基本情報

写真a

宮原 裕二(ミヤハラ ユウジ)

MIYAHARA Yuji


職名

教授

生年

1956年

研究室住所

〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台2-3-10 生体材料工学研究所

研究室電話番号

03-5280-8095

研究室FAX番号

03-5280-8095

メールアドレス

miyahara.bsr@tmd.ac.jp

ホームページ

http://www.tmd.ac.jp/bsr/index.html

研究分野・キーワード

バイオエレクトロニクス、バイオセンサ、半導体材料

プロフィール

1985年3月 東京工業大学大学院 理工学研究科博士課程修了
工学博士。
1985年4月 (株)日立製作所 中央研究所入社。
1988年―1989年、スイス連邦工科大学(ETH)客員研究員。
1998年 4月  日立製作所 中央研究所 バイオシステム研究センター
 副センター長
2002年  物質・材料研究機構 生体材料研究センター
       バイオエレクトロニクスグループ ディレクター
2008年4月―2010年8月 
物質・材料研究機構 生体材料研究センター センター長
     同 国際ナノアーキテクトニクス研究拠点主任研究者兼務
2010年9月―現在 東京医科歯科大学 生体材料工学研究所 教授
2014年4月―現在 東京医科歯科大学 生体材料工学研究所 所長

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東京工業大学  工学部  電子物理工学科  1980年  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京工業大学  理工学研究科  電気・電子工学専攻  博士課程  1985年  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 工学博士  東京工業大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2010年09月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 生体材料工学研究所 医療デバイス研究部門 バイオエレクトロニクス 教授
  • 2010年09月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 生命理工学系専攻 生命理工学講座 バイオエレクトロニクス 教授
  • 2010年09月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 生命理工学系専攻 生命理工学講座 バイオエレクトロニクス 教授

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 1985年4月 (株)日立製作所 中央研究所入社。
  • 1988年―1989年、スイス連邦工科大学(ETH)客員研究員。
  • 1998年 4月  日立製作所 中央研究所 バイオシステム研究センター
  • 副センター長
  • 1999年  日立製作所 計測器事業部 バイオメディカルセンター 統括主任技師

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 応用物理学会、電気学会、電気化学会、分子生物学会

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 平成9年4月―平成11年3月 電子情報通信学会 和文論文誌 編集委員
  • 平成10年 7月  電気学会E部門誌 編修委員
  • 平成13年 8月  電気学会C部門 有機電子デバイス材料調査専門委員会 委員
  • 平成13年 10月 日本医療機器協会、医療技術産業戦略コンソーシアム「医療ナノテクノロジー戦略分科会」委員
  • 平成13年 10月 Member of the International Federation of Clinical Chemistry (IFCC) Working Group on Nanotechnology

全件表示 >>

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ナノ材料化学

  • 生体医工学・生体材料学

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • An interdisciplinary area is explored and developed by integrating materials science and biological science. Novel biocompatible materials and functional bio-devices are developed for regenerative medicine, cell therapy, minimum-invasive surgery and clinical diagnostics. In the group of Yuji Miyahara, direct interaction between biomolecules and carriers in semiconductor materials has recently been investigated. For this purpose, an insulated gate field effect transistor (IGFET) has been used in combination with functional membranes. ,,The FET is one of the most important and fundamental devices in the integrated circuit. In the case of FET type biochemical sensors, species to be detected and its selectivity can be determined by the materials coated on the surface of the gate insulator. Ion sensors, biosensors and oxygen sensor have been developed using polymer membranes, immobilized enzyme membranes and a solid electrolyte thin film, respectively. ,,Recently, we have been investigating electrostatic detection of bio-molecular recognition using a biologically coupled field effect transistor (bio-FET). The principle of bio-FET is based on potentiometric detection of charge density change which is induced at a gate insulator/solution interface by specific bio-molecular recognition. In this scheme, the charge density change is directly transduced into electrical signal by the field effect. Based on this principle, various types of bio-FETs have been developed for detection of biomolecules

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Yukichi Horiguchi, Tatsuro Goda, Akira Matsumoto, Hiroaki Takeuchi, Shoji Yamaoka, Yuji Miyahara. Direct and Label-Free Influenza Virus Detection Based on Multisite Binding to Sialic Acid Receptors Biosens. Bioelectron.. 2017.06; 92 234-240.

