基本情報

写真a

木村 彰方(キムラ アキノリ)

KIMURA Akinori


職名

教授

生年

1953年

研究室住所

東京都文京区湯島1−5−45

研究室電話番号

03-5803-4905

研究室FAX番号

03-5803-4907

メールアドレス

メールによる問い合わせは《こちら》から

ホームページ

http://www.tmd.ac.jp/mri/mri-mpath/index_j.html

研究分野・キーワード

心筋症, 不整脈, ゲノム医学, 人類遺伝学, 遺伝子診断, ゲノム多様性, 心筋梗塞, HIV/AIDS, 動脈硬化, 自己免疫疾患, HLA

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 九州大学  医学部  1978年03月  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 九州大学  医学研究科  内科系  博士課程  1983年  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 医学博士  九州大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 1995年03月
    -
    2019年03月
    東京医科歯科大学 難治疾患研究所 難治病態研究部門 分子病態分野 教授
  • 2000年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 先端医療開発学講座 遺伝制御学 教授
  • 2008年04月
    -
    2017年03月
    東京医科歯科大学 副学長
  • 2017年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 特命副学長
  • 2019年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 難治疾患研究所 教授

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 1983年4月 九州大学医学部付属遺伝情報実験施設 助手に採用
  • 1983年5月 九州大学生体防御医学研究所 助手に配置換え
  • 1983年9月 パリ・パスツール研究所 留学(1984年10月より同上休職)
  • 1986年3月 同上より帰国、復職
  • 1992年4月 九州大学生体防御医学研究所 助教授に昇任

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本組織適合性学会

  • 日本人類遺伝学会

  • 日本循環器学会

  • 日本移植学会

  • 国際組織適合性会議

全件表示 >>

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 日本組織適合性学会 理事、評議員
  • 日本人類遺伝学会 評議員
  • 日本循環器学会 評議員
  • 国際組織適合性会議 評議員
  • 日本血管生物医学会 評議員

全件表示 >>

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 人類遺伝学

資格、免許 【 表示 / 非表示

  • 医師

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • Genome Medicine,1995年

  • 1)難治性循環器疾患(心筋症、不整脈、冠動脈硬化)の病因・病態解明、2)感染症・免疫関連疾患(AIDS、自己免疫疾患)の病因・病態解明、3)ヒトゲノム多様性の進化学的意義,1995年

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 心筋症の遺伝的病因に基づく新規予防、治療法の開発

    文部科学省/日本学術振興会 : 2017年 - 2019年

  • 心不全および不整脈病態形成に関わる遺伝子異常と発現異常の解明と治療戦略の開発

    文部科学省/日本学術振興会 : 2016年 - 2018年

  • NKレセプターリガンド群の機能多様性による免疫制御機構の解明

    文部科学省/日本学術振興会 : 2015年 - 2017年

  • IkBL分子機能に着目した新たな免疫・感染制御機序の解明とその応用

    文部科学省/日本学術振興会 : 2015年 - 2016年

  • 遺伝性心筋症の病因と病態形成機構の解明を基盤とした心不全治療・予防戦略の開発

    文部科学省/日本学術振興会 : 2014年 - 2016年

全件表示 >>

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Naruse Taeko K., Akari Hirofumi, Matano Tetsuro, Kimura Akinori. Diversity of ULBP5 in Old-World monkeys(Cercopithecidae) and divergence of the ULBP gene family in primates Proceedings of the Japan Academy Series B, Physical and Biological Sciences. 2018.12; 94 (10): 441-453. ( 医中誌 )

  • Inagaki Natsuko, Hayashi Takeharu, Takei Yasuyoshi, Tanimoto Kousuke, Chikamori Taishiro, Kimura Akinori. Clinical and genetic backgrounds of hypertrophic cardiomyopathy with mid-ventricular obstruction Journal of Human Genetics. 2018.12; 63 (12): 1273-1276. ( 医中誌 )

  • 木村 彰方. 【心不全(第2版)上-最新の基礎・臨床研究の進歩-】 心不全の基礎研究 病因遺伝子 心筋症の原因遺伝子異常 日本臨床. 2018.12; 76 (増刊9 心不全(上)): 391-399. ( 医中誌 )

  • Terao C, Yoshifuji H, Matsumura T, Naruse TK, Ishii T, Nakaoka Y, Kirino Y, Matsuo K, Origuchi T, Shimizu M, Maejima Y, Amiya E, Tamura N, Kawaguchi T, Takahashi M, Setoh K, Ohmura K, Watanabe R, Horita T, Atsumi T, Matsukura M, Miyata T, Kochi Y, Suda T, Tanemoto K, Meguro A, Okada Y, Ogimoto A, Yamamoto M, Takahashi H, Nakayamada S, Saito K, Kuwana M, Mizuki N, Tabara Y, Ueda A, Komuro I, Kimura A, Isobe M, Mimori T, Matsuda F. Genetic determinants and an epistasis of <i>LILRA3</i> and HLA-B*52 in Takayasu arteritis. Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America. 2018.11; ( PubMed, DOI )

  • Takahashi N, Matsuoka S, Thi Minh TT, Ba HP, Naruse TK, Kimura A, Shiino T, Kawana-Tachikawa A, Ishikawa K, Matano T, Nguyen Thi LA. Human leukocyte antigen-associated gag and nef polymorphisms in HIV-1 subtype A/E-infected individuals in Vietnam. Microbes and infection. 2018.10; ( PubMed, DOI )

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 成瀬妙子、大谷仁志、安健博、木村彰方. OAS1はHIV-1疾患感受性を制御する. 日本人類遺伝学会 第63回大会 2018.10.11 横浜

  • 木村彰方. 教育講演:HLAの基礎知識(認定制度試験問題の解説を中心に). 第27回 日本組織適合性学会大会 2018.09.23 松本

  • 木村彰方. 学会賞受賞講演:私とHLA. 第27回 日本組織適合性学会大会 2018.09.22 松本

  • 成瀬妙子、木村彰方. 抑制型NKレセプター(CD94/NKG2A)リガンドHLA-Eの疾患感受性解析. 第27回 日本組織適合性学会大会 2018.09.22 松本

  • 谷本幸介、成瀬妙子、木村彰方. 次世代シーケンサー(NGS)によるアカゲザルMHCクラスI遺伝子群新規アレル藍ピングの試み. 第27回 日本組織適合性学会大会 2018.09.22 松本

全件表示 >>

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 日本組織適合性学会賞,日本組織適合性学会,2019年09月

  • 日本人類遺伝学会賞,日本人類遺伝学会,2005年09月

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 「拡張型心筋症の原因変異が分子ばねタンパク質の発現に影響するしくみを解明」 モデルマウスによる病態解明と治療法開発へ前進 ―,2018年06月

    Scientific Reports

  • 「心不全と不整脈を来す心筋症の新たなモデルマウスを作製」 Rhoキナーゼ阻害剤による心不全治療の可能性を示唆 ―,2018年04月

    American Journal of Physiology-Heart and Circulation Physiology

  • 「炎症性腸疾患発症感受性が高い新たなモデルマウスを樹立」,2017年10月

    Scientific Reports

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 遺伝学(医学部保健衛生学科)

  • 歯科医療と遺伝疾患(歯学部歯学科)

  • 免疫学II(HLAと疾患)(医学部医学科)

担当授業科目(学外) 【 表示 / 非表示

  • 調節系ユニット(遺伝分野),埼玉医科大学

  • 免疫学(MHC),聖マリアンナ医科大学