基本情報

写真a

三林 浩二(ミツバヤシ コウジ)

MITSUBAYASHI Kohji


職名

教授

研究室住所

東京都千代田区神田駿河台2-3-10

ホームページ

http://www.tmd.ac.jp/i-mde/www/inst/inst-j.html

研究分野・キーワード

バイオスニファ, ウエアラブルセンサ, ユビキタス・バイオモニタリング, 生体計測, 非侵襲計測

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 豊橋技術科学大学  工学部  エネルギー工学科  1983年03月  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京大学  工学系研究科  先端学際工学専攻  博士課程  1994年09月  修了

  • 豊橋技術科学大学  工学研究科  エネルギー工学専攻  修士課程  1985年03月  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(工学)  東京大学

  • 工学修士  豊橋技術科学大学

  • 工学士  豊橋技術科学大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2003年09月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 生体材料工学研究所 医療デバイス研究部門 センサ医工学 教授
  • 2003年09月
    -
    2013年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 計測分野 教授
  • 2008年04月
    -
    2011年03月
    東京医科歯科大学 教育研究評議会評議員
  • 2011年08月
    -
    2014年03月
    東京医科歯科大学 学長特別補佐
  • 2013年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 生命理工学系専攻 生命理工学講座 センサ医工学 教授

全件表示 >>

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 1985年04月
    -
    1998年03月
    日本電装株式会社(現:株式会社デンソー)
  • 1998年04月
    -
    2003年08月
    東海大学工学部電気工学科 助教授 助教授
  • 1999年01月
    -
    1999年03月
    仏ペルピニアン大学  客員助教授
  • 1999年04月
    -
    2000年03月
    東京大学先端科学技術研究センター  客員研究員
  • 2003年09月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 生体材料工学研究所システム部門計測分野(現:センサ医工学分野) 教授

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本化学会

  • 日本分析化学会

  • 電子情報通信学会

  • 日本機械学会

  • 次世代センサ協議会

全件表示 >>

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2011年02月
     
     
    経済産業省 「医療支援事業」評価委員
  • 2012年01月
     
     
    文科省 科学技術戦略推進費「実用化プログラム」諮問委員会委員
  • 2012年01月
    -
    2016年03月
    JST「安全・安心な社会のための犯罪・テロ対策技術等を実用化するプログラム」プロジェクト諮問委員
  • 2012年01月
    -
    現在
    Biosensors and Bioelectronics (@Elsevier) 編集委員
  • 2012年05月
    -
    2014年05月
    電気学会センサ・マイクロマシン部門役員会役員

全件表示 >>

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 生体医工学・生体材料学

  • ナノマイクロシステム

  • 知覚情報処理

  • 分析化学

  • 生物機能・バイオプロセス

全件表示 >>

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 移動体通信を用いたユビキタス生体計測システム

  • Bionic-MEMS技術を利用した人工駆動システム

  • 高いガス選択性を有するバイオスニファ

  • 非侵襲計測のためのウエアラブル化学センサ

  • 高感度免疫センサ

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 疾病・代謝由来の低濃度な生体臭成分(皮膚ガス)を高感度計測する生化学式ガスセンサ

    文部科学省/日本学術振興会 : 2017年 - 2019年

  • 生体代謝ガス成分の光イメージング法の確立と疾患スクリーニングへの展開

    文部科学省/日本学術振興会 : 2015年 - 2018年

  • 無臭ガスの情報コード化と知覚画像化(無臭ガス用カメラ)

    文部科学省/日本学術振興会 : 2015年 - 2017年

  • 匂い成分を認識触媒する多様なNADH系酵素を用いた高感度な生化学式蛍光ガスセンサ

    文部科学省/日本学術振興会 : 2014年 - 2016年

  • 匂い情報(揮発性成分)の3次元可視化システム

    文部科学省/日本学術振興会 : 2012年 - 2014年

全件表示 >>

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • KanakoToda, Koji Mizutani, Isao Minami, Ming Ye, Takahiro Arakawa, Kohji Mitsubayashi, Yoshihiro Ogawa, Kouji Araki, Kayoko Shinada. Effects of oral health instructions on glycemic control and oral health status of periodontitis patients with type 2 diabetes mellitus: A preliminary observation Journal of Dental Sciences. 2019.06; 14 (2): 171-177. ( DOI )

  • 三林浩二. バイオ蛍光式「バイオスニファ」「探嗅カメラ」による高感度な生体ガス計測と可視化応用 電気化学. 2018.06; 86 (Summer): 118-122.

