基本情報

写真a

信久 幾夫(ノブヒサ イクオ)

NOBUHISA Ikuo


職名

准教授

生年

1970年

研究室住所

東京都文京区湯島1-5-45

メールアドレス

メールによる問い合わせは《こちら》から

ホームページ

http://www.tmd.ac.jp/mri/scr/index.html

研究分野・キーワード

造血

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 九州大学  理学部  化学科  1993年03月  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 九州大学  理学研究科  化学専攻  修士課程  1995年03月  修了

  • 九州大学  理学研究科  化学専攻  博士課程  1998年03月  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(理学)  九州大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2009年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 難治疾患研究所 先端分子医学研究部門 幹細胞制御 准教授
  • 2009年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 器官システム制御学講座 幹細胞制御 准教授

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 1995年04月
    -
    1998年03月
    日本学術振興会 九州大学大学院理学研究科 化学専攻 特別研究員(DC1)
  • 1998年04月
    -
    2000年07月
    日本学術振興会 九州大学大学院医学系研究科  特別研究員(PD)
  • 2000年08月
    -
    2005年03月
    熊本大学 発生医学研究センター 転写制御学分野 助手
  • 2005年04月
    -
    2009年03月
    熊本大学 発生医学研究センター 転写制御学分野 講師

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本分子生物学会

  • 日本免疫学会

  • 日本生化学会

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 分子生物学

  • 細胞生物学

  • 発生生物学

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • マウス胎生中期の造血発生におけるSox17ファミリー蛋白質の役割,2011年04月 - 2014年03月

  • 人工癌幹細胞ニッチの構築による癌幹細胞維持シグナルの解明と新規治療戦略の開発,2010年04月 - 2015年03月

  • マウス胎仔造血器より直接得た未分化細胞の解析と血液発生に対する役割,2008年04月 - 2010年03月

  • マウス胎仔の造血組織より見出した長期造血再建能を持つ造血前駆細胞に関する研究,2006年04月 - 2008年03月

  • マウス胎生中期AGM領域での造血を負に制御する分子を用いた血球分化機構の解明,2004年04月 - 2006年03月

全件表示 >>

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • マウス胎生中期の大動脈血液細胞塊に生じる造血幹細胞の発生・成熟・維持機構の解明

    文部科学省/日本学術振興会 : 2018年 - 2020年

  • 胎生中期の大動脈に接する造血幹細胞を含む血液細胞塊の形成と幹細胞維持機構の解明

    文部科学省/日本学術振興会 : 2014年 - 2016年

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Saito K, Nobuhisa I, Harada K, Takahashi S, Anani M, Lickert H, Kanai-Azuma M, Kanai Y, and Taga T . Maintenance of hematopoietic stem and progenitor cells in fetal intra-aortic hematopoietic clusters by the Sox17-Notch1-Hes1 axis Exp Cell Res. 2018.04; 365 (1): 145-155. ( DOI )

  • Harada K, Nobuhisa I, Anani M, Saito K, Taga T. Thrombopoietin contributes to the formation and the maintenance of hematopoietic progenitor-containing cell clusters in the aorta-gonad-mesonephros region. Cytokine. 2017.07; 95 32-42. ( PubMed, DOI )

  • Kouichi Tabu, Nozomi Muramatsu, Christian Mangani, Mei Wu, Rong Zhang, Taichi Kimura, Kazuo Terashima, Norihisa Bizen, Ryosuke Kimura, Wenqian Wang, Yoshitaka Murota, Yasuhiro Kokubu, Ikuo Nobuhisa, Tetsushi Kagawa, Issay Kitabayashi, Mark Bradley and Tetsuya Taga. A synthetic polymer scaffold reveals the self-maintenance strategies of rat glioma stem cells by organization of the advantageous niche. Stem Cells. 2016.05; 34 1151-1162. ( DOI )

  • Yasuhiro Kokubu, Kouichi Tabu, Wenqian Wang, Nozomi Muramatsu, Yoshitaka Murota, Ikuo Nobuhisa, Masahisa Jinushi, and Tetsuya Taga. Induction of protumoral CD11c[high] macrophages by glioma cancer stem cells through GM-CSF. Genes to Cells. 2016.03; 21 241-251. ( DOI )

