基本情報

写真a

中島 友紀(ナカシマ トモキ)

NAKASHIMA Tomoki


職名

教授

研究室住所

〒113-8549 東京都文京区湯島1-5-45

メールアドレス

naka.csi@tmd.ac.jp

研究分野・キーワード

骨生物学、骨代謝学、分子生物学

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(薬学)  長崎大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2006年06月
    -
    2007年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 生体支持組織学講座 分子情報伝達学 助手
  • 2007年04月
    -
    2013年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 生体支持組織学講座 分子情報伝達学 助教
  • 2013年04月
    -
    2016年02月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 生体支持組織学講座 分子情報伝達学 准教授
  • 2016年03月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 生体支持組織学講座 分子情報伝達学 教授
  • 2018年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 生体支持組織学講座 分子情報伝達学 教授

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 2001年04月
    -
    2002年04月
    長崎大学 大学院医歯薬総合研究科 特任研究員
  • 2002年04月
    -
    2002年09月
    長崎大学 大学院医歯薬総合研究科 助手
  • 2002年10月
    -
    2003年09月
    トロント大学オンタリオ癌研究所 Josef PENNINGER研究室 ポスドク研究員
  • 2003年10月
    -
    2006年05月
    オーストリア科学アカデミー分子生物工学研究所 (IMBA) Josef PENNINGER研究室 ポスドク研究員
  • 2004年08月
    -
    2006年05月
    欧州連合(EU) Marie Curie財団  国際特別研究員

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 歯科基礎医学会

  • 日本免疫学会

  • 日本炎症再生医学会

  • 日本リウマチ学会

  • 日本骨代謝学会

全件表示 >>

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2017年07月
    -
    現在
    日本骨代謝学会  理事
  • 2015年01月
    -
    現在
    日本骨免疫学会  理事、事務局
  • 2013年07月
    -
    現在
    日本骨代謝学会  広報委員会委員長 理事会メンバー
  • 2014年10月
    -
    現在
    歯科基礎医学会  代議員
  • 2011年09月
    -
    現在
    Clinical Calcium (医薬ジャーナル社) 雑誌モニター

全件表示 >>

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 分子生物学

  • 代謝学

  • 病態医化学

  • 医化学一般

  • 骨生物学

資格、免許 【 表示 / 非表示

  • 薬剤師

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 骨リモデリングの制御機構

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 咀嚼・運動と高次機能の連関クロストークの解明

    文部科学省/日本学術振興会 : 2016年 - 2018年

  • 骨恒常性を司る骨細胞の分化と機能制御機構の解明

    文部科学省/日本学術振興会 : 2013年 - 2015年

  • 骨細胞による骨ミネラリゼーションの制御機構の解明

    文部科学省/日本学術振興会 : 2012年 - 2014年

  • 骨細胞による骨ミネラリゼーションの制御機構の解明

    文部科学省/日本学術振興会

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • 林幹人、中島友紀、高柳広. 骨細胞が産生するSema3Aはエストロゲンの作用を調整し骨老化を制御する 実験医学. 2019.05; 37 (9): 1464-1467.

  • 中島友紀. 骨細胞研究の最前線 THE BONE. 2019.05; 33 (1): 63-71.

  • Mikihito Hayashi, Tomoki Nakashima. The bone and Wnt signaling : overview Clin Calcium. 2019.04; 29 (3): 277-282. ( PubMed, DOI )

  • 中島友紀、小野岳人、林幹人. 運動器産生分子がつなぐ臓器連環と動的恒常性 実験医学(増刊). 2019.04; 37 (7): 141-148.

  • Mikihito Hayashi, Tomoki Nakashima, Noriko Yoshimura, Kazuo Okamoto, Sakae Tanaka, Hiroshi Takayanagi. Autoregulation of Osteocyte Sema3A Orchestrates Estrogen Action and Counteracts Bone Aging. Cell Metab.. 2019.03; 29 (3): 627-637.e5. ( PubMed, DOI )

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 中島友紀. 骨細胞による骨リモデリングの制御. 第39回ROD-21研究会 2019.01.26 横浜

  • 中島友紀. ステロイド性骨粗鬆症の発症メカニズム. 第20回日本骨粗鬆症学会 2018.10.27 長崎

  • 中島友紀. 骨細胞による骨リモデリングの制御. 第60回歯科基礎医学会 2018.09.06 福岡

  • 中島友紀. RANKL Biology -骨代謝研究を越えて-. 第39回 日本炎症・再生医学会 2018.07.12 東京

  • 林幹人、中島友紀. 破骨細胞分化と骨芽細胞分化を正に制御し骨代謝回転を決定づける新規因子の同定. 第4回日本骨免疫学会 2018.06.25

全件表示 >>

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • TOBIRA研究助成とびら賞,東京バイオマーカー・イノベーション技術研究組合(TOBIRA),2019年05月

  • 平成30年度研究助成,第一三共生命科学研究振興財団,2018年12月

  • 内藤記念科学奨励金・研究助成,内藤記念科学振興財団,2018年10月

  • 武田科学振興財団ビジョナリーリサーチ継続助成 ステップ,武田科学振興財団,2018年08月

  • 武田報璋医学特別助成,武田科学振興財団,2018年08月

全件表示 >>

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 2019年05月

    AAAS EurekAlert! The Global Souce for Science News

  • 「噛む力が顎の骨を造り変える分子メカニズムを解明」 ―顎の形や大きさの不調和に対する新しい歯科矯正治療法の開発に期待―,2019年03月

    Scientific Reports

  • 2019年03月

    AAAS EurekAlert! The Global Souce for Science News

  • エストロゲンが骨細胞のSema3Aを介して骨の恒常性を維持するしくみを解明,2019年01月

    Cell Metabolism論文掲載
    東京医科歯科大学 JST AMED 共同プレス

  • 「エストロゲンが骨細胞のSema3Aを介して骨の恒常性を維持するしくみを解明」― 閉経後骨粗鬆症の新たな治療法の開発に期待 ―,2019年01月

    Cell Metabolism

全件表示 >>