  • 荒川貴博, 三林浩二. 研究室紹介「東京医科歯科大学生体材料工学研究所 センサ医工学分野 三林研究室」 クリーンテクノロジー. 2018.05; 28 (5): 70-73.

  • Takahiro Arakawa, Rui Xie, Fumiya Seshima, Koji Toma, Kohji Mitsubayashi. Air bio-battery with a gas/liquid porous diaphragm cell for medical and health care devices Biosensors and Bioelectronics. 2018.04; 103 171-175. ( PubMed, DOI )

  • Kenta Iitani, Po-Jen Chien, Takuma Suzuki, Koji Toma, Takahiro Arakawa, Yasuhiko Iwasaki, Kohji Mitsubayashi. Fiber-optic bio-sniffer (biochemical gas sensor) using ADH reverse reaction for exhaled acetaldehyde ACS Sensors. 2018.01; 3 (2): 425-431. ( DOI )

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • Koji Toma, Takahiro Arakawa, Kohji Mitsubayashi. Reusable surface acoustic wave immunosensor for monitoring of mite allergens,Modern Sensing Technologies. Springer, 2018.10 (ISBN : 978-3-319-99540-3)

  • 荒川 貴博, 當麻 浩司, 三林 浩二. 生体ガス-糖尿病における呼気アセトン&イソプロパノールガス濃度-, 代謝センシング -健康,食,美容,薬,そして脳の代謝を知る-. シーエムシー出版, 2018.09

  • 三林 浩二, 當麻 浩司, 荒川 貴博. 代謝・疾病に基づく生体ガス成分の高感度バイオセンシング-魚臭症候群:トリメチルアミン,口臭:メチルメルカプタン,加齢:ノネナール-, 代謝センシング -健康,食,美容,薬,そして脳の代謝を知る- . シーエムシー出版, 2018.09

  • 當麻 浩司, 荒川 貴博, 三林 浩二. 呼気におけるアルコール代謝のセンシング, 代謝センシング -健康,食,美容,薬,そして脳の代謝を知る-. シーエムシー出版, 2018.09 (ISBN : 978-4-7813-1350-4)

  • 三林 浩二. 高分子材料を用いた生体親和性に優れたセンシングデバイス、「生体情報センシングデバイス」. ㈱情報機構, 2018.05 第三章第一節 (ISBN : 978-4-86502-150-9 )

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • Mitsubayashi K. Cavitas biosensors with biocompatible polymers for tear and saliva chemicals. The 7th International Conference on Small Science (ICSS 2019) 2019.03.26 Hawaii, USA

  • 三林浩二. 日常医療・未病医療のための生体センシングとデバイス開発. 情報機構セミナー(AC190217 生体センシング)、主催:株式会社情報機構 2019.02.15 東京

  • 三林浩二. 「生体バイオセンサ」 非侵襲&無拘束計測バイオセンシング. 「ヘルスケア研究会」セミナー、主催:三井化学株式会社 2019.02.13 東京

  • Mitsubayashi K. Non-invasive Biosensing Devices for Preemptive Medicine. Bio4Apps2018/2019 (International conference on BioSensors, BioElectronics, BioMedical Devices, BioMEMS/NEMS & Applications 2018/19) 2019.01.06 Harbin, China

