基本情報

写真a

三條 伸夫(サンジョウ ノブオ)

SANJO Nobuo


職名

特任教授

研究室住所

東京都文京区湯島1-5-45 東京医科歯科大学医学部附属病院

研究室電話番号

03-5803-5234

研究室FAX番号

03-5803-0169

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  医学部  医学科  1990年03月  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  医学系研究科  内科学系神経内科学  博士課程  1998年03月  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学)  東京医科歯科大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2016年08月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 認知行動医学講座 脳神経病態学 プロジェクト教授
  • 2016年04月
    -
    2016年07月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 認知行動医学講座 脳神経病態学 准教授
  • 2011年02月
    -
    2016年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 認知行動医学講座 脳神経病態学 講師
  • 2004年11月
    -
    2011年01月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 認知行動医学講座 脳神経機能外科学 助教
  • 2001年10月
    -
    2002年04月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 認知行動医学講座 脳神経病態学 助教

全件表示 >>

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 2002年04月
    -
    2004年10月
    トロント大学 神経変性疾患研究センター ポストドクトラルフェロー
  • 1999年04月
    -
    2001年09月
    埼玉総合リハビリテーションセンター 内科 医長
  • 1998年06月
    -
    2001年10月
    東京都神経科学総合研究所 神経病理学研究部門 非常勤研究員
  • 1998年04月
    -
    1999年03月
    埼玉総合リハビリテーションセンター 内科 医員(医病)
  • 1993年06月
    -
    1994年03月
    鹿教湯病院 内科 医員(医病)

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本内科学会

  • 日本神経学会

  • 日本認知症学会

  • 日本リハビリテーション医学会

  • 日本神経治療学会

全件表示 >>

委員歴 【 表示 / 非表示

  • CJDサーベイランス委員
  • 2014年12月
    -
    現在
    PMLサーベイランス委員
  • アジア太平洋プリオン研究会(APSPR) 理事
  • 日本神経治療学会 評議員
  • "Journal of Alzheimer's Disease" Associate editor

全件表示 >>

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 神経内科学

資格、免許 【 表示 / 非表示

  • 医師

  • 日本認知症学会専門医・指導医

  • 日本神経学会専門医・指導医

  • 日本内科学会認定医・指導医

 

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Yoko Ito, Nobuo Sanjo, Masaki Hizume, Atsushi Kobayashi, Tetsuya Ohgami, Katsuya Satoh, Tsuyoshi Hamaguchi Masahito Yamada, Tetsuyuki Kitamoto, Hidehiro Mizusawa, Takanori Yokota. Biochemical features of genetic Creutzfeldt-Jakob disease with valine-to-isoleucine substitution at codon 180 on the prion protein gene. Biochemical and Biophysical Research Communications. 2018.02; 496 (4): 1055-1061. ( PubMed, DOI )

  • Masaaki Niino,Toshiyuki Fukazawa,Jun-ichi Kira,Tatsusada Okuno,Masahiro Mori,Nobuo Sanjo,Takashi Ohashi,Hiroaki Fukaura,Juichi Fujimori,Yuko Shimizu,Nobuhiro Mifune,Yusei Miyazaki,Eri Takahashi,Seiji Kikuchi,Dawn Langdon,Ralph HB Benedict,Makoto Matsui. Validation of the Brief International Cognitive Assessment for Multiple Sclerosis in Japan. Multiple Sclerosis Journal. 2017.12; 26 (3): 4. ( PubMed, DOI )

  • 三條伸夫、宍戸-原由紀子、三浦義治. PMLの基礎疾患の多様性:医原性を含めて 神経内科 2017、特集Ⅰ/進行性多巣性白質脳症(PML)診療の進歩. 2017.10; 87 (4): 365-371.

