基本情報

写真a

森田 圭一(モリタ ケイイチ)

MORITA Keiichi


職名

講師

生年

1972年

研究室住所

東京都文京区湯島1-5-45 東京医科歯科大学 硬組織疾患ゲノムセンター

研究室電話番号

03-5803-5499

研究室FAX番号

03-5803-0298

メールアドレス

keiichi.m.osur@tmd.ac.jp

研究分野・キーワード

口腔外科, 口唇裂, 口蓋裂, 口腔がん, ゲノム解析

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  歯学部  歯学科  1997年03月  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  医歯学総合研究科  博士課程  2001年03月  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 歯学博士  東京医科歯科大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2004年11月
    -
    2010年03月
    東京医科歯科大学 歯学部附属病院 診療科 回復系診療科 口腔外科外来 助教
  • 2010年04月
    -
    2015年03月
    東京医科歯科大学 硬組織疾患ゲノムセンター 特任講師
  • 2015年04月
    -
    2016年03月
    東京医科歯科大学 歯学部附属病院 診療科 回復系診療科 口腔外科外来 助教
  • 2016年04月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 顎顔面頸部機能再建学講座 顎顔面外科学 助教
  • 2018年04月
    -
    2018年09月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 顎顔面頸部機能再建学講座 顎顔面外科学 助教

全件表示 >>

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 平成13年4月 東京医科歯科大学歯学部附属病院回復系診療科医員
  • 平成16年11月 東京医科歯科大学歯学部附属病院回復系診療科助手
  • 平成19年4月 東京医科歯科大学歯学部附属病院回復系診療科助教
  • 平成22年4月 東京医科歯科大学硬組織疾患ゲノムセンター特任講師

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本口腔外科学会

  • 日本人類遺伝学会

  • 日本癌学会

  • 日本癌治療学会

  • 日本口蓋裂学会

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 外科系歯学

  • 人類遺伝学

資格、免許 【 表示 / 非表示

  • 歯科医師

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 口腔がんのゲノム解析

  • 顎口腔先天異常のゲノム解析

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 再発転移頭頸部癌に対するニボルマブ最適化投与のためのバイオマーカーに関する研究

    文部科学省/日本学術振興会 : 2018年 - 2020年

  • ナノ磁性複合分子によるDDSを用いた新規細胞周期制御法の確立と癌治療への応用

    文部科学省/日本学術振興会 : 2016年 - 2018年

  • 舌発生におけるShhの役割

    文部科学省/日本学術振興会 : 2016年 - 2018年

  • バイオバンク研究試料付随匿名化臨床情報管理システムの開発と無償配布への取り組み

    文部科学省/日本学術振興会 : 2015年 - 2016年

  • ナノ磁性複合分子と生体埋込型ネオジム磁石によるマイクロDDSの開発

    文部科学省/日本学術振興会 : 2013年 - 2014年

全件表示 >>

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Sawangarun W, Mandasari M, Aida J, Morita K, Kayamori K, Ikeda T, Sakamoto K. Loss of Notch1 predisposes oro-esophageal epithelium to tumorigenesis Experimental Cell Research. 2018.11; 372 (2): 129-140. ( DOI )

  • 森田 圭一, 金井 雅史, 松本 繁巳. 研究試料付随臨床情報管理システム BIO Clinica. 2018.09; 33 (10): 956-961. ( 医中誌 )

  • Kanai Y, Nishihara H, Miyagi Y, Tsuruyama T, Taguchi K, Katoh H, Takeuchi T, Gotoh M, Kuramoto J, Arai E, Ojima H, Shibuya A, Yoshida T, Akahane T, Kasajima R, Morita K, Inazawa J, Sasaki T, Fukayama M, Oda Y. The Japanese Society of Pathology Guidelines on the handling of pathological tissue samples for genomic research: Standard operating procedures based on empirical analyses Pathology International. 2018.02; 68 (2): 63-90. ( DOI )

  • Yukimori A, Oikawa Y, Morita KI, Nguyen CTK, Harada H, Yamaguchi S, Kayamori K, Yamaguchi A, Ikeda T, Sakamoto K. Genetic basis of calcifying cystic odontogenic tumors. PLoS One. 2017.06; 12 (6): e0180224.

  • Nguyen CT, Okamura T, Morita KI, Yamaguchi S, Harada H, Miki Y, Izumo T, Kayamori K, Yamaguchi A, Sakamoto K. LAMC2 is a predictive marker for the malignant progression of leukoplakia. Journal of Oral Pathology & Medicine. 2017.03; 46 (3): 223-231.

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 一般社団法人日本病理学会編集. ゲノム研究用・診療用病理組織検体取扱い規程. 2019.03 実証データ12 脱灰方法のゲノムDNAの品質に対する影響 (ISBN : 978-4-7581-1846-0)

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 荒木 美祐, 東堀 紀尚, 雲内 裕子, 有村 恵, 紙本 裕幸, 松本 英和, 小川 卓也, 森田 圭一, 依田 哲也, 森山 啓司. 成人期に至るまで咬合管理がなされず外科的矯正治療により咬合改善を図った片側性口唇口蓋裂の一症例. 第43回 日本口蓋裂学会総会・学術集会 2019年5月30-31日 2019.05.30 新潟市

  • 土田 絵梨, 森田 圭一, 高原 楠旻, 依田 哲也. 片側性唇顎口蓋裂患者の5歳時における顎矯正手術必要性予測. 第43回 日本口蓋裂学会総会・学術集会 2019年5月30-31日 2019.05.30 新潟市

  • 横川 美咲, 森田 圭一, 及川 悠, 栢森 高, 坂本 啓, 池田 通, 原田 浩之. 口腔扁平上皮癌患者におけるEGFRおよびMET発現の検証. 第37回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会 2019年1月24-25日 2019.01.24 長崎市

  • 柴田 恵里, 森田 圭一, 栢森 高, 及川 悠, 道 泰之, 池田 通, 原田 浩之. 腺房細胞癌と診断された症例におけるETV6-NTRK3融合遺伝子検索. 第37回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会 2019年1月24-25日 2019.01.24 長崎市

  • Shibata E, Morita K, Kayamori K, Maruiwa M, Michi Y, Sato Y, Takeuchi K, Ikeda T, Harada H, Yoda T. A case of mammary analogue secretory carcinoma in salivary duct of parotid gland. 13th Asian Congress on Oral and Maxillofacial Surgery (ACOMS) 2018.11.08

全件表示 >>

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 科学研究費補助金・挑戦的萌芽,2016年

    バイオバンク研究試料付随匿名化臨床情報管理システムの開発と無償配布への取り組み.森田圭一

  • 科学研究費補助金・基盤研究B,2016年

    ナノ磁性複合分子によるDSSを用いた新規細胞周期制御法の確立と癌治療への応用.森田圭一

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 大学院 特論 口腔化学・機能コース,2017年

  • 顎口腔医療 先天異常,2016年 - 現在

  • 課題統合セミナー 口唇口蓋裂,2016年 - 現在

  • 歯学部 包括臨床実習,2016年 - 現在

  • 大学院 特論 発生・再構築学,2016年