基本情報

写真a

石川 欽也(イシカワ キンヤ)

ISHIKAWA Kinya


職名

教授

研究室住所

文京区湯島1-5-45 医学部附属病院 B棟16階 長寿健康人生推進センター

研究分野・キーワード

個別化先制医療

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 筑波大学  医学専門学群  医学科  1989年  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 筑波大学  医学研究科  博士課程  1996年  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 医学博士  

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 1999年04月
    -
    2002年05月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 診療科 脳・神経・精神診療部門 神経内科 助手
  • 2002年05月
    -
    2014年12月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 診療科 脳・神経・精神診療部門 神経内科 講師
  • 2015年01月
    -
    2016年02月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 教授
  • 1999年04月
    -
    2017年03月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 中央診療施設等 長寿・健康人生推進センター 教授
  • 2017年04月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 中央診療施設等 長寿・健康人生推進センター 教授

全件表示 >>

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 平成8年 筑波大学医学研究科大学院博士課程修了.
  • 平成8年12月から平成10年12月まで日本学術振興会特別研究員(DC2, PD).
  • 平成11年1月から同3月まで科学技術振興事業団(CREST)特別研究員.

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本内科学会、日本神経学会、日本神経病理学会、日本神経感染症学会、日本神経治療学会、日本人類遺伝学会、American Academy of Neurology, American Society of Human Genetics

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 日本内科学会、日本神経学会、日本神経病理学会、日本神経感染症学会、日本神経治療学会、日本人類遺伝学会、American Academy of Neurology, American Society of Human Genetics 日本神経学会評議員(代議員に改称)、日本神経病理学会評議員、日本神経感染症学会評議員

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 遺伝情報に基づいた個別化先制医療

  • 神経内科学

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • ゲノム情報などに基づいた個別化先制医療,2015年01月 - 現在

  • 神経疾患、特に脊髄小脳変性症を中心とした神経変性疾患の原因・病態・治療法の解明、臨床遺伝学、神経病理学,1992年

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • RNA-結合蛋白のバランス仮説に基づく神経疾患の病態・治療法探索

    文部科学省/日本学術振興会 : 2018年 - 2020年

  • 本邦における反復発作性運動失調症の実態把握調査研究

    厚生労働省 : 2017年04月 - 2019年03月

  • 運動失調症の医療基盤に関する調査研究

    厚生労働省 : 2017年03月 - 2020年03月

  • 運動失調症の医療基盤に関する調査研究

    厚生労働省 : 2016年04月 - 2017年03月

  • 変異RNAリピート分子が起こす神経変性疾患の病態解明

    文部科学省/日本学術振興会 : 2015年 - 2017年

全件表示 >>

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Kokoro Ozaki, Takashi Irioka, Kinya Ishikawa, Hidehiro Mizusawa. CADASIL with a Novel NOTCH3 Mutation (Cys478Tyr). J Stroke Cerebrovasc Dis. 2015.01; ( PubMed, DOI )

  • Kokoro Ozaki, Nobuo Sanjo, Kinya Ishikawa, Miwa Higashi, Takaaki Hattori, Naoyuki Tanuma, Rie Miyata, Masaharu Hayashi, Takanori Yokota, Atsushi Okawa, Hidehiro Mizusawa. Elevation of 8-hydroxy-2′-deoxyguanosine in the cerebrospinal fluid of three patients with superficial siderosis Neurology and Clinical Neuroscience. 2015; ( DOI )

  • Masato Obayashi, Giovanni Stevanin, Matthis Synofzik, Marie-Lorraine Monin, Charles Duyckaerts, Nozomu Sato, Nathalie Streichenberger, Alain Vighetto, Virginie Desestret, Christelle Tesson, H-Erich Wichmann, Thomas Illig, Johanna Huttenlocher, Yasushi Kita, Yuishin Izumi, Hidehiro Mizusawa, Ludger Schöls, Thomas Klopstock, Alexis Brice, Kinya Ishikawa, Alexandra Dürr. Spinocerebellar ataxia type 36 exists in diverse populations and can be caused by a short hexanucleotide GGCCTG repeat expansion. J. Neurol. Neurosurg. Psychiatr.. 2014.12; ( PubMed, DOI )

  • Chikara Yamashita, Hiroyuki Tomiyama, Manabu Funayama, Saeko Inamizu, Maya Ando, Yuanzhe Li, Hiroyo Yoshino, Takehisa Araki, Tadashi Ichikawa, Yoshiro Ehara, Kinya Ishikawa, Hidehiro Mizusawa, Nobutaka Hattori. Evaluation of polyglutamine repeats in autosomal dominant Parkinson's disease. Neurobiol. Aging. 2014.07; 35 (7): 1779.e17-1779.e21. ( PubMed, DOI )

  • Kiyobumi Ota, Masato Obayashi, Kokoro Ozaki, Shizuko Ichinose, Akiyoshi Kakita, Mari Tada, Hitoshi Takahashi, Noboru Ando, Yoshinobu Eishi, Hidehiro Mizusawa, Kinya Ishikawa. Relocation of p25α/tubulin polymerization promoting protein from the nucleus to the perinuclear cytoplasm in the oligodendroglia of sporadic and COQ2 mutant multiple system atrophy. Acta Neuropathol Commun. 2014; 2 136. ( PubMed, DOI )

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 小野大介,叶内 匡,三條伸夫,西田陽一郎,石川欽也,横田隆徳. 視神経脊髄炎・多発性硬化症の脊髄萎縮における体性感覚誘発電位. 第45回日本臨床神経生理学会学術大会 2015.11.05 大阪

特許 【 表示 / 非表示

  • 脊髄小脳失調症31型(SCA31)治療剤

    特許番号: 特許第6432023号

  • 脳機能評価システム及び脳機能評価システムの作動方法

    特許番号: 6218286

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 日本内科学会 若手研究奨励賞,2000年

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 「 異なる2つの神経難病、筋萎縮性側索硬化症と脊髄小脳変性症に共通した全く新しい治療標的を発見 」,2017年03月

    Neuron