基本情報

写真a

細谷 孝充(ホソヤ タカミツ)

HOSOYA Takamitsu


職名

教授

生年

1966年

研究室住所

東京都千代田区神田駿河台2-3-10

メールアドレス

メールによる問い合わせは《こちら》から

ホームページ

http://chembiolab.sakura.ne.jp/Home.html

研究分野・キーワード

有機合成化学, ケミカルバイオロジー

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 慶應義塾大学  理工学部  化学科  1990年03月  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 慶應義塾大学  理工学研究科  化学専攻  修士課程  1992年03月  修了

  • 慶應義塾大学  理工学研究科  化学専攻  博士課程  1995年03月  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 理学(博士)  慶應義塾大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2012年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 生体材料工学研究所 生体機能分子研究部門 生命有機化学 教授
  • 2012年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 生命理工学系専攻 生命理工学講座 生命有機化学 教授
  • 2009年04月
    -
    2012年03月
    東京医科歯科大学 大学院疾患生命科学研究部 ケミカルバイオロジー分野 教授

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 2018年04月
    -
    現在
    理化学研究所 ライフサイエンス技術基盤研究センター 分子標的化学研究チーム チームリーダー
  • 2014年04月
    -
    2018年03月
    理化学研究所 ライフサイエンス技術基盤研究センター 分子標的化学研究チーム チームリーダー
  • 2013年01月
    -
    2014年03月
    理化学研究所 ライフサイエンス技術基盤研究センター 分子標的化学研究チーム 客員主管研究員
  • 2009年04月
    -
    2011年03月
    東京工業大学 大学院生命理工学研究科 生命情報専攻 連携教授
  • 2007年04月
    -
    2009年03月
    東京工業大学 大学院生命理工学研究科 生命情報専攻 准教授

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本化学会

  • 有機合成化学協会

  • 日本ケミカルバイオロジ―学会

  • 米国化学会

  • 日本薬学会

全件表示 >>

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2013年02月
    -
    現在
    有機合成化学協会 関東支部 幹事
  • 2016年01月
    -
    現在
    日本化学会 Chemistry Letters編集委員

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 有機化学

  • 合成化学

  • 生物分子化学

  • 機能物性化学

  • 生体関連化学

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 生物活性物質の標的タンパク質の解明

  • 新規生物発光・蛍光システム開発のための基質の合成

  • 生体分子の新しい化学修飾法の開発

  • 有用PETトレーサーの開発

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 実践的プローブ分子開発のためのクリックケミストリーの新展開

    文部科学省/日本学術振興会 : 2018年 - 2020年

  • 異種アジド基の選択的な利用を鍵とする機能性中分子の迅速合成法の開発

    文部科学省/日本学術振興会 : 2018年 - 2019年

  • ミトコンドリア、ゴルジ体に関連する応答ゾーン、連携ゾーン解析

    文部科学省/日本学術振興会 : 2017年 - 2021年

  • アジド基の導入を鍵とする中分子の迅速機能化法の開発

    文部科学省/日本学術振興会 : 2016年 - 2017年

  • 高機能プローブ分子開発のための実践的クリックケミストリーの創成

    文部科学省/日本学術振興会 : 2015年 - 2017年

全件表示 >>

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Nishiyama Y, Kamada S, Yoshida S, Hosoya T. Generation of Arynes by Selective Cleavage of a Carbon–Phosphorus Bond of o-(Diarylphosphinyl)aryl Triflates Using a Grignard Reagent. Chem Lett. 2018.09; 47 (9): 1216-1219. ( DOI )

  • Inouye S, Tomabechi Y, Hosoya T, Sekine S, Shirouzu M. Slow luminescence kinetics of semi-synthetic aequorin: expression, purification and structure determination of cf3-aequorin. J Biochem. 2018.09; 164 (3): 247-255. ( PubMed, DOI )

  • 丹羽 節, 細谷孝充. 分子をつくり変える ―PETイメージングへの応用に向けて― 現代化学. 2018.07; 568 (7): 42-46.

