基本情報

写真a

中田 隆夫(ナカタ タカオ)

NAKATA Takao


職名

教授

研究室住所

東京都文京区湯島1-5-45 M&Dタワー18階南西

研究室電話番号

03-5803-5140

メールアドレス

メールによる問い合わせは《こちら》から

ホームページ

http://www.tmd.ac.jp/cbio/

研究分野・キーワード

光遺伝学、光スイッチ、シグナル伝達、神経細胞

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京大学  医学研究科  第一基礎医学専攻  博士課程  1989年05月  中退

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学)  東京大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2008年07月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 生体支持組織学講座 細胞生物学 教授
  • 2018年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 生体支持組織学講座 細胞生物学 教授

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 1987年06月
    -
    1988年03月
    東京大学 医学部附属病院(神経内科) 医員(医病)
  • 1989年05月
    -
    1993年08月
    東京大学 医学部解剖学教室 助手
  • 1993年08月
    -
    1995年06月
    東京大学 医学部解剖学教室 講師
  • 1993年08月
    -
    1995年06月
    東京大学 理学部・教育学部 非常勤講師
  • 1995年07月
    -
    2008年06月
    東京大学 医学部解剖学教室 助教授

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本細胞生物学会

  • 日本解剖学会

  • 日本神経科学会

  • アメリカ細胞生物学会

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 1993年
    -
    1998年
    Cell Structure and Function Assistant Editor
  • 1999年
     
     
    日本神経科学会 情報化推進委員
  • 2000年
    -
    2004年
    日本学術振興会 学術参与
  • 2011年06月
     
     
    日本医学会 第28回日本医学会総会 展示委員
  • 2013年
    -
    2017年03月
    順天堂大学 基礎研究医養成プログラム 外部評価委員

全件表示 >>

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 解剖学一般(含組織学・発生学)

  • 細胞生物学

  • 分子生物学

  • 神経生理学・神経科学一般

資格、免許 【 表示 / 非表示

  • 医師

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 光制御分子を用いた神経細胞極性形成の in vivo biochemistry,2012年12月 - 2014年09月

  • PI3Kカスケードの光制御による神経細胞極性メカニズムの研究,2009年10月 - 2011年03月

  • 神経細胞軸索伸長の時間空間的制御の解明,2009年07月 - 2010年05月

  • 神経細胞極性形成に関わるシグナル伝達の時間空間的操作,2009年04月 - 2010年03月

  • 光による細胞の遠隔操作-軸索伸長シグナル伝達の時間空間的制御の解析,2009年01月 - 2011年12月

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 「光」で骨を造る:革新的な骨再生療法の創出

    文部科学省/日本学術振興会 : 2019年 - 2021年

  • 近赤外光に応答する光遺伝学ツールの開発

    文部科学省/日本学術振興会 : 2018年 - 2020年

  • RAC1光スイッチによるアクチン重合・分岐の急速凍結クライオ電子線トモグラフィー

    文部科学省/日本学術振興会 : 2018年 - 2019年

  • マウスにおける機能的嗅覚神経ネットワークの同定

    文部科学省/日本学術振興会 : 2015年 - 2017年

  • 多機能分子の細胞内活性の統合と制御ーPI3Kの光操作を用いた研究

    文部科学省/日本学術振興会 : 2013年 - 2015年

全件表示 >>

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Moe Sato, Toshifumi Asano, Jun Hosomichi, Takashi Ono, Takao Nakata. Optogenetic manipulation of intracellular calcium by BACCS promotes differentiation of MC3T3-E1 cells. Biochem. Biophys. Res. Commun.. 2018.10; ( PubMed, DOI )

  • 石井 智浩, 中田 隆夫. 光スイッチによる細胞内Ca2+シグナル制御 実験医学. 2016.03; 34 (4): 601-606.

  • Tomohiro Ishii, Koji Sato, Toshiyuki Kakumoto, Shigenori Miura, Kazushige Touhara, Shoji Takeuchi, Takao Nakata. Light generation of intracellular Ca(2+) signals by a genetically encoded protein BACCS. Nat Commun. 2015; 6 8021. ( PubMed, DOI )

  • Toshiyuki Kakumoto, Takao Nakata. Optogenetic control of PIP3: PIP3 is sufficient to induce the actin-based active part of growth cones and is regulated via endocytosis. PLoS ONE. 2013; 8 (8): e70861. ( PubMed, DOI )

  • Takao Nakata, Shinsuke Niwa, Yasushi Okada, Franck Perez, Nobutaka Hirokawa. Preferential binding of a kinesin-1 motor to GTP-tubulin-rich microtubules underlies polarized vesicle transport. J. Cell Biol.. 2011.07; 194 (2): 245-255. ( PubMed, DOI )

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 稲葉弘哲, 中田隆夫. 光遺伝学を使ったRhoAによる細胞内カルシウムシグナル制御の解析. 第19回日本蛋白質科学会年会・第71回日本細胞生物学会大会 合同年次大会 2019.06.25

  • Takao Nakata. Optogenetic study of cell polarity - a simple assay. The 9th Federation of Asian and Oceanian Physiological Societies Congress (FAOPS2019) 2019.03.31 Kobe Convention Center

  • 佐藤 萌,浅野 豪文,細道 純,小野 卓史,中田 隆夫. 光遺伝学ツールBACCSを用いた骨芽細胞分化メカニズムの制御. 第124 回日本解剖学会総会・全国学術集会 2019.03.29 朱鷺メッセ 新潟コンベンションセンター

  • 宮本孝則, 浅野 豪文, 中田 隆夫. 細胞活動依存的な神経筋接合部形成の検討. 第124 回日本解剖学会総会・全国学術集会 2019.03.27 朱鷺メッセ 新潟コンベンションセンター

  • 佐藤萌, 浅野豪文, 細道純, 石田雄之, 臼見莉沙, 清水康広, 金香佐和, 中田隆夫, 小野卓史. 光遺伝学を用いた骨芽細胞分化メカニズムの解明と制御. 第77回日本矯正歯科学会大会 2018.11.01 横浜市

全件表示 >>

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 組織学・組織学実習,2008年 - 現在

  • 細胞生物学,2013年 - 現在