基本情報

写真a

笛木 賢治(フエキ ケンジ)

FUEKI Kenji


職名

准教授

研究室住所

東京都文京区湯島1-5-45

研究室電話番号

03-5803-5514

研究室FAX番号

03-5803-5514

メールアドレス

メールによる問い合わせは《こちら》から

ホームページ

http://www.tmd.ac.jp/pro/index.html

研究分野・キーワード

部分床義歯

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  歯学部  歯学科  1993年  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  歯学研究科  歯科補綴学  博士課程  1997年03月  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 歯学博士  東京医科歯科大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2013年10月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 口腔機能再構築学講座 部分床義歯補綴学 准教授
  • 2018年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 口腔機能再構築学講座 部分床義歯補綴学 准教授

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 口腔病学会

  • 日本補綴歯科学会

  • 日本咀嚼学会

  • 日本顎顔面補綴学会

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2013年
    -
    現在
    日本補綴歯科学会 代議員
  • 2017年07月
    -
    現在
    日本補綴歯科学会 学術委員会
  • 2013年05月
    -
    2017年06月
    日本補綴歯科学会 JPR編集委員
  • 2011年04月
    -
    2013年04月
    日本補綴歯科学会 診療ガイドライン委員
  • 2009年03月
    -
    2011年04月
    日本補綴歯科学会 国際渉外委員

全件表示 >>

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 補綴・理工系歯学

資格、免許 【 表示 / 非表示

  • 歯科医師

  • 日本補綴歯科学会指導医

  • 日本補綴歯科学会専門医

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • ノンメタルクラスプデンチャーの有効性に関するランダム化比較研究,2015年 - 2019年

  • ポリエステル共重合体を用いた部分床義歯の有効性についてのアウトカムリサーチ,2011年 - 2013年

  • 短縮歯列への補綴介入に関するマルチセンター・リサーチ,2008年 - 2010年

  • 部分床義歯装着者の咀嚼能力と口腔関連QOLの関連,2007年 - 2008年

  • インプラント補綴装置による口腔機能回復,2005年03月 - 2006年03月

全件表示 >>

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Masahiro Hirasawa, Chiaki Tsutsumi-Arai, Kensuke Takakusaki, Toyohisa Oya, Kenji Fueki, Noriyuki Wakabayashi. Superhydrophilic co-polymer coatings on denture surfaces reduce Candida albicans adhesion-An in vitro study. Arch. Oral Biol.. 2018.03; 87 143-150. ( PubMed, DOI )

  • Kensuke Takakusaki, Kenji Fueki, Chiaki Tsutsumi, Yusuke Tsutsumi, Naohiko Iwasaki, Takao Hanawa, Hidekazu Takahashi, Kazuo Takakuda, Noriyuki Wakabayashi. Effect of incorporation of surface pre-reacted glass ionomer filler in tissue conditioner on the inhibition of Candida albicans adhesion. Dent Mater J. 2018.02; ( PubMed, DOI )

  • Y Inamochi, K Fueki, N Usui, M Taira, N Wakabayashi. Adaptive change in chewing-related brain activity while wearing a palatal plate: an functional magnetic resonance imaging study. J Oral Rehabil. 2017.10; 44 (10): 770-778. ( PubMed, DOI )

  • 笛木賢治,稲用友佳. ノンメタルクラスプデンチャーの臨床エビデンスに関するシステマチックレビュー 日補綴会誌. 2017.10; 9 (4): 297-302.

  • K Fueki, K Baba. Shortened dental arch and prosthetic effect on oral health-related quality of life: a systematic review and meta-analysis. J Oral Rehabil. 2017.07; 44 (7): 563-572. ( PubMed, DOI )

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 歯科衛生士教本 咀嚼障害・咬合異常1 歯科補綴. 医歯薬出版, 2009 (ISBN : 978-4-263-42822-)

  • 大山喬史,佐藤雅之,西山 暁,馬場一美, 秀島雅之,笛木賢治,山崎真由美,若林則之. パーシャルデンチャーアトラス デザインの理論と臨床 遊離端義歯を中心に. 2005 (ISBN : 4-263-44202-4)

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 葉山博工,笛木賢治,和達重郎,若林則幸. 口腔内スキャナを用いた下顎部分歯列欠損模型における光学印象の真度. 日本補綴歯科学会 東京支部第21回学術大会 2017.12.03 東京

  • 鍋島 玄, 笛木賢治, 稲用友佳, 若林則之. 補綴治療と共に行う栄養指導が部分歯列欠損患者の食事摂取に与える影響. 口腔病学会 2017.11.20 東京医科歯科大学

  • 平澤正洋, 堤千明, 高草木謙介, 里村一人, 笛木賢治, 若林則幸. 超親水性ポリマーをコーティングした義歯床用レジンのC.albicans付着抑制効果.. 第100回日本細菌学会関東支部総会 2017.09.28

  • 葉山博工,笛木賢治,和達重郎,若林則幸.. 口腔内スキャナを用いた下顎部分歯列欠損模型における光学印象の繰り返し精度比較. 日本補綴歯科学会 第126回学術大会 2017.07.01 横浜

  • 稲用友佳,笛木賢治,臼井信男,若林則幸. 口蓋床装着による口腔内環境の変化が健常者の口腔機能と咀嚼時の脳活動に及ぼす影響. 日本補綴歯科学会 第126回学術大会 2017.07.01 横浜

全件表示 >>

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • デンツプライ賞,日本補綴歯科学会,2016年07月

  • 東京医科歯科大学歯学研究奨励賞,東京医科歯科大学,2016年01月

  • デンツプライ賞,日本補綴歯科学会,2014年05月

  • 日本補綴歯科学会 奨励論文賞,2007年

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 研究実習,2015年 - 現在

  • ケーススタディ,2015年 - 現在

  • 咬合回復基礎,2013年 - 現在

  • 部分床義歯工学,2013年 - 現在

  • 部分床義歯学,2011年 - 現在

教育上の能力に関する事項 【 表示 / 非表示

  • 歯科衛生士教本,2009年04月 - 現在

職務上の実績に関する事項 【 表示 / 非表示

  • 歯科技工部運営委員,2013年04月 - 現在

  • 歯学部倫理審査委員会ピアレビュー委員,2012年04月 - 現在

  • セカンドオピニオン運営委員,2011年04月 - 現在

  • 歯学部附属病院義歯外来医長,2011年03月 - 2013年03月