基本情報

写真a

工藤 篤(クドウ アツシ)

KUDO Atsushi


職名

准教授

研究室住所

東京都文京区湯島1-5-45

研究室電話番号

03-5803-4569

研究室FAX番号

メールアドレス

kudomsrg@tmd.ac.jp

ホームページ

http://www.jshbps.jp/public/senmon/senmon2012.html

研究分野・キーワード

脂肪肝, 肝移植, 肝切除, ビリルビン, 黄疸, 肝不全, 膵内分泌腫瘍、カルチノイド

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  医学部  医学科  1994年  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  医学研究科  肝胆膵・総合外科学分野  博士課程  2004年  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 医学博士  東京医科歯科大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2010年04月
    -
    2015年05月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 先端医療開発学講座 肝胆膵・総合外科学 学部内講師
  • 2012年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 中央診療施設等 臨床試験管理センター 委員
  • 2013年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 中央診療施設等 医療情報部 「次世代病院情報管理システム」ワーキンググループ 委員
  • 2014年10月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 救命救急センター 小委員会 委員
  • 2011年04月
    -
    2015年03月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 診療科 外科系診療部門 肝胆膵外科 医局長

全件表示 >>

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 2012年
    -
    現在
    高度技能専門医 (日本肝胆膵外科学会認定)
  • 2005年
    -
    現在
    慶應義塾大学 医学部 非常勤講師

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本肝胆膵外科学会

  • 日本外科学会

  • 日本消化器外科学会

  • 日本肝臓学会

  • 日本臨床外科学会

全件表示 >>

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 日本肝胆膵外科学会 高度技能専門医、評議員
  • 2016年10月
    -
    現在
    日本肝胆膵外科学会 広報委員
  • 2013年04月
    -
    現在
    日本神経内分泌腫瘍研究会(JNETS)  「肝転移の治療」 委員
  • 2015年09月
    -
    現在
    日本神経内分泌腫瘍研究会(JNETS) NET登録 委員
  • 2015年09月
    -
    現在
    日本神経内分泌腫瘍研究会(JNETS) 膵・神経内分泌腫瘍診療ガイドライン 委員

全件表示 >>

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 消化器外科学

資格、免許 【 表示 / 非表示

  • 医師

  • 医師

  • 医師

  • 医師

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 肝細胞癌の術式選択,2012年

  • 神経内分泌腫瘍の肝転移,2013年

  • Organic anion transporter and fatty liver, cold preserved liver, and reperfusion injury

  • 肝臓疾患(脂肪肝、冷保存虚血肝)の生体内異物解毒機構の解明、肝移植グラフトの保護、保存液の研究

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 肝胆膵領域難治癌に対する新規分子標的治療の開発

    文部科学省/日本学術振興会 : 2015年 - 2018年

  • 膵神経内分泌腫瘍の潜在的悪性度診断のための網羅的情報解析

    文部科学省/日本学術振興会 : 2015年 - 2017年

  • 肝類洞血流調節因子と肝細胞機能の多次元計算解析~病理、生理、生化、情報遺伝学~

    文部科学省/日本学術振興会 : 2015年 - 2016年

  • マクロベジクラー脂肪肝グラフトの脆弱性の原因究明とその対応策

    文部科学省/日本学術振興会 : 2012年 - 2014年

  • 悪性膵神経内分泌腫瘍の非侵襲的診断と治療標的の探索

    文部科学省/日本学術振興会

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Yoshihito Kano, Sei Kakinuma, Fumio Goto, Seishin Azuma, Yuki Nishimura-Sakurai, Yasuhiro Itsui , Mina Nakagawa, Atsushi Kudo, Minoru Tanabe, Susumu Kirimura, Tomonori Amano, Takashi Ito , Takumi Akashi, Yasuhiro Asahina, Mamoru Watanabe. Primary Hepatic Neuroendocrine Carcinoma with a Cholangiocellular Carcinoma Component in One Nodule. Clinical Journal of Gastroenterology. 2014.10; 7 449-454.

  • Katsuta E, Tanaka S, Mogushi K, Matsumura S, Ban D, Ochiai T, Irie T, Kudo A, Nakamura N, Tanaka H, Tanabe M, Arii S.. Age-related clinicopathological and molecular features of patients received curative hepatectomy for hepatocellular carcinoma. American Journal of Surgery. 2014; 208 (3): 450-456.

  • Bo Liu, Atsushi Kudo, Yuko Kinowaki, Toshiro Ogura, Kosuke Ogawa, Hiroaki Ono, Yusuke Mitsunori, Daisuke Ban, Shinji Tanaka, Takumi Akashi, Minoru Tanabe. A simple and practical index predicting the prognoses of the patients with well-differentiated pancreatic neuroendocrine neoplasms The Japanese Society of Gastroenterology. 2019.09; 54 (9): 819-828.

  • 小倉俊郎、小川康介、小野宏晃、伴 大輔、工藤 篤、田邉 稔. RPSによる肝切除術 臨床外科. 2019.09; 74 1107-1113.

