基本情報

写真a

伊倉 貞吉(イクラ テイキチ)

IKURA Teikichi


職名

准教授

研究室住所

〒113-8510文京区湯島1-5-45

研究室電話番号

03-5803-4055

研究室FAX番号

03-5803-4055

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 京都大学  理学部  1988年  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 京都大学  理学研究科  化学専攻  博士課程  1993年  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 理学博士  京都大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2003年04月
    -
    2012年03月
    東京医科歯科大学 大学院生命情報科学教育部/大学院疾患生命科学研究部 准教授
  • 2012年04月
    -
    2016年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 先端医療開発学講座 構造生物学 准教授
  • 2012年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 難治疾患研究所 先端分子医学研究部門 分子構造情報学 准教授
  • 2016年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 生命理工学系専攻 生命理工学講座 分子構造情報学 准教授

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 平成 5年 4月 1日 東京大学・大学院理学系研究科・物理学教室・助手
  • 平成10年 4月 8日 同上 休職
  • (平成10年4月8日より平成12年6月8日まで、日本学術振興会海外特別研究員として英国・CambridgeのMedical Research Council/Centre for Protein Engineeringで研究)
  • 平成12年 6月 8日 同上 復職
  • 平成12年 7月31日 同上 退職

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本蛋白質科学会

  • The Protein Society

  • 日本ケミカルバイオロジー学会

  • 日本分子生物学会

  • 日本生物物理学会

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 日本生物物理学会 学会委員および運営委員(平成3~4年度)
  • 日本物理学会 世話人(平成9~10年度)
  • 日本蛋白質科学会 理事(平成17~18年度)
  • 新世代研究所「生体ナノマシン構造研究会」 委員(平成18~20年度)
  • 日本学術振興会審査委員

全件表示 >>

資格、免許 【 表示 / 非表示

  • エックス線作業主任者

 

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 基質認識部位と触媒部位とが独立している新規タンパク質分解酵素の創製

    文部科学省/日本学術振興会 : 2017年 - 2019年

  • タウタンパク質の神経原線維変化の形成抑制を目指したプロリン異性化酵素改変体の創製

    文部科学省/日本学術振興会 : 2013年 - 2015年

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Yurina Miyashita, Nobutaka Numoto, Sundaram Arulmozhiraja, Shogo Nakano, Naoya Matsuo, Kanade Shimizu, Osamu Shibahara, Michiko Fujihara, Hiroki Kakuta, Sohei Ito, Teikichi Ikura, Nobutoshi Ito, Hiroaki Tokiwa. Dual conformation of the ligand induces the partial agonistic activity of retinoid X receptor α (RXRα). FEBS Lett.. 2019.01; 593 (2): 242-250. ( PubMed, DOI )

  • Teikichi Ikura, Naoya Tochio, Ryosuke Kawasaki, Mizuki Matsuzaki, Akihiro Narita, Mahito Kikumoto, Naoko Utsunomiya-Tate, Shin-Ichi Tate, Nobutoshi Ito. The trans isomer of Tau peptide is prone to aggregate, and the WW domain of Pin1 drastically decreases its aggregation. FEBS Lett.. 2018.09; 592 (18): 3082-3091. ( PubMed, DOI )

  • Rocio Otero, Michiyasu Ishizawa, Nobutaka Numoto, Teikichi Ikura, Nobutoshi Ito, Hiroaki Tokiwa, Antonio Mouriño, Makoto Makishima, Sachiko Yamada. : Synthesis, Tissue Selective Biological Activities, and X-ray Crystal Structural Analysis of Its Vitamin D Receptor Complex. J. Med. Chem.. 2018.08; 61 (15): 6658-6673. ( PubMed, DOI )

  • Koki Makabe, Takashi Nakamura, Debanjan Dhar, Teikichi Ikura, Shohei Koide, Kunihiro Kuwajima. An Overlapping Region between the Two Terminal Folding Units of the Outer Surface Protein A (OspA) Controls Its Folding Behavior. J. Mol. Biol.. 2018.06; 430 (12): 1799-1813. ( PubMed, DOI )

  • Yurina Miyashita, Eiji Ohmae, Teikichi Ikura, Kaoru Nakasone, Katsuo Katayanagi. Halophilic mechanism of the enzymatic function of a moderately halophilic dihydrofolate reductase from Haloarcula japonica strain TR-1. Extremophiles. 2017.05; 21 (3): 591-602. ( PubMed, DOI )

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • タンパク質のアモルファス凝集と溶解性. 2019.02 (ISBN : 978-4-7813-1397-9)

  • 伊倉貞吉 ペプチジルプロリルイソメラーゼの触媒機構の研究. PEPTIDE NEWSLETTER JAPAN, 70, 4-6. 日本ペプチド学会, 2008

  • 化学便覧 応用化学編 第6版(分担執筆: 黒木良太, 伊倉貞吉, 重松秀樹, 油谷克英), 1548-1565. 丸善, 2003 (ISBN : 4621071386)

  • Arai, M., Ito, K., Maki, K., Ikura, T., Inobe, T., Kihara, H., Amemiya, Y., Kuwajima, K. Structural analysis of protein folding intermediates by solution X-ray scattering. Old and New Views of Protein Folding, 31-40 ISBN : 0444502912. Excerpta Medica, 1999

  • Maki, K., Ikura, T., Mohs, A., Kuwajima, K. Equilibrium and kinetics of folding of staphylococcal nuclease and its proline mutants. Old and New Views of Protein Folding, 271-278. Excerpta Medica, 1999 (ISBN : 0444502912)

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 伊倉貞吉. タンパク質機能における階層的様相. 理論生物物理学の現在と未来 2019.02.14 京都市

  • 伊倉貞吉,栃尾尚哉,川嵜亮祐,松崎瑞季,成田哲博,菊本真人,楯直子,楯真一,伊藤暢聡. Pin1のWWドメインは、タウペプチドのトランス異性体の凝集化を阻害する. 第41回日本分子生物学会年会 2018.11.29 横浜市

  • Teikichi Ikura and Nobutoshi Ito. Mutational analysis on the catalytic site of a protease derived from Pin1. The 56th Annual Meeting of the Biophysical Society of Japan 2018.09.15

  • Yurina Miyashita, Nobutaka Numoto, Sundaram Arulmozhiraja, Shogo Nakano, Naoya Matsuo, Kanade Shimizu, Osamu Shibahara, Michiko Fujiwara, Hiroki Kakuta, Sohei Ito, Teikichi Ikura, Nobutoshi Ito, Hiroaki Tokiwa. Crystal structure of the tetrameric ligand binding domain of RXRalpha complexed with a novel synthetic partial agonist. The 56th Annual Meeting of the Biophysical Society of Japan 2018.09.15

  • 石澤通康, Rocio Otero, 沼本 修孝, 伊倉 貞吉, 伊藤 暢聡, 常盤 広明, Antonio Maurino, 槇島 誠, 山田 幸子 . 25位アダマンチルビタミンD誘導体の構造と活性. Neo Vitamin D Workshop 2018.08.24

全件表示 >>

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 構造生物学特論,2012年 - 2015年

  • 分子構造学特論,2003年 - 現在