基本情報

写真a

古川 哲史(フルカワ テツシ)

FURUKAWA Tetsushi


職名

教授

研究室住所

〒113-8510 東京都文京区湯島1-5-45 東京医科歯科大学 難治疾患研究所 生体情報薬理学分野

研究室電話番号

03-5803-4950

研究室FAX番号

03-5803-0364

ホームページ

http://www.tmd.ac.jp/mri/cph/index.html

研究分野・キーワード

イオンチャネル, 不整脈, パッチクランプ, タンパク間相互作用, 一酸化窒素, 性差医療

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  医学部  1983年03月  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  医学系研究科  内科学  博士課程  1990年  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 医学博士  東京医科歯科大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2004年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 難治疾患研究所 先端分子医学研究部門 生体情報薬理学 教授
  • 1995年04月
    -
    2000年03月
    東京医科歯科大学 難治疾患研究所 助教
  • 1992年04月
    -
    1995年03月
    東京医科歯科大学 難治疾患研究所 学術振興会特別研究員
  • 2004年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 器官システム制御学講座 分子細胞循環器学 教授

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 2000年04月
    -
    2004年03月
    秋田大学 医学部 助教授

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本循環器学会

  • 日本薬理学会

  • 日本生理学会

  • 日本心電学会

  • 日本NO学会

全件表示 >>

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 日本薬理学会 評議員
  • 日本生理学会 評議員
  • 日本心電学会 理事、評議員、学術評議員
  • 日本NO学会 評議員
  • 循環薬理学会 幹事

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 循環器内科学

  • 薬理学一般

  • 生理学一般

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 不整脈の個別化医療の基礎研究

  • iPS細胞由来心筋脂肪の不整脈研究への応用

  • 先端テクノロジーを用いた心血管病研究

  • 心室頻拍・突然死の研究

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • [編集]青沼和隆 [著者]古川哲史. 不整脈を科学する 別冊・医学のあゆみ. 2017.03; 103-107.

  • Ebana Y, Ozaki K, Liu L, Hachiya H, Hirao K, Isobe M, Kubo M, Tanaka T, Furukawa T. Clinical utility and functional analysis of variants in atrial fibrillation-associated locus 4q25 Journal of Cardiology. 2017.01; ( DOI )

  • Kimura Y, Aiba T, Sasano T, Furukawa T, Kusano K, Shimizu W. IRX3 variant as a modifier of Brugada syndrome with frequent ventricular fibrillation. Heart Rhythm Case Report. 2017;

  • Okata S, Yuasa S, Suzuki T, Ito S, Makita N, Yoshida T, Li M, Kurokawa J, Seki T, Egashira T, Aizawa Y, Kodaira M, Motoda C, Yozu G, Shimojima M, Hayashiji N, Hashimoto H, Kuroda Y, Tanaka A, Murata M, Aiba T, Shimizu W, Horie M, Kamiya K, Furukawa T, Fukuda K. Embryonic type Na+ channel -subunit, SCN3B masks the disease phenotype of Brugada syndrome Science Reports. 2016.09; 6 34198. ( DOI )

  • Yamazoe M, Furukawa T. Long-Term Prognosis of Catecholaminergic Polymorphic Ventricular Tachycardia Patients With Ryanodine Receptor (RYR2) Mutations 2016.08; 80 (9): 1892-1894.

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 古川哲史. ナース専科 大特集 使い分けの根拠が分かる!循環器の薬. 株式会社エム・エム・エス, 2017.01 使い分けの根拠が分かる!循環器の薬

  • 古川哲史. 臨床力をアップさせる循環器のギモン31. 南江堂, 2016.11 (ISBN : 978-4-524-25444-6)

  • [編集]三田村秀雄 [著者]古川哲史他. エキスパートはここを見る 心電図読み方の極意. 南山堂, 2016.08 活動電位から心電図波形を理解する (ISBN : 978-4-525-22201-7)

  • 古川哲史. 病態生理の基礎知識から学べる循環器治療薬パーフェクトガイド. 総合医学社, 2016.01 (ISBN : 978-4-88378-626-8)

  • 古川哲史. そうだたのか!臨床に役立つ心臓の発生・再生. メディカル・サイエンス・インターナショナル, 2015.09 (ISBN : 978-4-89592-826-7)

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • Lian Liu, Yusuke Ebana, Jun-ichi Nitta, Yoshihide Takahashi, Shinsuke Miyazaki, Toshihiro Tanaka, Masatoshi Komura, Mitsuaki Isobe, Tetsushi Furukawa. Common genetic variants indicate the risk of atrial fibrillation in Japanese population. 第63回日本不整脈心電学会学術大会 2017.07.16 札幌 コンベンションセンター

  • 古川 哲史. コモン不整脈の遺伝的リスク. 第243回日本循環器学会関東甲信越地方会 2017.02.04 ステーションコンファレン東京

  • 田村文弥、家田真樹、鈴木岳之、福田恵一、中谷晴昭、原田信広、古川哲史、 黒川洵子. 女性ホルモンが心電図QT間隔に与える影響. 日本適応医 学会学術集会 2016.12.16 東京コンベンションホール

  • 黒川洵子、児玉昌美、高橋健太郎、諫田泰成、古川哲史. ヒト iPS由来心筋細胞の動きベクトル解析による抗がん剤心毒性の評価法. 第26回日 本循環薬理学会 2016.12.02 信州大学

  • 古川 哲史. コモン不整脈の遺伝的リスク. 第38回心筋生検研究会 2016.11.26 都立広尾病院

全件表示 >>

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 歯学部薬理学,2016年 - 現在

  • 歯学部病態科学演習,2016年 - 現在