  • Anani M, Nobuhisa I, Osawa M, Iwama A, Harada K, Saito K, and Taga T. Sox17 as a candidate regulator of myeloid restricted differentiation potential. Dev Growth Differ. 2014.08; 56 (6): 496-479. ( PubMed, DOI )

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 沖田圭介、信久幾夫、田賀哲也. 幹細胞(体性幹細胞・胚性幹細胞・iPS細胞). バイオマテリアル:その基礎と先端研究への展開. 岡野光夫監修、田畑泰彦・塙隆夫編著 東京化学同人, 2016.02

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • Hagihara H, Shoji H, Kohno T, Hayata A, Tamada K, Hori K, Tatsukawa T, Shibutani M, Wakatsuki S, Hagino Y, Kasahara T, Numakawa T, Ohtabi H, Nobuhisa I, Hoshiba Y, Nakamura H, Katori S, Yamanishi K, Takamiya Y, Tanaka M, Yalcin I, Matsushita M, Hattori M, Hashimoto H, Takumi T, Hoshino M, Tabuchi K, Yamakawa K, Hatada I, Ikeda K, Kato T, Kunugi H, Toyoda A, Taga T, Hayashi-Takagi A, Goshima Y, Iwasato T, Okabe S, Meltzer HY, Miyakawa T. Systematic analysis of brain pH and lactate levels in animal models: relationships and implications for behavioral outcomes. The 21st Annual Meeting of the International Behavioural and Neural Genetics Society 2019.05.10 the University of Edinburgh, Edinburgh, Scotland, UK

  • Nobuhisa I, Saito K, Azuma K, Iizauka N, and Taga T. The contribution of TET1 to the maintenance of the hematopoietic capacity in hematopoietic stem cell-containing clusters in the dorsal aorta in midgestation mouse embryo. The 47th Annual Meeting of The Japanese Society for Immunology 2018.12.10 Fukuoka International Congress Center, Fukuoka, Japan

  • 東 康哉、信久 幾夫、斎藤 清香、飯塚 直樹、田賀 哲也. 成体型造血が出現する胎生期 AGM領域の未分化血液細胞塊におけるエピジェネティック因子 TET1の役割. 第41回日本分子生物学会年会 2018.11.29 パシフィコ横浜、横浜市

  • 齋藤 清香、信久 幾夫、田賀 哲也. マウス胎生中期AGM領域におけるTetファミリー遺伝子の発現解析. 第41回日本分子生物学会年会 2018.11.29 パシフィコ横浜、横浜市

  • 飯塚 直樹、信久 幾夫、齋藤 清香、東 康哉、田賀 哲也. マウス胎生中期の大動脈内腔に存在する造血幹細胞含有細胞塊の未分化状態維持における NF-κ Bシグナルの寄与. 第41回日本分子生物学会年会 2018.11.29 パシフィコ横浜、横浜市

全件表示 >>

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 幹細胞制御学特論、通年

  • 幹細胞制御学演習、通年

  • 幹細胞制御学実験、通年

  • 修士課程「生化学」,2015年 - 現在

  • コース特論「発生・再構築学コース」コース授業,2014年

全件表示 >>

担当授業科目(学外) 【 表示 / 非表示

  • 全学教育(フレッシュマンセミナー)体の社会学—幹細胞研究の基礎 「造血幹細胞」,北海道大学

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 大阪府立茨木高等学校からの訪問高校生の受け入れ ,M&Dタワー24階 幹細胞制御分野培養室,2018年08月07日

  • 本学の高大連携プログラムに基づく筑波大学附属高等学校からの訪問高校生の受け入れ ,M&Dタワー24階 幹細胞制御分野培養室,2018年07月23日

  • 大阪府立茨木高等学校からの訪問高校生の受け入れ,2017年08月03日

  • 本学の高大連携プログラムに基づく私立本郷高等学校からの訪問高校生の受け入れ,2016年08月22日

  • 大阪府立茨木高等学校からの訪問高校生の受け入れ,2016年08月03日

全件表示 >>