基本情報

写真a

北詰 良雄(キタヅメ ヨシオ)

KITAZUME Yoshio


職名

准教授

生年

1975年

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 群馬大学  医学部  医学科  2000年03月  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  医歯学総合研究科  博士課程  2007年03月  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学)  

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2000年05月
    -
    2001年01月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 診療科 放射線診療部門 放射線診断科 医員(医病)
  • 2008年10月
    -
    2015年01月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 診療科 放射線診療部門 放射線診断科 助教
  • 2015年02月
    -
    2017年03月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 診療科 放射線診療部門 放射線診断科 講師
  • 2015年02月
    -
    2017年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 先端医療開発学講座 画像診断・核医学 講師
  • 2017年04月
    -
    2019年04月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 診療科 放射線診療部門 放射線診断科 講師

全件表示 >>

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 2001年02月
    -
    2001年09月
    総合病院大森赤十字病院 放射線科 医員
  • 2001年10月
    -
    2008年09月
    青梅市立総合病院 放射線科 医長
 

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • MR enterocolonographyによるクローン病活動性評価法の最適化

    文部科学省/日本学術振興会 : 2015年 - 2018年

  • MR enterocolonographyによるクローン病活動性評価法の最適化

    文部科学省/日本学術振興会 : 2015年 - 2017年

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Yoshio Kitazume, Tomoyuki Fujioka, Kento Takenaka, Jun Oyama, Kazuo Ohtsuka, Toshimitsu Fujii, Ukihide Tateisi. Crohn Disease: A 5-Point MR Enterocolonography Classification Using Enteroscopic Findings. AJR Am J Roentgenol. 2019.01; 212 (1): 67-76. ( PubMed, DOI )

  • Fujii T., Kitazume Y., Takenaka K., Suzuki K., Motobayashi M., Saito E., Nagahori M., Ohtsuka K., Watanabe M.. Simple five-point classification of MR enterocolonography for Crohn's disease based on enteroscopic findings JOURNAL OF CROHNS & COLITIS. 2019.03; 13 S138.

  • Nakagama S, Yonetsu T, Shiohira S, Matsuda Y, Sasaoka T, Hatano Y, Yagishita A, Umemoto T, Maeda S, Yamamoto T, Yoneyama T, Kitazume Y, Takahashi Y, Maejima Y, Kawabata M, Goya M, Ashikaga T, Arai H, Hirao K. Exertional syncope caused by myocardial ischemia due to arterial steal syndrome in left internal mammary artery graft. Coronary artery disease. 2019.03; ( PubMed, DOI )

  • 北詰 良雄, 竹中 健人, 大塚 和朗, 土屋 純一, 立石 宇貴秀. 3T MRIを用いた、クローン病に対するMR enterography 撮像と読影の要点 映像情報Medical. 2018.12; 50 (14): 93-98. ( 医中誌 )

  • Mitsuhiro Kishino, Shuichiro Nakaminato, Yoshio Kitazume, Naoyuki Miyasaka, Toshifumi Kudo, Yukihisa Saida, Ukihide Tateishi. Balloon-Occluded Carbon Dioxide Gas Angiography for Internal Iliac Arteriography and Intervention. Cardiovasc Intervent Radiol. 2018.07; 41 (7): 1106-1111. ( PubMed, DOI )

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 北詰 良雄. クローン病 MR enterography (MRE) アトラス. 2017.02 MRIの基本, MREの変遷, MREの前処置

  • 北詰 良雄. 炎症性腸疾患Imaging Atlas-診断の極意と鑑別のポイント. 日本メディカルセンター, 2016.05 第一章 炎症生腸疾患 画像診断の解説 4. MR (ISBN : 978-4888752886)

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • Yoshio Kitazume, Kento Takenaka, Kazuo Ohtsuka, Ukihide Tateishi. Comparison of cine MR imaging quantification of bowel motility with endoscopic findings in Crohn’s disease. European Congress of Radiology 2019 2019.02.27 Vienna, Austria

  • 北詰 良雄. クローン病. 日本医学放射線学会 関東地方会セミナー 2019.02.09 東京

  • 北詰 良雄. クローン病におけるMR enterography: 撮像と読影の基本. 第94回多摩画像研究会 2019.02.06 東京

  • 北詰 良雄. MR enterocolonographyにおける日立3T MRI ”TRILLIUM OVAL”の有用性. Hi Advanced MR セミナー in Japan 2019.01.12 東京

  • 北詰 良雄, 竹中 健人, 大塚 和朗, 立石 宇貴秀. Cine MRI を用いた、クローン病における腸管のmotility mapping に対する定量評価の有用性. 第46回日本磁気共鳴医学会大会 2018.09.07 金沢

全件表示 >>

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • Cypos Gold Medal,日本医学放射線学会,2013年04月

その他業績 【 表示 / 非表示

  • MR enterocolonographyによるクローン病の腸管狭窄病変に対する画像診断法の開発. (北詰良雄),2016年02月

    平成28年度 土田直樹研究助成金

  • MR enterocolonographyによるクローン病活動性評価法の最適化(北詰良雄),2015年04月

    科研費・若手研究(B)

  • MR enterocolonographyによる先進的な非侵襲的クローン病疾患活動性評価システムの開発. 寄付金番号 2297,2013年12月

    平成25年度 土田直樹研究助成金