基本情報

写真a

金井 正美(カナイ マサミ)

KANAI Masami


職名

教授

ホームページ

http://www.tmd-cea.jp/

研究分野・キーワード

疾患モデル動物

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 大阪府立大学  農学部  獣医学科  1988年  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京大学  農学系研究科  獣医学  博士課程  1992年03月  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(農学)  東京大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2010年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 先端医療開発学講座 疾患モデル動物解析学 教授
  • 2010年04月
    -
    2014年09月
    東京医科歯科大学 学内共同教育研究施設 実験動物センター 教授
  • 2014年10月
    -
    2017年03月
    東京医科歯科大学 研究・産学連携推進機構 実験動物センター 教授
  • 2017年04月
     
     
    東京医科歯科大学 統合研究機構 研究基盤クラスター 実験動物センター 教授
  • 2017年05月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 統合研究機構 研究基盤クラスター 実験動物センター 教授

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本解剖学会

  • 日本発生生物学会

  • 日本実験動物学会

  • 日本獣医学会

  • 日本分子生物学会

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2011年04月
    -
    現在
    東京都医学総合研究所 動物実験倫理委員会委員
  • 2013年02月
    -
    現在
    全国医学部長病院長会議 動物実験検討委員会委員
  • 2014年10月
    -
    現在
    日本学術会議 日本学術会議連携会員
  • 2015年03月
    -
    現在
    文部科学省 科学技術・学術審議会専門委員
  • 2017年
    -
    現在
    日本科学協会 笹川科学研究助成生物(A)系選考委員会委員

全件表示 >>

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 解剖学一般(含組織学・発生学)

 

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 着床メカニズムと母体年齢に関するIn vivo解析

    文部科学省/日本学術振興会 : 2018年 - 2020年

  • in vivo細胞再構築による腎臓微細環境の解明

    文部科学省/日本学術振興会 : 2016年 - 2018年

  • Sox17へテロ不全マウスを用いた着床メカニズムの解明

    文部科学省/日本学術振興会 : 2015年 - 2017年

  • Sox17へテロ不全マウスの新生児肝炎疾患モデル動物としての応用

    文部科学省/日本学術振興会 : 2012年 - 2014年

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Rie Saba, Keiko Kitajima, Lucille Rainbow, Silvia Engert, Mami Uemura, Hidekazu Ishida, Ioannis Kokkinopoulos, Yasunori Shintani, Shigeru Miyagawa, Yoshiakira Kanai, Masami Kanai-Azuma, Peter Koopman, Chikara Meno, John Kenny, Heiko Lickert, Yumiko Saga, Ken Suzuki, Yoshiki Sawa, Kenta Yashiro. Endocardium differentiation through Sox17 expression in endocardium precursor cells regulates heart development in mice. Sci Rep. 2019.08; 9 (1): 11953. ( PubMed, DOI )

  • Risa Nomura, Kenichi Kashimada, Hitomi Suzuki, Liang Zhao, Atsumi Tsuji-Hosokawa, Hideo Yagita, Masatoshi Takagi, Yoshiakira Kanai, Josephine Bowles, Peter Koopman, Masami Kanai-Azuma, Tomohiro Morio. Nr5a1 suppression during the murine fetal period optimizes ovarian development by fine-tuning Notch signaling. J. Cell. Sci.. 2019.04; 132 (8): ( PubMed, DOI )

  • Hirate Y, Hayakawa K, Nakano Y, Uemura M, Miura K, Kanai Y, Kanai-Azuma M. Identification of downstream genes of the uterine SOX17 around the receptive period(和訳中) Experimental Animals. 2018.07; 67 (Suppl.): S67. ( 医中誌 )

  • Miura K, Harikae K, Nakaguch M, Imaimatsu K, Hiramatsu R, Tomita A, Hirate Y, Kanai-Azuma M, Kurohmaru M, Ogura A, Kanai Y. Molecular and genetic characterization of partial masculinization in embryonic ovaries grafted into male nude mice. PLoS ONE. 2019; 14 (3): e0212367. ( PubMed, DOI )

  • Igarashi H, Uemura M, Hiramatsu R, Hiramatsu R, Segami S, Pattarapanawan M, Hirate Y, Yoshimura Y, Hashimoto H, Higashiyama H, Sumitomo H, Kurohmaru M, Saijoh Y, Suemizu H, Kanai-Azuma M, Kanai Y. Sox17 is essential for proper formation of the marginal zone of extraembryonic endoderm adjacent to a developing mouse placental disk. Biol. Reprod. 2018.09; 99 (3): 578-589. ( PubMed, DOI )

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 監訳:坂井建雄、川上速人. ジュンケイラ組織学 第5版 (原著14版). 丸善出版, 2018.11 (ISBN : 978-4-621-30339-9)

  • 獣医発生学 第二版. 学窓社, 2018

  • 日本獣医解剖学会/編. 獣医組織学 第七版. 学窓社, 2017.03 第15章 胎盤 (ISBN : 978-4-87362-754-0)

  • 日本獣医解剖学会/編. 獣医組織学 第六版. 学窓社, 2014.03 胎盤 (ISBN : 978-4-87362-744-1)

  • 日本獣医解剖学会/編. 獣医組織学 第五版. 学窓社, 2011.03 胎盤 (ISBN : 978-4-87362-711-3)

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • Masami Kanai-Azuma. Mouse model of human female infertility. 第8回日本・中国・韓国マウスリソースワークショップ 2019.08.26 つくば(理化学研究所バイオリソース研究センター内)

  • 高橋仁美、平手良和、Li Jinling、伊藤義晃、大塚千穂、姉崎まゆみ、浅原弘嗣、Chen-Tsai Ruby Yanru、金井正美. 体外受精胚でのTARGATTノックインシステムによる部位特異的トランスジェニックマウスの作製について. 第66回日本実験動物学会総会 2019.05.15 福岡国際会議場

  • 平手良和、中野有紀、吉田達見、伊藤日加瑠、上村麻実、金井克晃、金井正美. TRECK法による細胞死の誘導と細胞移植による子宮内膜上皮置換法の確立. 第66回日本実験動物学会総会 2019.05.15 福岡国際会議場

  • Yoshikazu Hirate,Hitomi Takahashi,Yoshiaki ito,Jilnling Li,Chiho Ohtsuka,Hiroshi Asahara,Ruby Yanru Chen-tsai,Masami Kanai-Azuma. Site-diected transgenic mice production using TARGATTtmKnock-in technology in TMDU. 15th TRANSGENIC TECHNOLOGY MEETING 2019.04.07 神戸国際会議場

  • 金井正美. 着床過程における胚と子宮内膜の相互作用. 第41回日本分子生物学会、ワークショップ「哺乳動物胚発生研究の新展開」 2018.11.28 パシフィコ横浜

全件表示 >>

 

担当授業科目(学外) 【 表示 / 非表示

  • 発生学,東京大学

  • 発生学特論,杏林大学

  • 細胞組織学,岡山大学