基本情報

写真a

三隅 順子(ミスミ ジユンコ)

MISUMI Junko


職名

講師

研究室住所

文京区湯島1-5-45

研究室電話番号

03-5803-5357

ホームページ

http://www.tmd.ac.jp/gradh/rhn/rhnhp.htm

研究分野・キーワード

産婦、不安、夫婦関係、DV、SANE、性暴力、SART

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 千葉大学  看護学部  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 千葉大学  看護学研究科  博士課程  1996年03月  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 看護学博士  千葉大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 1999年01月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院保健衛生学研究科 看護先進科学専攻 臨床看護開発学講座 精神・人間発達看護学 リプロダクティブヘルス看護学 講師
  • 1996年04月
    -
    1998年12月
    東京医科歯科大学 医学部保健衛生学科看護学専攻基礎看護学分野 学内講師

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 長野赤十字病院 看護部 助産師
  • 1996年04月
    -
    1998年12月
    東京医科歯科大学 保健衛生学科 助手
  • 1999年01月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 保健衛生学研究科 講師

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本母性衛生学会

  • 日本母性看護学会

  • 日本フォレンジック看護学会

  • 日本子どもの虐待防止学会

  • 日本小児保健協会

全件表示 >>

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2004年
    -
    現在
    日本母性衛生学会 編集幹事
  • 2006年
    -
    現在
    日本母性看護学会 編集委員
  • 2014年08月
    -
    現在
    日本フォレンジック看護学会 監事
  • 2014年05月
    -
    現在
    NPO法人 性暴力救援センター・東京 理事
  • 2013年01月
    -
    現在
    NPO法人 Resilience 監事

全件表示 >>

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 臨床看護学

資格、免許 【 表示 / 非表示

  • 保健師

  • 助産師

  • 看護師

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • Development of Sexual Assault Nurse Examiner Program in Japan.

  • 日本版性暴力被害者支援チーム研修開発と看護師の調整能力促進,2014年04月 - 2018年03月

  • 助産師と産科医の双方向性協働尺度の開発と協働促進要因の探索,2014年04月 - 2016年03月

  • 冷蔵した母乳の食品としての安全性について,2014年04月 - 2016年03月

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 冷蔵保存した母乳の食品としての安全性について

    文部科学省/日本学術振興会 : 2014年 - 2015年

  • 助産師と産科医の双方向性協働尺度の開発と協働促進要因の探索

    文部科学省/日本学術振興会 : 2014年 - 2015年

  • 性暴力被害者に対する急性期看護ケアの実践モデルの開発

    文部科学省/日本学術振興会

  • 日本版性暴力被害者支援チーム研修開発と看護師の調整能力促進

    文部科学省/日本学術振興会

  • SANE-J(日本版性暴力被害者支援看護師)教育プログラムの開発

    文部科学省/日本学術振興会

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Maki Saito, Noriko Okubo, Aya Tezuka,Fumi Odagaki, Natsuko Hiroyama, Junko Misumi. Difficulties During Pregnancy for Foreign Resident Women in Japan Journal of Japanese Society for International Nursing Vol.1 No.1 2018. 2018.06; 1 (1):

  • Saito Maki, Okubo Noriko, Tezuka Aya, Odagaki Fumi, Hiroyama Natsuko, Misumi Junko. Difficulties During Pregnancy for Foreign Resident Women in Japan(和訳中) 日本国際看護学会誌. 2018.03; 1 (1): 1-12. ( 医中誌 )

  • 鈴木 由美子, 大久保 功子, 三隅 順子, 佐野 深雪, 勝又 里織, 森井 千鶴. 出産体験の記憶の探究 出産の記憶を想起するという経験の記述 日本看護科学学会学術集会講演集. 2017.12; 37回 [PE-63. ( 医中誌 )

  • 加納 尚美, 長江 美代子, 李 節子, 藤田 景子, 三隅 順子, 山田 典子. 性暴力対応チーム基礎および応用研修の評価 日本フォレンジック看護学会誌. 2017.09; 4 (1): 42. ( 医中誌 )

  • 三隅順子,山本潤,加納尚美,他. 日本のSANE研修講座の修了者における実態調査 日本フォレンジック看護学会誌. 2016.06; 2 (2): 83-91.

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 齋藤いずみ,大平光子,定方美恵子,長谷川ともみ,三隅順子. 看護学テキストNiCE 母性看護学Ⅰ 概論・ライフサイクル 改訂2. 2019.03

  • 齋藤いずみ,大平光子,定方美恵子,長谷川ともみ,三隅順子. 看護学テキストNiCE 母性看護学Ⅰ 概論・ライフサイクル 改訂1. 2018.03

  • 加納尚美,李節子,家吉望み,三隅順子,他 . フォレンジック看護 性暴力被害者支援の基本から実践まで. 医歯薬出版株式会社, 2016.08 第1編 フォレンジック看護学原論/2フォレンジック看護の専門家(SANE)とは (ISBN : 978-4-263-23678-9)

  • 三隅順子. 看護学テキストNiCE 家族看護学. 南江堂, 2015.12 配偶者からの暴力被害者の回復と新たな家族の再生 (ISBN : 978-4-524-25708-9)

  • 齋藤いずみ,定方美恵子,三隅順子,佐藤陽子,千場直美. 放送大学 改訂新版 母性看護学. NHK出版, 2014.06 7章 産褥期/8章 新生児期/9章 ハイリスク妊娠・分娩・産褥・新生児