  • Hiroaki Yokote,Tomoyuki Kamata,Nobuo Sanjo,Takanori Yokota. Serum retinol levels are associated with brain volume loss in patients with multiple sclerosis. Multiple Sclerosis Journal 2017. 2017.07; 3 (3): ( DOI )

  • Maya Higuma,Nobuo Sanjo,Hiroshi Mitoma,Mitsuru Yoneyama,Takanori Yokota. Whole-day gait monitoring in patients with Alzheimer's disease: a relationship between attention and gait cycle. Journal of Alzheimer's Disease Reports 2017 . 2017.07; 1 (1): 1-8. ( DOI )

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 三條伸夫. 神経内科Clinical Questions & Pearls「中枢脱髄性疾患」. 中外医学社, 2018.02 Ⅷ. 対症療法、8. 排尿障害・排便障害(尿失禁・便失禁を含む)の治療はどうするのでしょうか (ISBN : 978-4-498-32800-6)

  • 三條伸夫. アルツハイマー病 認知症疾患 臨床医のための実践ガイド. 朝倉書店, 2017.11 慢性外傷性脳症

  • 三條伸夫. アルツハイマー病 認知症疾患 臨床医のための実践ガイド. 朝倉書店, 2017.11 Creutzfeldt-Jakob病. (ISBN : 978-4-254-32257-6)

  • 樋口輝彦,市川宏伸,神庭重信,朝田隆,中込和幸,古川迪子,三條伸夫 他. 今日の精神疾患治療指針 第2版. 医学書院, 2016.10 13章.器質性精神障害 (ISBN : 978-4-260-02484-6)

  • 三條伸夫,水澤英洋. シリーズ《アクチュアル 脳・神経疾患の臨床》神経感染症を究める. 中山書店, 2014.12 プリオン病. 付録2. 感染症関連ガイドラインと使用上の注意.

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 三條伸夫. 教育コース21;役に立つ神経感染症の知識「プリオン病の診断と治療」. 第59回 日本神経学会学術大会、教育プログラム 2018.05.26 札幌

  • 三浦義治、阿江竜介、高橋和也、浜口毅、中道一生、西條政幸、高橋健太、鈴木忠樹、宍戸ー原由紀子、松村謙、石橋賢士、三條伸夫、雪竹基弘、岸田修二、中村好一、野村恭一、水澤英洋、山田正仁. 本邦における進行性多巣性白質脳症(PML)サーベイランスの現状と報告. 第59回 日本神経学会学術大会 2018.05.25 札幌

  • 飯嶋真秀、三條伸夫、西田陽一郎、鈴木基弘、横田隆徳. CIDPにおける Cyclosporine A による IVIg 投与間隔の延長効果の検討. 第35回 日本神経治療学会総会 2017.11.16 大宮

  • Tadashi Tsukamoto,Nobuo Sanjo,Tsuyoshi Hamaguchi,Yoshikazu Nakamura,Tetsuyuki Kitamoto,Masahito Yamada,Hidehiro Mizusawa,and Prion Disease Surveillance Committee, Japan. Analysis of cases in which prion disease was denied by the Prion disease Surveillance Committee in Japan in 2016.. Asia Pacific Prion Symposium 2017.10.20 Melbourne,Australia

  • Fumiko Furukawa,Ryusuke Ae,Yoshikazu Nakamura,Tsuyoshi Hamaguchi,Masahito Yamada,Tadashi Tsukamoto,Hidehiro Mizusawa,Takanori Yokota,Nobuo Sanjo. Analysis of clinical features of patients with lower limb muscle weakness in GSS with P102L mutation.. Asia Pacific Prion Symposium 2017.10.20 Melbourne,Australia

全件表示 >>

その他業績 【 表示 / 非表示

  • LS-40「レビー小体病の画像診断を考える」,2018年05月

    座長、ランチョンセミナー;第59回 日本神経学会学術大会、札幌、2018年5月26日

  • LM-07-1「プリオン病オーバービュー」,2018年05月

    オーガナイザー/司会、レクチャーマラソン07;第59回 日本神経学会学術大会、札幌、2018年5月25日

  • pj-073-1〜7「神経感染症(プリオン病)」,2018年05月

    座長、ポスターセッション;第59回 日本神経学会学術大会、札幌、2018年5月25日

  • Prion-like phenomena and prion pathogenesis,2017年10月

    Chairman,Asia Pacific Prion Symposium 2017,Melbourne,October 20-21, 2017

  • 医学生・研修医セッション2,2016年09月

    座長,第28回 日本神経免疫学会 学術大会.長崎,9月30日,2016

全件表示 >>

 

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 致死性家族不眠症とゲルストマン・ストロイスラー・シャインカー病の概論,メディカルノート,メディカルノート,2017年11月13日