基本情報

写真a

横山 三紀(ヨコヤマ ミキ)

YOKOYAMA Miki


職名

准教授

研究室住所

東京都文京区湯島1−5−45 東京医科歯科大学

研究室電話番号

03-5803-5567

研究室FAX番号

03-5803-0187

メールアドレス

m.yokoyama.bch@tmd.ac.jp

研究分野・キーワード

リソソーム、脂質, 膜タンパク質アセンブリ、 CD38

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東京大学  理学部  生物化学  1986年  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京大学  理学系研究科  生物化学  博士課程  1986年  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 理学博士  東京大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 1900年01月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 生体支持組織学講座 硬組織病態生化学 准教授
  • 2018年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 生体支持組織学講座 硬組織病態生化学 准教授

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 1986年(昭和61年)4月 日本大学松戸歯学部生理学教室 助手
  • 1995年(平成7年)10月 同 講師
  • 2001年(平成13年)4月 東京医科歯科大学生体硬組織再生学講座
  • 硬組織病態生化学分野 講師
  • 2004年(平成16年)2月 同 助教授

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本生化学会

  • 脂質生化学会

  • 糖質学会

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 日本生化学会 企画委員
  • 糖質学会 理事

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 機能系基礎歯科学

  • 構造生物化学

  • 機能生物化学

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • Cell-surface assembly of proteins,2010年

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • LAMP-2のアセンブリ制御を利用した塗布式口腔ケアによる癌治療患者のQOL改善

    文部科学省/日本学術振興会 : 2017年 - 2019年

  • 歯槽骨再生におけるHSPGを介したエクソソーム取り込みのメカニズム

    文部科学省/日本学術振興会 : 2014年 - 2016年

  • LAMP2を標的としたリソソーム細胞内輸送のブロッキングによる顎骨吸収の抑制

    文部科学省/日本学術振興会 : 2013年 - 2016年

  • LAMP2を標的としたリソソーム細胞内輸送のブロッキングによる顎骨吸収の抑制

    文部科学省/日本学術振興会 : 2013年 - 2015年

  • ネクロプトーシスによる細胞死におけるスフィンゴ脂質代謝の役割

    文部科学省/日本学術振興会 : 2010年 - 2012年

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Doino M, Yokoyama M, Sasaki Y, Kondo K, Yasuda Y, and Arakawa S.. Evaluation of the relationship between salivary concentration of anti–heat shock protein immunoglobulin and clinical manifestations of Behçet's disease Scandinavian Journal of Rheumatology. 2017.09; 46 (5): 381-387.

  • Takashi Ode, Katarzyna A Podyma-Inoue, Kazue Terasawa, Jin-Ichi Inokuchi, Toshihide Kobayashi, Tetsuro Watabe, Yuichi Izumi, Miki Hara-Yokoyama. PDMP, a ceramide analogue, acts as an inhibitor of mTORC1 by inducing its translocation from lysosome to endoplasmic reticulum. Exp. Cell Res.. 2017.01; 350 (1): 103-114. ( PubMed, DOI )

  • Katarzyna A Podyma-Inoue, Takuya Moriwaki, Anupama R Rajapakshe, Kazue Terasawa, Miki Hara-Yokoyama. Characterization of Heparan Sulfate Proteoglycan-positive Recycling Endosomes Isolated from Glioma Cells. Cancer Genomics Proteomics. 2016.12; 13 (6): 443-452. ( PubMed )

  • Kazue Terasawa, Yuri Tomabechi, Mariko Ikeda, Haruhiko Ehara, Mutsuko Kukimoto-Niino, Motoaki Wakiyama, Katarzyna A Podyma-Inoue, Anupama R Rajapakshe, Tetsuro Watabe, Mikako Shirouzu, Miki Hara-Yokoyama. Lysosome-associated membrane proteins-1 and -2 (LAMP-1 and LAMP-2) assemble via distinct modes. Biochem. Biophys. Res. Commun.. 2016.10; 479 (3): 489-495. ( PubMed, DOI )

  • Kazue Terasawa, Anupama R Rajapakshe, Katarzyna A Podyma-Inoue, Chiemi Mishima-Tsumagari, Masaki Yanagishita, Miki Hara-Yokoyama. Preferential recognition of isocitrate dehydrogenase by a rabbit monoclonal antibody (ab124797) against the C-terminal peptide of RANKL. J. Immunol. Methods. 2015.05; 420 1-10. ( PubMed, DOI )

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 寺澤 和恵、草野 清輔、横山 茂之、渡部 徹郎、横山 三紀. 二つのb-プリズムドメインをもつLAMP-1, LAMP-2は異なるアセンブリ形式を示す. 第37回日本糖質学会年会 2018.08.29 仙台

  • 横山三紀、市野瀬志津子、石井久美子、栗原秀剛、市野瀬省三、只野—有冨桂子、多田昇弘、寺澤和恵、井上カタジナアンナ、小林俊秀、古川鋼一、柳下正樹、岩渕和久. 極長鎖高度不飽和脂肪酸を含む糖脂質は血液精巣関門のリモデリングに必要である. 第87回日本生化学会大会 2014.10.17 京都

  • Katarzyna A. Inoue, Kazuki Takahashi, Takumi Matsuda, Yasuhiro Yoshimatsu, Miki Yokoyama and Tetsuro Watabe. Exosomes secreted by oral squamous carcinoma cells undergoing TGF-β-induced epithelial to mesenchymal transition. ConBio2017 2017.12.06 神戸市

  • 横山 三紀、大出 貴資、寺澤 和恵、井上 カタジナ アンナ、井ノ口 仁一、渡部 徹郎. セラミドアナログPDMPはmTORC1の細胞内局在をリソソームから小胞体に変化させることによりmTORC1を阻害する. 第12回スフィンゴテラピィ研究会 2017.07.16

  • 横山 三紀、大出 貴資、寺澤 和恵、井上 カタジナ アンナ、井ノ口 仁一、渡部 徹郎. セラミドアナログPDMPはmTORC1の細胞内局在をリソソームから小胞体に変化させることによりmTORC1を阻害する. 第59回 日本脂質生化学会 2017.06.16 京都

全件表示 >>

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 細胞機能の分子的基盤