基本情報

写真a

玉村 啓和(タマムラ ヒロカズ)

TAMAMURA Hirokazu


職名

教授

生年

1964年

研究室住所

〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台2-3-10

研究室電話番号

03-5280-8036

研究室FAX番号

03-5280-8039

ホームページ

http://tamamura-tmd.sakura.ne.jp/

研究分野・キーワード

創薬化学,ケミカルバイオロジー,有機化学,生物化学,エイズ,がん,癌

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 京都大学  薬学部  薬学研究科  1988年  卒業

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(薬学)  京都大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2015年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 生体材料工学研究所 生体機能分子研究部門 メディシナルケミストリー 教授
  • 2014年04月
    -
    2015年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 生命理工学系専攻 生命理工学講座 創薬科学 教授
  • 2014年01月
    -
    2015年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 先端医療開発学講座 医薬品化学 教授
  • 2015年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 生命理工学系専攻 生命理工学講座 メディシナルケミストリー 教授

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 1984年4月 京都大学薬学部入学
  • 1988年3月 京都大学薬学部卒業 (矢島治明教授)
  • 1988年4月 京都大学大学院薬学研究科修士課程入学 (矢島治明教授)
  • 1988年6月 薬剤師免許証下付
  • 1989年5月 京都大学薬学部助手 (藤井信孝教授)

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本ケミカルバイオロジー研究会

  • 日本薬学会

  • 日本ペプチド学会

  • アメリカ化学会

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2005年04月
    -
    現在
    日本ケミカルバイオロジー研究会 世話人
  • 2006年04月
    -
    現在
    日本ペプチド学会 評議員

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 創薬化学

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 構造固定化テンプレートの創出とドラッグ・ディスカバリー

  • 蛍光プローブの創製、バイオセンシング、創薬を目指したケミカルバイオロジー研究

  • 受容体や酵素・リガンド相互作用の解析

  • 亜鉛フィンガーツールによる遺伝子治療法の開発

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • HIV感染症・エイズの根治を目指した潜伏感染を標的とする新規治療法の開発

    文部科学省/日本学術振興会 : 2019年 - 2020年

  • GPCR二量体認識ユニットを活用したケミカルバイオロジー研究

    文部科学省/日本学術振興会 : 2016年 - 2017年

  • ペプチドミメティックを活用した中分子型創薬リードの創製

    文部科学省/日本学術振興会 : 2015年 - 2017年

  • ウイルスの複製機構の弱点をターゲットとした抗HIV剤の創製

    文部科学省/日本学術振興会 : 2014年 - 2015年

  • H I V G a g 蛋白質と関連因子の治療標的構造の解明に向けた統合的研究

    厚生労働省 : 2013年04月 - 2016年03月

全件表示 >>

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Kobayakawa Takuya, Konno Kiju, Ohashi Nami, Takahashi Kohei, Masuda Ami, Yoshimura Kazuhisa, Harada Shigeyoshi, Tamamura Hirokazu. Soluble-type small-molecule CD4 mimics as HIV entry inhibitors BIOORGANIC & MEDICINAL CHEMISTRY LETTERS. 2019.03; 29 (5): 719-723. ( PubMed, DOI )

  • Suzuki Akinobu Z., Sekine Ryota, Takeda Shiori, Aikawa Ryosuke, Shiraishi Yukiko, Hamaguchi Tomomi, Okuno Hiroyuki, Tamamura Hirokazu, Furuta Toshiaki. A clickable caging group as a new platform for modular caged compounds with improved photochemical properties CHEMICAL COMMUNICATIONS. 2019.01; 55 (4): 451-454. ( PubMed, DOI )

  • Matsuda K, Kobayakawa T, Tsuchiya K, Hattori SH, Nomura W, Gatanaga H, Yoshimura K, Oka S, Endo Y, Tamamura H, Mitsuya H, Maeda K. Benzolactam-related compounds promote apoptosis of HIV-infected human cells via protein kinase C-induced HIV latency reversal. The Journal of biological chemistry. 2019.01; 294 (1): 116-129. ( PubMed, DOI )

  • Kobayakawa T, Ohashi N, Hirota Y, Takahashi K, Yamada Y, Narumi T, Yoshimura K, Matsushita S, Harada S, Tamamura H. Flexibility of small molecular CD4 mimics as HIV entry inhibitors. Bioorganic & medicinal chemistry. 2018.10; 26 (21): 5664-5671. ( PubMed, DOI )

  • Nomura W, Matsumoto D, Sugii T, Kobayakawa T, Tamamura H. Efficient and orthogonal transcription regulation by chemically inducible artificial transcription factors. Biochemistry. 2018.10; 57 (45): 6452-6459. ( PubMed, DOI )