  • Matsuzawa T, Uchida K, Yoshida S, Hosoya T. Synthesis of Diverse Phenothiazines by Direct Thioamination of Arynes with S-(o-Bromoaryl)-S-methylsulfilimines and Subsequent Intramolecular Buchwald–Hartwig Amination. Chem Lett. 2018.07; 47 (7): 825-828. ( DOI )

  • Meguro T, Terashima N, Ito H, Koike Y, Kii I, Yoshida S, Hosoya T. Staudinger reaction using 2,6-dichlorophenyl azide derivatives for robust aza-ylide formation applicable to bioconjugation in living cells. Chem Commun. 2018.07; 54 (57): 7904-7907. ( PubMed, DOI )

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 吉田 優. 高活性分子の反応性制御を基盤とする分子連結法の開発. 明治薬科大学 平成29年度若手研究者講話(化学系第1回) 2017.12.14 東京

  • 寺嶌紀和、目黒友啓、小池悠華、伊藤晴海、喜井 勲、吉田 優、細谷孝充. Staudinger反応を利用した安定なアザイリドの形成に基づく分子連結法の開発. 第44回有機典型元素化学討論会 2017.12.08 東京

  • 鎌田修平、西山義剛、吉田 優、細谷孝充. 炭素ーリン結合の切断を経るアライン発生法の開発と多置換芳香族化合物の簡便合成への利用. 第44回有機典型元素化学討論会 2017.12.08 東京

  • 豊本雅靖、井上飛鳥、飯田 慶、出縄政嗣、喜井 勲、林 佳子、岸 貴之、小野木博、吉田 優、細谷孝充、青木淳賢、萩原正敏. がん細胞の代謝がもたらす組織微小環境を標的にしたがん治療. ConBio2017(2017年度生命科学系学会合同年次大会) 2017.12.08 神戸

  • 小林亜希子、粟屋智就、喜井 勲、隅田有人、奥野友紀子、和根崎圭子、吉田 優、隅田ともえ、井上治久、細谷孝充、萩原正敏. 神経新生促進によるダウン症モデルにおける脳発達障害の是正. ConBio2017(2017年度生命科学系学会合同年次大会) 2017.12.07 神戸

全件表示 >>

特許 【 表示 / 非表示

  • セレンテラジン類縁体及びセレンテラミド類縁体

    特許番号: US 9075058

  • v-セレンテラジン化合物の製造方法

    公開番号: US 2015/0266833

  • v-セレンテラジン化合物の製造方法

    特許番号: 第5837973号

  • セレンテラジン類縁体及びセレンテラミド類縁体

    特許番号: US 9056840

  • 血管新生増殖因子を阻害する医薬組成物

    公開番号: WO 2015/147204

全件表示 >>

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • International Symposium on Main Group Chemistry Directed towards Organic Synthesis (MACOS): Chemistry Letters Young Award (Yu Nakamura),2018年08月

  • 第75回有機合成化学協会関東支部シンポジウム(千葉大シンポジウム)若手講演賞(中村 悠),2018年05月

  • 東京医科歯科大学 The Biomedical Research Award(松澤 翼),2018年03月

  • 16th IBB BioFuture Encouragement Prize 大学院博士課程の部 優秀賞(内田圭祐),2018年02月

  • 16th IBB BioFuture Encouragement Prize 大学院修士課程の部 最優秀賞(清水敬太),2018年02月

全件表示 >>

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 「 細胞中でも使える分子連結法の開発に成功 」 タンパク質などの生体分子への機能付与に有用なクリック反応 ―,2018年05月

    Chemical Communications

  • 「 3種の機能を備えた分子の収束的合成法の開発に成功 」 高機能プローブの開発などに役立つ、3種のアジド基を区別して利用する手法 ―,2018年03月

    Chemical Communications

  • フルオロアルケンの簡便合成を実現 -創薬や機能性高分子開発への応用に期待-,2017年10月

    プレスリリース(2017.10.12)、J Am Chem Soc 2017, 139, 12855-12862.

  • 「 複雑なジアリールエーテル類の新しい合成法の開発 」 ― 医薬品開発などに役立つ、3種の結合を一挙に形成する反応 ―,2017年10月

    プレスリリース(2017.10.11)、Org Lett 2017, 19, 5521-5524.

  • フルオロアルケンの簡便合成を実現-創薬や機能性高分子開発への応用に期待-,2017年10月

    -

全件表示 >>