  • 工藤 篤、赤星径一、八木宏平、石井 武、前川 彩、村瀬芳樹、赤須雅文、加藤智敬、菅原俊喬、渡辺秀一、小倉俊郎、小川康介、小野宏晃、伴 大輔、田中真二、田邉 稔. 膵・消化管神経内分泌腫瘍の集学的治療 臨床外科. 2019.09; 74 1092-1096.

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 日本肝胆膵外科学会高度技能専門医制度委員会. 肝胆膵高難度外科手術第2版. 医学書院, 2016 Treiz靭帯

  • 特集/肝胆膵疾患の「予後」の変遷 II 膵疾患 6.膵内分泌腫瘍の予後. アークメディア 66 (3) 523-532, 2013

  • 消化器外科2012年4月臨時増刊号の特集:術前・術後管理必携 テーマ(8)「術後肝障害」. へるす出版, 2012.04

  • 達人が教える肝胆膵高度技能専門医手術−コツとピットフォール 肝区域切除—Glisson一括法. 雑誌「手術」 金原出版, 2012

  • 特集/膵神経内分泌腫瘍-Update 2011 5.治療 3)肝転移に対する治療. 「肝胆膵」63巻2号 アークメディア, 2011

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 森 祥子、松下宗平、秋元福太郎、作田敏明、三好泰斗、足立由布子、加計 剛、柴 久美子、辻本和峰、小宮 力、池田賢司、泉山 肇、工藤 篤、山田哲也. 腫瘍随伴体液性高Ca血症(HHM)を呈した悪性膵神経内分泌腫瘍の2例. 日本内分泌学会 第29回臨床内分泌代謝Update 2019.11.29 高知

  • 工藤 篤. NETG3の集学的治療を再考し展望する. 第7回日本神経内分泌腫瘍研究会学術集会 2019.09.21 東京

  • 工藤 篤. NETG3とNECの診断について考える. 第7回日本神経内分泌腫瘍研究会学術集会 2019.09.21 東京

  • 工藤 篤. NETの集学的治療における根治手術の考え方. 神経内分泌腫瘍を考える会 2019.08.06 東京

  • 池田貞勝、高橋健太、高嶺恵理子、横堀潤子、熊木裕一、坂下博之、大島乃里子、伴 大輔、工藤 篤、石川敏明、大西威一郎、玄 泰行、宮 冬樹、谷本幸介、角田達彦、稲澤譲治、三宅 智 . Comparison of variant detection power between small and medium size panel in clinical sequencing for Japanese patients. 第17回日本臨床腫瘍学会学術集会 2019.07.19 京都

全件表示 >>

特許 【 表示 / 非表示

  • Atsushi Kudo, Shigeki Arii, Kenjiro Wake, Isao Sakano ORGAN FUNCTION MAINTAINING AND AMELIORATING SOLUTION

    特許番号: PCT/JP2006/304269

  • 小杉幸夫, 竹前 忠, 工藤 篤, 志村 孚城. 生体インピーダンス測定装置.

    特許番号: 特開2012-205604

  • 工藤篤、有井滋樹 非アルコール性脂肪肝の治療薬のスクリーニング方法 

    特許番号: 特開2006-349457

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 巌 康仁 基礎科学旅行助成賞 「欧州消化器病週間2016」,2016年10月

  • 工藤篤、東京医科歯科大学医学研究奨励賞,東京医科歯科大学,2015年01月

  • 工藤篤、最優秀研究賞,日本肝臓学会 AJINOMOTO AWARD,2014年10月

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 2019年07月

    工藤 篤、ワークショップ司会、膵切除後の長期合併症、第74回日本消化器外科学会総会、20190719、東京

  • 2019年06月

    工藤 篤、司会、Pancreas 54、第31回日本肝胆膵外科学会・学術集会、20190615、高松

  • 2019年03月

    工藤 篤、座長、Lecture講演、神経内分泌腫瘍を考える会、20190319、東京

  • 2018年12月

    工藤 篤、座長、セッション2 星細胞、第32回肝類洞壁細胞研究会学術集会、20181201、東京

  • 2018年11月

    工藤 篤、座長、GIST+NET6、第80回日本臨床外科学会総会、20181124、東京

全件表示 >>

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 医学部外科学系統講義

  • 医学部消化器ブロックー肝胆膵の生理学ー

  • 修士講義「脂肪肝」

  • 歯学部外科系統講義

  • 保健衛生学科系統講義「肝胆膵」

全件表示 >>

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • はつらつ健康ライフ「膵神経内分泌腫瘍」,北國新聞社,北國新聞,夕刊,2018年10月03日

  • 膵内分泌腫瘍の予後決定因子の決定と臨床応用,日経メディカル開発/日経BP社,日経バイオテクオンライン,2018年09月04日

  • 膵神経内分泌腫瘍,株式会社メディカルトリビューン,メディカルトリビューン 時事通信社(地方紙など),2018年07月20日