基本情報

写真a

後藤 利保(ゴトウ トシヤス)

GOTO Toshiyasu


職名

准教授

研究室住所

〒153−8501 東京都文京区湯島1−5−45

研究室電話番号

03-5803-4903

研究室FAX番号

03-5803-4903

メールアドレス

toshiyasu_goto@hotmail.com

研究分野・キーワード

原腸陥入

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 関西学院大学  理学部  化学科  1995年  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 京都大学  理学研究科  生物科学  博士課程  2000年  修了

  • 関西学院大学  理学研究科  化学  修士課程  1997年  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(理学)  京都大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2008年11月
    -
    2009年09月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 生命理工学系専攻 生命理工学講座 分子細胞生物学 特任講師
  • 2009年10月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 難治疾患研究所 先端分子医学研究部門 分子細胞生物学 准教授

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 2000.04-2003.04 米国バージニア大学生物学部 Keller研究室 リサーチアソシエート
  • 2003.04-2004.03 科学技術新興機構戦略的創造研究推進事業 SORST 研究員
  • (東京大学大学院 総合文化研究科 浅島研究室)
  • 2004.04-2008.10 科学技術新興機構戦略的国際研究共同事業 ICORP 研究員
  • (東京大学大学院 総合文化研究科 浅島研究室)

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本動物学会、日本発生生物学会、日本分子生物学会、日本ツメガエル研究集会

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 医学系研究科運営委員
  • Committee of the Graduate School of Medicine

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 発生生物学

資格、免許 【 表示 / 非表示

  • 放射線取扱主任者(第1~2種)

  • 危険物取扱者(甲種)

  • エックス線作業主任者

  • ガンマ線透過写真撮影作業主任者

  • 衛生管理者(第1種)

全件表示 >>

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • アフリカツメガエルの初期形態形成機構の解明,2009年 - 現在

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • Wntシグナル伝達におけるWDR26を介したβカテニンの分解機構の解析

    文部科学省/日本学術振興会 : 2015年 - 2017年

  • Wntシグナル伝達におけるIQGAP1を介したβカテニンの核内移行機構の解析

    文部科学省/日本学術振興会 : 2012年 - 2014年

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Espiritu EB, Crunk AE, Bais A, Hochbaum D, Cervino AS, Phua YL, Butterworth MB, Goto T, Ho J, Hukriede NA, Cirio MC. The Lhx1-Ldb1 complex interacts with Furry to regulate microRNA expression during pronephric kidney development. Scientific reports. 2018.10; 8 (1): 16029. ( PubMed, DOI )

  • Goto T, Ito Y, Michiue T.. Roles of Xenopus chemokine ligand CXCLh (XCXCLh) in early embryogenesis. Dev Growth Differ. . 2018.04; 60 226-238.

  • Michiue T, Yamamoto T, Yasuoka Y, Goto T, Ikeda T, Nagura K, Nakayama T, Taira M, Kinoshita T.. High variability of expression profiles of homeologous genes for Wnt, Hh, Notch, and Hippo signaling pathways in Xenopus laevis. Dev Biol.. 2017.06; 426 (2): 270-290. ( PubMed, DOI )

  • Goto T, Matsuzawa J, Iemura S, Natsume T, Shibuya H.. WDR26 is a new partner of Axin1 in the canonical Wnt signaling pathway. FEBS Lett.. 2016.05; 590 (9): 1291-1303. ( PubMed, DOI )

  • Kii I, Sumida Y, Goto T, Sonamoto R, Okuno Y, Yoshida S, Kato-Sumida T, Koike Y, Abe M, Nonaka Y, Ikura T, Ito N, Shibuya H, Hosoya T, Hagiwara M.. Selective inhibition of the kinase DYRK1A by targeting its folding process. Nat Commun.. 2016.04; ( PubMed, DOI )

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 「キーワードで理解する 発生・再生イラストマップ」 第1章 発生・再生の基本 - 3 器官形成の基本. 羊土社, 2005

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • ◯後藤利保、佐藤淳、足立俊吾、家村俊一郎、夏目徹、澁谷浩司. beta-cateninの分解におけるWDR26の機能解析. 第11回日本ツメガエル研究集会 2017.09.07 えびの市

  • ○後藤利保、松澤純平、家村俊一郎、夏目徹、澁谷浩司. WDR26によるß-cateninの分解機構の解析. 第11回日本ツメガエル研究集会首都圏支部会 2017.03.04

  • ○後藤利保、松澤純平、家村俊一郎、夏目徹、澁谷浩司. WDR26 shows novel ubiquitination sites in beta-catenin degradation.. 日本分子生物学会第39回大会 2016.11.30 横浜

  • ○後藤利保、松澤純平、家村俊一郎、夏目徹、澁谷浩司. WDR26 is a new partner of Axin1 in canonical Wnt signaling pathway.. 日本分子生物学会第38回大会 2015.12.01 神戸

  • 〇道上達男、後藤利保、木下勉、山元孝佳、平良眞規、中山卓哉. Xenopus laevis全ゲノム解析:異質四倍体の細胞内シグナル経路関連遺伝子におけるホメオログの保存性と機能分担. 日本分子生物学会第38回大会 2015.12.01 神戸

全件表示 >>

特許 【 表示 / 非表示

  • mature低分子量RNAの作製法

    特許番号: 特願2006-27777, 特開2007-202521

  • 複数の核酸を連結した核酸構築物の作製方法および該方法を利用した核酸のクローニング

    特許番号: 特開2006-296350, 特開2006-296350

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 2011年

    難治疾患研究所 市民公開講座「最先端生命科学講座シリーズ 第2回」「生物の形作り: カエルの形態学と疾患研究の関わり」

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • Developmental and Regenerative Bioscience,2017年

  • 生命情報科学特論,2016年

  • Philosophy of Medicine and Dentistry,2016年

  • Developmental and Regenerative Bioscience,2015年

  • Philosophy of Medicine and Dentistry,2014年

全件表示 >>

担当授業科目(学外) 【 表示 / 非表示

  • 分子生物学特講1,千葉大学大学院理学研究科

  • 分子生物学特講A,千葉大学理学部

  • 分子生物学特講B,千葉大学理学部

  • 分子生物学特講II,千葉大学大学院融合科学研究科