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 小早川 拓也, 玉村 啓和. 「第II編 第3章 ペプチドミメティック(ジペプチドイソスター)の合成と応用」 中分子医薬開発に資するペプチド・核酸・糖鎖の合成・高機能化技術「監修 千葉一裕」. 株式会社 シーエムシー出版 東京, 2018.02

  • Hirokazu Tamamura, Takuya Kobayakawa, Nami Ohashi. Mid-size Drugs Based on Peptides and Peptidomimetics. 2018.01 (ISBN : 978-981-10-7691-6)

  • 玉村啓和, 大橋南美. 「第2章 ペプチドミメティックの開発と中分子創薬研究への応用 第1節「ペプチドミメティックを活用した中分子創薬研究」」 ペプチド医薬品のスクリーニング・安定化・製剤化技術. 株式会社 技術情報協会 東京, 2017.12

  • Ohashi N, Tamamura H. “Peptide-derived mid-sized anti-HIV agents” In “Amino Acids, Peptides and Proteins,” ed. by Maxim Ryadnov and Ferenc Hudecz, The Royal Society of Chemistry, Cambridge CB4 0WF, UK, vol. 41. 2017.01

  • Takuya Kobayakawa, Tetsuo Narumi, Hirokazu Tamamura. tereoselective Synthesis of Chloroalkene Dipeptide Isosteres Utilizing Organocopper Reagents. The Japanese Peptide Society, 2016.03

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 玉村 啓和. 中和抗体療法を志向したCD4ミミックの創出. 日本薬学会第139年会 2019.03.22 千葉

  • 玉村 啓和. 中分子創薬を志向したペプチドミメティック. ペプチド科学談話会2019 2019.03.04 静岡

  • 玉村 啓和. ”海の贈りもの”からの発見. 徳島大学薬学部特別講演会「薬学部を卒業して」 2018.12.20 徳島

  • Tamamura H. Peptide drug discovery. 25th Peptide Forum – International Forum on Peptides in Drug Discovery - /Satellite Symposium of 10th International Peptide Symposium 2018.12.10 Tokyo, Japan

  • Wataru Nomura , Takumi Kamimura, Daisuke Matsumoto, Takuya Kobayakawa, Hirokazu Tamamura. Fluorogenic and genetically encodable tag-probe system for in-cell imaging of protein synthesis . 10th International Peptide Symposium/55th Japanese Peptide Symposium 2018.12.05 Kyoto, Japan

全件表示 >>

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 日本薬学会第138年会 学生優秀発表賞(口頭発表の部)(サキヤマ マクスウエル) ,日本薬学会,2018年03月

  • 16th IBB BioFuture Research Encouragement Prize 研究発表会 学部生の部 最優秀賞 (神村 拓美),国立大学法人 東京医科歯科大学 (TMDU) 生体材料工学研究所 (IBB) ,2018年02月

  • 第16回 熊本エイズセミナー若手研究者・学生のための旅費支援(Travel Award) (小谷みさと),2015年10月

  • 第16回 熊本エイズセミナー若手研究者・学生のための旅費支援(Travel Award) (本田柚子奈),2015年10月

  • The 19th Korean Peptide Protein Society Symposium. 2015 Young Scientist Award for the Distinguished Lecture in Young Scientist Symposium(本田柚子奈),2015年07月

全件表示 >>

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 「生物発光共鳴エネルギー移動を基盤としたCXCR4リガンドの高感度スクリーニング法の開発に成功」ーがん細胞を選択的に認識する医薬品開発に道  ,2019年04月

    BioconjugateChemistry

  • 「上皮成長因子受容体二量体化アームを用いて抗がん剤の細胞内送達に成功」 がん細胞選択的な薬物送達システムの開発 ―,2018年06月

    Bioconjugate Chemistry

  • 2015年03月

    「中分子創薬研究のフロンティア」日本薬学会第135年会シンポジウム紹介、薬事日報、2015年3月20日

  • 2014年03月

    「抗ウイルス感染症のフロンティア」日本薬学会第134年会シンポジウム紹介、薬事日報、2014年3月24日

  • 2011年12月

    招待講演:ペプチド化学を基盤としたケミカルバイオロジー. 第14回ペプチドフォーラム 2011年12月16日

全件表示 >>

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 生体システム制御学:薬理学に関する基礎研究

  • 機能分子総論:ペプチド・蛋白質化学, 6月16日 8:50-10:20 10:30-12:00

  • ゲノム化学・機能分子特論:ペプチド・蛋白質化学, 6月16日 8:50-12:00

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • ペプチド使い薬剤送達 がん細胞に入りやすく,日経産業新聞,日経産業新聞,2018年05月31日

  • EGFRに薬物送達 医科歯科大環状ペプチド開発,化学工業日報,化学工業日報,2018年05月31日

  • 東京医科歯科大 遺伝子切断、薬剤で制御 「ゲノム編集」で新手法 基礎研究などに応用 ,日本経済新聞社,日経産業新聞,2017年12月07日