦、西村 篤寿、浅井 紀之、安達 貴弘. 味噌より分離したTetragenococcus halophilus の免疫調整機能. 日本農芸化学会2018年大会 2018.03.16

  • 羽里 直幹、黒木 麻由、難波 文男、戸田 登志也、安達 貴弘、越阪部 奈緒美. 消化管によるcinnamtannin A2の認識機構の探索. 日本農芸化学会2018年大会 2018.03.16

  • 安達貴弘. 生体イメージングによる超早期未病および腸管センシングの解析. 第15回レドックス・ライフイノベーションシンポジウム 2018.03.08 東京

全件表示 >>

特許 【 表示 / 非表示

  • 耐塩性乳酸菌、耐塩性乳酸菌の培養方法、及び免疫賦活剤(安達 貴弘)

    出願番号: 特願2016-178072

 

担当授業科目(学外) 【 表示 / 非表示

  • 分子生物学特別講義Ⅰ,埼玉大学

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 安達貴弘 免疫ふしぎ未来2014,日本免疫学会,科学未来館(東京),2014年08月10日