  • 當麻 浩司, 仁田 大揮, 張 志偉, 荒川 貴博, 岩﨑 泰彦, 三林 浩二. 唾液グルコースの無拘束モニタリングのための マウスガード型バイオセンサ. ライフイノベーションマテリアル創製共同研究プロジェクト 第3回生体医療・福祉材料分野全体会議 2018.12.27

全件表示 >>

特許 【 表示 / 非表示

  • 生体成分検出装置及び歯列マウスガード型センサ

    出願番号: 2015-035763

  • 固相標的物質用捕集部材、固相標的物質検出システム、固相標的物質の捕集方法及び固相標的物質の検出方法

    特許番号: 特願 2014-027788

  • Method of determining authenticity and watermark reader

    特許番号: S.N. 11/073854

  • トルエン検出センサシステム及びトルエンの検出方法

    特許番号: 特願2008-

  • ポンプ

    特許番号: 特許第5316930号

全件表示 >>

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 17 SAS インテリジェントシンポジウム ポスター賞,17 SAS インテリジェントシンポジウム,2017年11月

  • 17 SAS インテリジェントシンポジウム ポスター賞,17 SAS インテリジェントシンポジウム,2017年11月

  • BEST PRESENTATION AWARD, ICBDID 2017 : 19th International Conference on Biomedical Device and Instrumentation Development,2017年03月

  • 15 SAS インテリジェントシンポジウム ポスター賞,16 SAS インテリジェントシンポジウム,2016年11月

  • 奨励賞,第33回「センサ・マイクロマシンと応用システム」シンポジウム,2016年10月

全件表示 >>

その他業績 【 表示 / 非表示

  • センサ・アクチュエータ・マイクロナノ/ウィーク2018 次世代センサ総合シンポジウム(バイオセンサセッション),2018年09月

    「呼気・皮膚ガスの高感度&選択的なバイオモニタリングとイメージング」に関するセッションを主催する

  • 東京医科歯科大学とパイオニア 呼気アセトン計測用の高感度で小型な光バイオ方式センサモジュールを共同開発,2018年09月

    -

  • 「1型糖尿病患者の治療・QOL向上のための研究を加速!」~東京医科歯科大学にて日本IDDMネットワーク研究助成金贈呈式を開催~,2018年02月

    -

  • 「スポーツ医科学のためのセンサ技術・ドーピング検査およびその産業展開」, 次世代センサフォーラム(東京ビックサイト、次世代センサ協議会主催),2017年09月

    近年ではオリンピックを代表するような公式大会ではドーピング(禁止薬物使用)が社会的な話題になっており、医学の観点でのスポーツ科学が関心を集めています。本セッションでスポーツ医科学の領域で「センサ技術」「ドーピング検査(分析化学)」で世界をリードする研究者の方々に最新の研究内容をご解説いただくと共に、その実用化と事業化の可能性についても紹介。

  • シンポジウム7「センサIoTと分析化学の融合展開」、日本分析化学会第66年会,2017年09月

    シンポジウム7「センサIoTと分析化学の融合展開」を日本分析化学会第66年会にて主催。

全件表示 >>

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 医用システム概論

  • バイオインテリジェンス科学特論

  • 生体医工学,2004年 - 現在

  • バイオメディカルデバイス理工学,2015年 - 現在

  • ナノバイテクノロジー特論,2011年 - 2017年

全件表示 >>

担当授業科目(学外) 【 表示 / 非表示

  • 先端バイオセンシング学,文京学院大学

  • 大学院特別講義,九州大学大学院

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • SEMICON Japan 2018,東京ビッグサイト,2018年12月12日 - 2018年12月14日

  • センサエキスポジャパン2018,東京ビッグサイト,2018年09月26日 - 2018年09月28日

  • 口からわかるヒトの健康,株式会社リバネス ,『研究応援』,2018年07月19日

  • 研究者としてのキャリアについて,株式会社マイナビ,就職情報サイト 「マイナビ2019」,2018年07月05日

  • 1型糖尿病治療のための研究開発,NHK,あさイチ,2018年05月24日

全件表示 >>