基本情報

写真a

中濵 健一(ナカハマ ケンイチ)

NAKAHAMA Ken-ichi


職名

准教授

研究室住所

東京都文京区湯島1-5-45

研究室電話番号

03-5803-5574

メールアドレス

メールによる問い合わせは《こちら》から

研究分野・キーワード

コネキシン、ギャップジャンクション、細胞間情報伝達、破骨細胞、骨芽細胞、骨細胞、内皮細胞

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 山口大学  理学部  生物学科  1984年03月  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 山口大学  理学研究科  環境生物学  修士課程  1986年03月  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(学術)  東京医科歯科大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2007年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 顎顔面頸部機能再建学講座 分子細胞機能学 准教授
  • 2004年04月
    -
    2007年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 顎顔面頸部機能再建学講座 分子細胞機能学 助教授
  • 2002年04月
    -
    2003年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 顎顔面頸部機能再建学講座 分子細胞機能学 講師

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 1995年10月
    -
    2002年03月
    近畿大学 医学部 助手
  • 1990年08月
    -
    1995年03月
    日本油脂株式会社 つくば研究所 研究員
  • 1986年04月
    -
    1990年07月
    テルモ株式会社 研究所 研究員

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本生化学会

  • 日本分子生物学会

  • 日本骨代謝学会

  • アメリカ細胞生物学会

  • アメリカ骨代謝学会

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 機能系基礎歯科学

  • 形態系基礎歯科学

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 破骨細胞分化を司る接着分子の同定、その制御機構と破綻による病態の解明,2009年 - 2010年

  • 骨リモデリングにおける破骨細胞分化の時空的制御機構の解明,2008年 - 2010年

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Syun Nishihara, Mami Ikeda, Hitoshi Ozawa, Masako Akiyama, Satoshi Yamaguchi, Ken-Ichi Nakahama. Role of cAMP in phenotypic changes of osteoblasts. Biochem. Biophys. Res. Commun.. 2017.11; ( PubMed, DOI )

  • Takahiro Sato, Masako Akiyama, Ken-Ichi Nakahama, Shujiro Seo, Masamichi Watanabe, Jin Tatsuzaki, Ikuo Morita. A novel mode of stimulating platelet formation activity in megakaryocytes with peanut skin extract. J Nat Med. 2017.10; ( PubMed, DOI )

  • Tomoka Ishida, Takeshi Yoshida, Kosei Shinohara, Kejia Cao, Ken-Ichi Nakahama, Ikuo Morita, Kyoko Ohno-Matsui. Potential role of sirtuin 1 in Müller glial cells in mice choroidal neovascularization. PLoS ONE. 2017.09; 12 (9): e0183775. ( PubMed, DOI )

  • Tsuyoshi Matsuura, Shizuko Ichinose, Masako Akiyama, Yuki Kasahara, Noriko Tachikawa, Ken-Ichi Nakahama. Involvement of CX3CL1 in the Migration of Osteoclast Precursors Across Osteoblast Layer Stimulated by Interleukin-1ß. J. Cell. Physiol.. 2017.07; 232 (7): 1739-1745. ( PubMed, DOI )

  • Kosei Shinohara, Takeshi Yoshida, Hongding Liu, Shizuko Ichinose, Tomoka Ishida, Ken-Ichi Nakahama, Natsuko Nagaoka, Muka Moriyama, Ikuo Morita, Kyoko Ohno-Matsui. Establishment of novel therapy to reduce progression of myopia in rats with experimental myopia by fibroblast transplantation on sclera. J Tissue Eng Regen Med. 2017.04; ( PubMed, DOI )

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 中浜 健一、松浦 毅、立川 敬子. IL-1betaにより刺激された骨芽細胞層下への破骨細胞前駆細胞の遊走におけるCX3CL1の関与. 第2回骨免疫学会 2016.07.07

  • 篠原正浩、中浜健一、麻原弘嗣. IA型PI3Kを介した骨細胞による骨芽細胞制御. 第2回骨免疫学会 2016.07.07

  • 沖藤 明日香、穐山 雅子、細道 純、小野 卓史、中浜 健一. 骨芽細胞におけるオステオポンチンの転写制御機構. 第2回骨免疫学会 2016.07.07 沖縄

  • 松浦毅士、立川敬子、中浜健一. 破骨細胞前駆細胞の骨芽細胞下への遊走機構. 第38回日本分子生物学会年会第88回日本生化学会大会合同大会 2015.12.02

  • 中浜 健一、沖藤 明日香、穐山 雅子、細道 純、小野 卓史、森田 育男. 酸性環境下での骨芽細胞の形質変化について. 第1回骨免疫学会 2015.07.01 宮古島

全件表示 >>

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 生命を構成する分子とその代謝