基本情報

写真a

佐藤 淳(サトウ アツシ)

SATO Atsushi


職名

助教

研究分野・キーワード

WNK、Wnt、シグナル伝達

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 理学博士  東京大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2010年09月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 難治疾患研究所 先端分子医学研究部門 分子細胞生物学 助教
  • 2007年02月
    -
    2010年08月
    東京医科歯科大学 難治疾患研究所 メディカルトップトラックプログラム 特任助教
  • 2010年09月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 生命理工学系専攻 生命理工学講座 分子細胞生物学 助教

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 2001年05月
    -
    2006年05月
    コロンビア大学 医学部 リサーチ・アシスタント
  • 2006年05月
    -
    2007年01月
    コロンビア大学 医学部 非常勤講師
  • 2018年04月
    -
    2018年09月
    立教大学 理学部 非常勤講師

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本分子生物学会

  • 日本ショウジョウバエ研究会

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 発生生物学

  • 分子生物学

  • 病態医化学

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • WNKシグナルの解析

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • PHA2、HSAN2Aの原因遺伝子であるWNKの神経系における機能解析

    文部科学省/日本学術振興会 : 2014年 - 2016年

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Sato, A and Shibuya, H. Glycogen synthase kinase 3ß functions as a positive effector in the WNK signaling pathway. PLoS One. 2018.03; 13 e0193204. ( DOI )

  • 佐藤 淳, 澁谷 浩司. GSK3βはWNKシグナル伝達経路の正の制御因子として機能する 生命科学系学会合同年次大会. 2017.12; 2017年度 [2P-0441]. ( 医中誌 )

  • Shimizu Nobuyuki, Ishitani Shizuka, Sato Atsushi, Shibuya Hiroshi, Ishitani Tohru. Hipk2 and PP1c cooperate to maintain Dvl protein levels required for Wnt signal transduction. Cell Rep. 2014.09; 8 (5): 1391-1404. ( PubMed, DOI )

  • Goto Toshiyasu, Sato Atsushi, Adachi Shungo, Iemura Shun-ichiro, Natsume Tohru, Shibuya Hiroshi. IQGAP1 protein regulates nuclear localization of beta-catenin via importin-beta5 protein in Wnt signaling. J Biol Chem. 2013.12; 288 (51): 36351-36360. ( PubMed, DOI )

  • Shimizu Masahiro, Goto Toshiyasu, Sato Atsushi, Shibuya Hiroshi. WNK4 is an essential effector of anterior formation in FGF signaling. Genes Cells. 2013.06; 18 (6): 442-449. ( PubMed, DOI )

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • Atsushi Sato, Hiroshi Shibuya. GSK3ß functions as a positive effector in WNK signaling pathway. The 13rd Japanese Drosophila Research Conference 2018.09.10

  • 佐藤 淳、澁谷 浩司. GSK3ßはWNKシグナル伝達経路の正の制御因子として機能する. 2017年度生命科学系合同年次大会 2017.12.07

  • Atsushi Sato, Hiroshi Shibuya. WNK signaling is involved in neural development via Lhx8/Awh. The 11th Japanese Drosophila Research Conference 2014.06.04

  • 佐藤 淳、澁谷 浩司. AwhはWNKシグナル伝達経路の新規下流因子として機能する. 第35回日本分子生物学会年会 2012.12.11

  • Atsushi Sato, Hiroshi Shibuya. A new downstream molecule, Awh is involved in the WNK signaling.. Japanese Drosophila Research Conference 10 2012.10.13

全件表示 >>

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 生命情報科学特論,2016年 - 現在

  • Developmental and Regenerative Bioscience,2015年 - 現在

  • 生命科学特論II,2012年 - 2015年

  • 分子生物学,2011年 - 現在

  • 分子細胞生物学研究実習,2010年 - 現在

全件表示 >>

担当授業科目(学外) 【 表示 / 非表示

  • 分子生物学,立教大学

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学難治疾患研究所市民公開講座 第6回,文京区,2013年06月21日