基本情報

写真a

森 弘樹(モリ ヒロキ)

MORI Hiroki


職名

教授

研究室住所

東京都文京区湯島1-5-45

研究室電話番号

03-5803-5920

研究室FAX番号

03-5803-0219

メールアドレス

moriplas@tmd.ac.jp

研究分野・キーワード

乳房再建, 顎顔面外科, 皮膚悪性腫瘍

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  医学部  1993年  卒業

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 医学博士  東京医科歯科大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 1993年05月
    -
    1995年05月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 診療科 感覚・皮膚・運動機能診療部門 皮膚科 臨床研修医
  • 1995年06月
     
     
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 診療科 感覚・皮膚・運動機能診療部門 皮膚科 医員(医病)
  • 1999年07月
    -
    2001年12月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 診療科 感覚・皮膚・運動機能診療部門 形成・美容外科 医員(医病)
  • 2002年01月
    -
    2007年03月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 診療科 感覚・皮膚・運動機能診療部門 形成・美容外科 助手
  • 2007年04月
    -
    2007年09月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 顎顔面頸部機能再建学講座 形成・再建外科学 助教

全件表示 >>

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 1995年07月
    -
    1996年03月
    東京医療生活協同組合中野総合病院形成外科 医師
  • 1996年04月
    -
    1996年06月
    佐久市立国保浅間総合病院形成外科 医師
  • 1996年07月
    -
    1997年03月
    北海道大学医学部附属病院形成外科 医員
  • 1997年04月
    -
    1998年06月
    市立札幌病院形成外科 医師
  • 1998年07月
    -
    1999年06月
    佐久市立国保浅間総合病院形成外科 医師

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本形成外科学会(評議員、専門医、皮膚腫瘍外科指導専門医、小児形成外科指導専門医)

  • 国際形成外科学会

  • 日本頭蓋顎顔面外科学会(専門医)

  • 日本乳癌学会

  • 日本皮膚悪性腫瘍学会

全件表示 >>

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2009年07月
    -
    2017年03月
    日本形成外科学会 渉外広報担当委員
  • 2013年06月
    -
    現在
    日本形成外科学会 評議員
  • 2014年10月
    -
    現在
    日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会 評議員
  • 2015年06月
    -
    現在
    日本形成外科学会 機関誌編集委員
  • 2015年12月
    -
    現在
    日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会 研究企画委員

全件表示 >>

資格、免許 【 表示 / 非表示

  • 医師

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 皮膚・神経相互作用におけるTRPチャネルとミッドカインの役割の解明 ,2018年04月 - 現在

  • 脱神経皮弁における神経再生の機序の解明 –皮膚からのシグナルに着目して-,2015年04月 - 2018年03月

  • 非創傷部位への陰圧療法の可能性を探る 末梢神経再生・移植脂肪生着増加を目指して,2012年04月 - 2015年03月

  • レチノイドの臨床試験,2010年 - 2011年

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 皮膚・神経相互作用におけるTRPチャネルとミッドカインの役割の解明

    文部科学省/日本学術振興会 : 2018年 - 2020年

  • 脱神経皮弁における神経再生の機序の解明 -皮膚からのシグナルに着目して-

    文部科学省/日本学術振興会 : 2015年 - 2017年

  • 非創傷部位への陰圧療法の可能性を探る 末梢神経再生・移植脂肪生着増加を目指して

    文部科学省/日本学術振興会 : 2012年 - 2014年

  • ナノスペクトCTを用いた、筋弁・脂肪弁における血流と体積の経時的変化の定量

    文部科学省/日本学術振興会 : 2012年 - 2014年

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Higashino T, Okazaki M, Mori H, Yamaguchi K, Akita K. Microanatomy of Sensory Nerves in the Upper Eyelid: A Cadaveric Anatomical Study PLASTIC AND RECONSTRUCTIVE SURGERY. 2018.08; 142 (2): 345-353. ( PubMed, DOI )

  • 坪井憲司, 森 弘樹, 植村法子, 岡崎 睦. 工夫! 埋没引き込み縫合法の一工夫 形成外科. 2018.04; 61 (4): 476-480. ( 医中誌 )

  • 森 弘樹. 【ベーシック&アドバンス 皮弁テクニック】 広背筋皮弁 PEPARS. 2018.03; (135): 58-63. ( 医中誌 )

  • Mori H,Uemura N,Koga H,Okazaki M. Objective assessment of reconstructed breast hardness using a durometer. Breast Cancer. 2018.01; 25 (1): 81-85. ( PubMed, DOI )

  • 伊方敏勝, 森 弘樹, 西村祐紀, 坂本佳奈, 原田 美穂, 増口信一, 尹浩信, 岡崎 睦. 2灯撮影における顔面正面像の最適な撮影条件の検討 形成外科. 2017.11; 60 (11): 1313-1320. ( 医中誌 )

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 岡崎 睦. 外傷処理・小手技の技&Tips. . メジカルビュー社, 2016.06 創処置、部位によってゴールデンタイムは異なる, 耳介外傷はまず耳輪をしっかり合わせる, テープ固定が不適当な部位 (ISBN : 978-4-7583-1370-4)

  • 波利井清紀(監修), 矢野健二(編著). 乳房・乳頭の再建と整容:最近の進歩. 第2版. 克誠堂出版, 2010.04 皮下乳腺全摘と自家組織移植による乳房再建. (ISBN : 978-4-7719-0366-1)

  • 森 弘樹. QOLを考慮した乳房再建術の適応と術式を報告 ~SSM/NSM後の一期再建術~ 乳腺外科と形成外科の協力で優れた成績. . Medical Tribune, 2009.07

  • 山本有平(編集). 形成外科医に必要な皮膚腫瘍の診断と治療.. 文光堂, 2009.04 霰粒腫: chalazion., 眼瞼黄色種:xanthelasma palpebrarum. (ISBN : 978-4-8306-2630-2)

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 森 弘樹. 私の軌跡とこれから-形成外科診療班から形成・再建外科学分野へ続く道-. 第3回湯島皮膚科談話会 2018.12.15 千代田区

  • 森 弘樹. 東京医科歯科大学形成外科教授選考セミナー2018. 第37回北大形成外科アカデミー 2018.12.08 札幌市

  • 森 弘樹. 乳腺外科とのハーモニーで成り立つ乳房再建-90年代から一次再建を始めた施設での経験-. 福島乳房再建セミナー 2018.12.05 福島市

  • 森 弘樹. 私の乳房再建史-90年代から同時再建を手がけてきた施設での経験-. 第7回EBIS Meeting 2018.12.01 大阪市

  • 森 弘樹,中川剛士,小田剛史. NSM/SSMの局所再発と対策ー形成外科医の立場からー. 第6回日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会 2018.09.20 大阪市

全件表示 >>

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 平成28年度学術奨励賞,2017年04月

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 形成外科学、Clinical clerkship