  • Wenfeng Hai, Tatsuro Goda, Hiroaki Takeuchi, Shoji Yamaoka, Yukichi Horiguchi, Akira Matsumoto, Yuji Miyahara. Specific Recognition of Human Influenza Virus with PEDOT Bearing Sialic Acid-Terminated Trisaccharides ACS Appl. Mater. Interfaces. 2017.04; 9 14162-14170.

  • Akira Matsumoto, Shohei Sato, Tomoko Sakamaki, Mai Sanjo, Miyuki Tabata, Tatsuro Goda, Taka-aki Asoh, Akihiko Kikuchi, Yuji Miyahara. Demonstration of Thermo-Sensitive Tetra-Gel with Implication for Facile and Versatile Platform for a New Class of Smart Gels J. Biomater. Sci. Polym. Ed.. 2017.04; 28 1000-1009.

  • Yuki Imaizumi, Tatsuro Goda, Daniel F. Schaffhauser, Jun-ichi Okada, Akira Matsumoto, Yuji Miyahara. Proton-Sensing Transistor Systems for Detecting Ion Leakage from Plasma Membranes under Chemical Stimuli Acta Biomater.. 2017.03; 50 502-509.

  • Tatsuro Goda, Yuji Miyahara. Calcium-Independent Binding of Human C-Reactive Protein to Lysophosphatidylcholine in Supported Planar Phospholipid Monolayers Acta Biomater.. 2017.01; 48 206-214. ( DOI )

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • Miyahara Y. Semiconductor devices for biomedical applications. The 3 rd Joint Symposium between IBB/TMDU and Chulalongkorn University on “Biomedical Materials and Engineering” 2016.12.15 Bangkok, Thai

  • 宮原裕二. ナノ・マイクロ技術を用いた生体分子認識及び細胞機能の検出. 神奈川県ヘルスケア•ニューフロンティア講座実施業務委託事業, 「次世代医療に向けた医理工学融合研究とその産業応用」 2016.12.13 東京工業大学

  • Miyahara Y. Detection of biomolecular recognition using bio-transistors. International Symposium on Biomedical Engineering 2016.11.11 Tokyo,Japan

  • 宮原裕二. 機能性界面の創出と医歯学領域への応用. 東京医科歯科大学 平成28年度特別経費 健康長寿社会の実現に寄与する先端医歯工学研究拠点形成 医歯工連携による医療イノベーション創出事業 ~生物学と工学を融合したバイアブルマテリアルの学術創成~ シンポジウム 2016.05.10 東京医科歯科大学

  • 宮原裕二, 松元亮, 合田達郎, 田畑美幸. 機能性固/液界面の創製とバイオセンシングへの応用. 日本学術振興会 半導体界面制御技術第154委員会 第99回研究会 2016.04.14 キャンパス・イノベーションセンター(CIC)東京

全件表示 >>

特許 【 表示 / 非表示

  • フェニルボロン酸系単量体及びフェニルボロン酸系重合体

    特許番号: 5622188

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 第6回(平成18年度)財団法人材料科学技術振興財団 山﨑貞一賞 「バイオトランジスタによる生体分子認識の電気的検出と遺伝子解析技術への応用」,2006年

  • 電気学会:第61回電気学術振興賞(進歩賞)、平成17年4月,2005年

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 2017年05月

    ACS Applied Materials Interfaces

  • 「インフルエンザウイルスを高感度かつ選択的に検出する導電性プラスチックの開発」― ウイルス感染をその場で診断するウエアラブルデバイスへの応用に期待 ―,2017年04月

    ACS Applied Materials Interfaces

  • インタビュー記事掲載「医歯工連携」で医療における「ものづくり」を支える(宮原裕二),2014年10月

    日刊工業新聞「クローズアップ」20面2014/10/13発行

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • バイオインテリジェンス科学特論