基本情報

写真a

田賀 哲也(タガ テツヤ)

TAGA Tetsuya


職名

教授

研究室住所

113-8510 東京都文京区湯島1-5-45

研究室電話番号

03-5803-5814

研究室FAX番号

03-5803-5814

メールアドレス

メールによる問い合わせは《こちら》から

ホームページ

http://www.tmd.ac.jp/mri/scr/index.html

研究分野・キーワード

幹細胞生物学、神経幹細胞、造血幹細胞、癌幹細胞

プロフィール

幹細胞は、生体内各組織の形成・維持・再生に重要な役割を果たしています。幹細胞制御分野(教授:田賀哲也)では、正常組織幹細胞について主に神経幹細胞や造血幹細胞を対象として、幹細胞制御の分子基盤を明らかにすることを目的とした研究を実施しています。また、疾患における幹細胞に関して癌幹細胞の特性解明にも取り組み、癌幹細胞を標的とした治療戦略を開発するための手掛かりを得る研究も行っています。総合的に得られた知見が、神経幹細胞・造血幹細胞のみならず広く生体内の、正常幹細胞や、癌幹細胞を制御する機構の普遍的理解ならびに医療応用へつながることを期待して研究を推進しています。

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 京都大学  理学部  生物系:植物生理学  1982年  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 大阪大学  医学研究科  病理系:免疫学  博士課程  1988年  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 医学博士  大阪大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2008年12月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 難治疾患研究所 先端分子医学研究部門 幹細胞制御 教授
  • 2008年12月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 器官システム制御学講座 幹細胞制御 教授
  • 2013年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 役職員 副学長

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 1987年04月
    -
    1989年03月
    日本学術振興会 大阪大学 細胞工学センター 特別研究員
  • 1989年04月
    -
    1989年10月
    大阪大学 細胞工学センター 協力研究員
  • 1989年11月
    -
    1996年06月
    大阪大学 細胞工学センター 助手
  • 1996年07月
    -
    1996年08月
    大阪大学 細胞生体工学センター 助教授
  • 1996年09月
    -
    2000年08月
    東京医科歯科大学 難治疾患研究所 教授

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本炎症・再生医学会

  • 日本再生医療学会

  • 日本免疫学会

  • 日本癌学会

  • 日本分子生物学会

全件表示 >>

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2002年07月
    -
    2019年03月
    日本炎症・再生医学会 評議員
  • 2013年04月
    -
    2019年03月
    日本炎症・再生医学会 常務理事
  • 2001年05月
    -
    2018年10月
    日本再生医療学会 代議員
  • 1995年01月
    -
    2018年12月
    日本免疫学会 評議員
  • 2001年10月
    -
    2006年03月
    熊本大学発生医学研究センター長

全件表示 >>

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 幹細胞生物学

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • Molecular Regulation of Stem Cells

  • 幹細胞制御の分子基盤

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 生物機能性ポリマーアレイによる癌幹細胞ニッチの分子要素同定とシグナル経路の解明

    文部科学省/日本学術振興会 : 2018年 - 2020年

  • 合成ポリマーアレイを用いた神経幹細胞自己複製ニッチの分子基盤確立

    文部科学省/日本学術振興会 : 2015年 - 2017年

  • 癌幹細胞ニッチの分子基盤解明

    文部科学省/日本学術振興会 : 2015年 - 2017年

  • 合成ポリマーアレイを用いた神経幹細胞自己複製ニッチの分子基盤確立

    文部科学省/日本学術振興会 : 2015年 - 2016年

  • 中枢神経系の発生と発達における細胞内エピゲノム要因と細胞外微小環境要因の解明

    文部科学省/日本学術振興会 : 2012年 - 2014年

全件表示 >>

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Saito K, Nobuhisa I, Harada K, Takahashi S, Anani M, Lickert H, Kanai-Azuma M, Kanai Y, and Taga T . Maintenance of hematopoietic stem and progenitor cells in fetal intra-aortic hematopoietic clusters by the Sox17-Notch1-Hes1 axis Exp Cell Res. 2018.04; 365 (1): 145-155. ( DOI )

  • Ito K, Noguchi A, Uosaki Y, Taga T, Arakawa H, Takizawa.. Gfap and Osmr regulation by BRG1 and STAT3 via interchromosomal gene clustering in astrocytes. Mol Biol Cell. 2018.01; 29 209-219. ( DOI )

  • Harada K, Nobuhisa I, Anani M, Saito K, Taga T. Thrombopoietin contributes to the formation and the maintenance of hematopoietic progenitor-containing cell clusters in the aorta-gonad-mesonephros region. Cytokine. 2017.07; 95 32-42. ( DOI )

  • 椨康一、田賀哲也. がん幹細胞によるがん進展メカニズム 次世代がん治療. 2017.06; 51-57.

