基本情報

写真a

澁谷 浩司(シブヤ ヒロシ)

SHIBUYA Hiroshi


職名

教授

メールアドレス

shibuya.mcb@mri.tmd.ac.jp

ホームページ

http://www.tmd.ac.jp/mri/mri-mcb/index_j.html

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 筑波大学  第二学群  農林学類  1983年03月  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 筑波大学  環境科学研究科  修士課程  1985年03月  修了

  • 大阪大学  理学研究科  博士課程  1990年03月  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(理学)  

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2000年09月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 難治疾患研究所 先端分子医学研究部門 分子細胞生物学 教授
  • 2014年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 生命理工学系専攻 生命理工学講座 分子細胞生物学 教授
  • 2017年04月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 役職員 副理事
  • 2018年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 役職員 副学長

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 1985年04月
    -
    1994年07月
    日本ベーリンガーインゲルハイム株式会社 川西医薬研究所分子生物学研究部 研究員
  • 1994年08月
    -
    1997年06月
    北海道大学 薬学部 助教授
  • 1997年07月
    -
    2000年08月
    岡崎国立共同研究機構 基礎生物学研究所  助教授

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本分子生物学会

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2017年04月
    -
    2018年11月
    日本分子生物学会 第41回日本分子生物学会年会組織委員長
 

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • WNK-Wntシグナルによる神経分化制御機構の解明

    文部科学省/日本学術振興会 : 2018年 - 2020年

  • WNKシグナルによる発生制御機構の解明

    文部科学省/日本学術振興会 : 2011年 - 2013年

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Sato A, Shibuya H.. Glycogen synthase kinase 3ß functions as a positive effector in the WNK signaling pathway. PLoS One. 2018.03; 13 e0193204.

  • Toshiyasu Goto, Junhei Matsuzawa, Shun-Ichiro Iemura, Tohru Natsume, Hiroshi Shibuya. WDR26 is a new partner of Axin1 in the canonical Wnt signaling pathway. FEBS Lett.. 2016.05; 590 (9): 1291-1303. ( PubMed, DOI )

  • Takashi Fukuzono, Strahil Iv Pastuhov, Okinobu Fukushima, Chun Li, Ayuna Hattori, Shun-Ichiro Iemura, Tohru Natsume, Hiroshi Shibuya, Hiroshi Hanafusa, Kunihiro Matsumoto, Naoki Hisamoto. Chaperone complex BAG2-HSC70 regulates localization of Caenorhabditis elegans leucine-rich repeat kinase LRK-1 to the Golgi. Genes Cells. 2016.04; 21 (4): 311-324. ( PubMed, DOI )

  • Isao Kii, Yuto Sumida, Toshiyasu Goto, Rie Sonamoto, Yukiko Okuno, Suguru Yoshida, Tomoe Kato-Sumida, Yuka Koike, Minako Abe, Yosuke Nonaka, Teikichi Ikura, Nobutoshi Ito, Hiroshi Shibuya, Takamitsu Hosoya, Masatoshi Hagiwara. Selective inhibition of the kinase DYRK1A by targeting its folding process. Nat Commun. 2016; 7 11391. ( PubMed, DOI )

  • Nobuyuki Shimizu, Shizuka Ishitani, Atsushi Sato, Hiroshi Shibuya, Tohru Ishitani. Hipk2 and PP1c cooperate to maintain Dvl protein levels required for Wnt signal transduction. Cell Rep. 2014.09; 8 (5): 1391-1404. ( PubMed, DOI )

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 佐藤淳、澁谷浩司. GSK3b fuctions as a positive effector in WNK signaling pathway. 第41回日本分子生物学会年会 2018.11.28

  • 佐藤淳、澁谷浩司. GSK3bはWNKシグナル伝達経路の正の制御因子として機能する. ConBio2017 2017.12.07 神戸

  • 後藤利保、佐藤淳、足立俊吾、家村俊一郎、夏目徹、澁谷浩司. beta-cateninの分解におけるWDR26の機能解析. 第11回日本ツメガエル研究集会 2017.09.07 宮崎県えびの市

  • 後藤利保、松澤純平、家村俊一郎、夏目徹、澁谷浩司. WDR26によるbeta-cateninの分解機構の解析. 第39回日本分子生物学会年会 2016.11.30

  • 後藤利保、松澤純平、家村俊一郎、夏目徹、澁谷浩司. WDR26 is a new patner of Axin1 in canonical Wnt signaling Pathway.. 第38回日本分子生物学会年会 2015.12

全件表示 >>

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 細胞生物学特論

  • 生命科学特論II

  • 分子細胞生物学演習

  • 細胞機能調節学特論・演習

  • 医歯学総合概論

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 非哺乳類を用いた基礎研究,株式会社 医学書院,週刊医学界新聞 /WEB版,2018年08月23日