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • Chizuru Sato, Noriko Okubo, Junko Misumi, Yumiko Suzuki . An evaluation of Flipped class in Undergraduate Nursing students. The 38th Annual conference of Japan Academy of Nursing Science 2018.12.16 Matsuyama, Ehime

  • Naomi Kanho, Nozomi Ieyoshi, Junko Misumi, Mari Yamanami, Setsuko Lee. Accomplishment and evaluation of SART (sexual assault response team) training program.. The All Together Better Health IX (ATBH IX) Conference 2018.09.04 Auckland University of Technology, Sir Paul Reeves Building, 2 Governor Fitzroy Place, Auckland, New Zeland

  • 三隅順子. 妊娠期からの夫婦への支援~子どもにとって家庭が安全基地となるために. 山形県市町村母子保健コーディネーター養成研修 2017.11.16 山形県山形市上柳 山形県立保健医療大学

  • 加納尚美,長江美代子,李節子,藤田景子,三隅順子,山田典子. 性暴力対応チーム基礎および応用研修の評価. 日本フォレンジック看護学会第4回学術集会(福岡看護大学) 2017.09.03 福岡看護大学

  • Miyuki Sano,Noriko Okubo,Ako Sakurai,Yumiko Suzuki,Saori Katsumata,Junko Misumi,Fumi Odakaki. Organizational Factors Facilitating Midwife-Obstetrician Collaboration . 31st Internationl midwifery confederation Triennial Congress 2017.06.20 Tronto CANADA

全件表示 >>

Works 【 表示 / 非表示

  • 性暴力被害者ワンストップ支援センターでの対応について,教材,性暴力被害者ワンストップ支援センターの新規支援者研修,2017年05月 - 現在

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 日本小児保健協会最優秀論文賞,日本小児保健協会,2016年06月

その他業績 【 表示 / 非表示

  • SANE養成,2019年02月

    性暴力被害者支援看護職の研修プログラムの企画運営実施
    (2007年度より年3回実施)

  • SART研修in札幌,2018年02月

    SART研修プログラムの実施と評価

  • 看護教育におけるフォレンジック(法)看護学の意義と学び方,2017年12月

    日本看護科学学会第37回学術集会(仙台) 交流集会

  • エセナ5新宿「身近な人が暴力にあったら~私たちにできること」,2017年11月

    身近な人が暴力にあったら・・・私たちにできること 公開連続5回講座実施
    (エセナ5シリーズ:2008太田,2009文京,2010世田谷,2012港,2013中野,2014太田,2015新宿),単発(2011,2012),10周年記念講演(2017/11/3)

  • 放送大学 母性看護学,2016年

    産褥期・新生児期・ハイリスク
    (2014年度~4年間)

全件表示 >>

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 母性看護Ⅰ、Ⅱ、Ⅲ,1999年 - 現在

  • 母性看護学演習,1999年 - 現在

  • 母性看護学実習,1999年 - 現在

  • 卒業論文Ⅰ、Ⅱ,1999年 - 現在

  • 大学院:リプロダクティブヘルス看護学特論A;性暴力に関わる講義2-4コマ,1999年 - 現在

担当授業科目(学外) 【 表示 / 非表示

  • 助産学概論Ⅰ 性暴力,千葉大学

  • 助産学概論 女性とパートナーへの看護,千葉県立保健医療大学看護学部

  • 母性看護学概論 女性への暴力と看護,城西国際大学看護学部

  • 母性看護学演習Ⅱ DV/虐待のハイリスク状態にある母子と家族のスクリーニングとその支援,自治医科大学大学院看護学研究科

  • 母性看護学特論 DV・性暴力被害者への看護支援,淑徳大学大学院看護学研究科

教育上の能力に関する事項 【 表示 / 非表示

  • 沐浴演習のためのDVD教材作成,2017年04月 - 2017年05月

職務上の実績に関する事項 【 表示 / 非表示

  • 保健衛生学科FD委員会,2018年06月 - 現在

  • 進路指導委員会委員,2017年04月 - 2018年03月

  • 学年担任,2015年01月 - 2018年03月

  • 実習小委員会委員,1996年04月 - 現在

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • SANE研修 講義&ワーク:性暴力被害女性への看護の実際,女性の安全と健康のための支援教育センター,SANE研修,東京有明医療大学,2004年04月01日 - 現在

  • SARC東京 新規支援員研修講座,SARC東京,江戸川グリーンパレス,2019年02月11日

  • 埼玉県ワンストップ支援センター支援員研修;SANEの制度について,埼玉県、埼玉県警察、(公社)埼玉犯罪被害者援助センター、埼玉県産婦人科医会,性暴力等被害者支援協定締結5周年記念行事 医療従事者のための性暴力被害支援セミナー,埼玉県県民健康センター1階大会議室AB(さいたま市浦和区仲町3-5-1) ,2018年10月21日

  • ワンストップ支援センター和歌山mine ボランティア養成研修,NPO法人 レジリエンス,和歌山性暴力被害者支援研修2018,和歌山県 和歌山ビッグ愛:〒640-8319 和歌山市手平2丁目1-2 ,2018年08月18日 - 2018年08月19日

  • 宮城登米産業高 性的自己決定権とコンセント,みやぎジョネット,宮城県内学校性教育,宮城県登米総合産業高等学校/福祉科,2018年07月19日

全件表示 >>