  • Wang W, Tabu K, Hagiya Y, Sugiyama Y, Kokubu Y, Murota Y, Ogura SI, and Taga T. Enhancement of 5-aminolevulinic acid-based fluorescence detection of side population-defined glioma stem cells by iron chelation. Sci Rep. 2017.02; 7 42070. ( PubMed, DOI )

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 沖田圭介、信久幾夫、田賀哲也. 幹細胞(体性幹細胞・胚性幹細胞・iPS細胞). バイオマテリアル:その基礎と先端研究への展開. 岡野光夫監修、田畑泰彦・塙隆夫編著 東京化学同人, 2016.02

  • 田賀哲也. カンデル神経科学. 神経細胞の分化と生存. 金澤一郎、宮下保司 監修、メディカル・サイエンス・インターナショナル, 2014.04

  • 鹿川哲史、備前典久、清水健史、田賀哲也. GSK3βシグナル経路による神経前駆細胞の自己複製制御. 生化学、日本生化学会, 2014.02

  • 鹿川哲史、田賀哲也. ニューロンとグリアの分化. 脳神経科学イラストレイテッド 改訂第3版(真鍋俊也、森寿、渡辺雅彦、岡野栄之、宮川剛編集).羊土社, 2013.03

  • 備前典久、田賀哲也. LIF (Leukemia Inhibitory Factor). 臨床免疫・アレルギー科(特集:サイトカインのすべて)、科学評論社, 2012.12

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • Taga T and Tabu K. Development of Treatment Strategies Targeting Cancer Stem Cells. The 3rd Meeting of International Society of Precision Cancer Medicine 2019.03.14 Seoul, Korea

  • Nobuhisa I, Saito K, Azuma K, Iizauka N, and Taga T. The contribution of TET1 to the maintenance of the hematopoietic capacity in hematopoietic stem cell-containing clusters in the dorsal aorta in midgestation mouse embryo. The 47th Annual Meeting of The Japanese Society for Immunology 2018.12.10 Fukuoka International Congress Center, Fukuoka, Japan

  • 飯塚 直樹、信久 幾夫、齋藤 清香、東 康哉、田賀 哲也. マウス胎生中期の大動脈内腔に存在する造血幹細胞含有細胞塊の未分化状態維持における NF-κ Bシグナルの寄与. 第41回日本分子生物学会年会 2018.11.29 パシフィコ横浜、横浜市

  • 齋藤 清香、信久 幾夫、田賀 哲也. マウス胎生中期AGM領域におけるTetファミリー遺伝子の発現解析. 第41回日本分子生物学会年会 2018.11.29 パシフィコ横浜、横浜市

  • 東 康哉、信久 幾夫、斎藤 清香、飯塚 直樹、田賀 哲也. 成体型造血が出現する胎生期 AGM領域の未分化血液細胞塊におけるエピジェネティック因子 TET1の役割. 第41回日本分子生物学会年会 2018.11.29 パシフィコ横浜、横浜市

全件表示 >>

特許 【 表示 / 非表示

  • 胚性幹細胞の培養液

    特許番号: 平07−051060

  • 神経細胞伸長剤

    特許番号: 平09−087198

  • 新規神経分化因子

    特許番号: WO00/012712

  • 新規神経系細胞分化促進剤

    特許番号: 2000−248000

  • 初期造血に関わるYS68遺伝子

    特許番号: WO01/027270

全件表示 >>

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • ISI高インパクト論文被引用賞,2000年

  • 日本免疫学会賞,1999年

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 「癌再発に深く関わる癌幹細胞が診断薬5-ALAによる検出を免れる特性を発見」― 癌の再発リスクを抑える診断・治療法の開発に期待 ―,2017年02月

    Scientific Reports

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 幹細胞制御学特論, 通年

  • 幹細胞制御学演習, 通年

  • 幹細胞制御学実験, 通年

  • 大学院医歯学総合研究科初期研究研修プログラム

  • 発生・再生科学

全件表示 >>

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 趣味に関する記事,日刊工業新聞社,日刊工業新聞,2018年08月27日

  • 大阪府立茨木高等学校からの訪問高校生の受け入れ ,M&Dタワー24階 幹細胞制御分野培養室,2018年08月07日

  • 本学の高大連携プログラムに基づく筑波大学附属高等学校からの訪問高校生の受け入れ ,M&Dタワー24階 幹細胞制御分野培養室,2018年07月23日

  • 大阪府立茨木高等学校からの訪問高校生の受け入れ,2017年08月03日

  • 本学の高大連携プログラムに基づく私立本郷高等学校からの訪問高校生の受け入れ,2016年08月22日

全件表示 >>