基本情報

写真a

杉原 健一(スギハラ ケンイチ)

SUGIHARA Kenichi


職名

特任教授

研究室住所

東京都文京区湯島1-5-45

研究室電話番号

03-5803-5261

研究室FAX番号

03-5803-0139

研究分野・キーワード

消化器外科,大腸癌,直腸癌,大腸疾患,肝切除,肝動注,化学療法

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東京大学  医学部  医学科  1974年  卒業

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 医学博士  東京大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 1900年01月
    -
    2016年02月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 器官システム制御学講座 腫瘍外科学 教授
  • 2014年05月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 特任教授
  • 2014年12月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 器官システム制御学講座 総合外科学 特任教授

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 大腸憩室疾患,大腸癌,大腸癌肝転移

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本外科学会

  • 日本消火器外科外科学会

  • 日本大腸肛門病学会

  • 日本成人病学会

  • 日本消火器病学会

全件表示 >>

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 日本外科学会 理事,評議員,指導医,専門医
  • 日本消火器外科外科学会 理事長,評議員,指導医,専門医
  • 日本大腸肛門病学会 評議員,指導医,専門医
  • 日本成人病学会 理事,評議員
  • 日本消火器病学会 評議員,指導医,関東地方会評議員

全件表示 >>

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 消化器外科学

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 肝転移の治療

  • 大腸癌化学療法

  • 大腸癌外科治療

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 全国がん登録と連携した臓器がん登録による大規模コホート研究の推進及び高質診療データベースの為のNCD長期予後入力システムの構築に関する研究

    厚生労働省 : 2016年04月 - 2017年03月

  • 全国がん登録と連携した臓器がん登録による大規模コホート研究の推進及び高質診療データベースの為のNCD長期予後入力システムの構築に関する研究

    厚生労働省 : 2015年04月 - 2018年03月

  • National Clinical Database(NCD)を用いた医療の質向上に関する研究

    厚生労働省 : 2014年04月 -

  • がん診療ガイドライン普及促進とその効果に関する研究及び同ガイドライン事業の在り方に関する研究

    厚生労働省

  • National Clinical Databaseを用いた医療資源の現状把握並びに適正配置に関する研究

    厚生労働省

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Yasuno M, Uetake H, Ishiguro M, Mizunuma N, Komori T, Miyata G, Shiomi A, Kagimura T, Sugihara K. mFOLFOX6 plus bevacizumab to treat liver-only metastases of colorectal cancer that are unsuitable for upfront resection (TRICC0808): a multicenter phase II trial comprising the final analysis for survival. Int. J. Clin. Oncol.. 2019.01; ( PubMed, DOI )

  • Kusumoto T, Ishiguro M, Nakatani E, Yoshida M, Inoue T, Nakamoto Y, Shiomi A, Takagane A, Sunami E, Shinozaki H, Takii Y, Maeda A, Ojima H, Hashida H, Mukaiya M, Yokoyama T, Nakamura M, Munemoto Y, Sugihara K. Updated 5-year survival and exploratory T x N subset analyses of ACTS-CC trial: a randomised controlled trial of S-1 versus tegafur-uracil/leucovorin as adjuvant chemotherapy for stage III colon cancer. ESMO Open. 2018.10; 3 (6): e000428. ( PubMed, DOI )

  • Matsuda C, Ishiguro M, Teramukai S, Kajiwara Y, Fujii S, Kinugasa Y, Nakamoto Y, Kotake M, Sakamoto Y, Kurachi K, Maeda A, Komori K, Tomita N, Shimada Y, Takahashi K, Kotake K, Watanabe M, Mochizuki H, Nakagawa Y, Sugihara K.. A randomised-controlled trial of 1-year adjuvant chemotherapy with oral tegafur-uracil versus surgery alone in stage II colon cancer: SACURA trial. Eur. J. Cancer. 2018.06; 96 54-63. ( PubMed, DOI )

  • Chu Matsuda,Megumi Ishiguro,Satoshi Teramukai,Yoshiki Kajiwara,Shoichi Fujiie,Yusuke Kinugasa,Yoshihiko Nakamoto,Masanori Kotake,Yoshiyuki Sakamoto,Kiyotaka Kurachi,Atsuyuki Maeda,Koji Komori,Naohiro Tomita,Yasuhiro Shimada Keiichi Takahashi,Kenjiro Kotake,Masahiko Watanabe,Hidetaka Mochizuki,Yoko Nakagawa,Kenichi Sugihara on behalf of the SAKURA Study Group. A randomised-controlled trial of 1-year adjuvant chemotherapy with oral tegafur-uracil versus surgery alone in stage II colon cancer: SACURA trial Eur J Cancer. 2018.06; 96 54-63. ( PubMed, DOI )

  • Tomoki Yamano, Shinichi Yamauchi, Kiyoshi Tsukamoto, Masafumi Noda, Masayoshi Kobayashi, Michiko Hamanaka, Akihito Babaya, Kei Kimura, Chihyon Son, Ayako Imada, Shino Tanaka, Masataka Ikeda, Naohiro Tomita, Kenichi Sugihara, . Evaluation of appropriate follow-up after curative surgery for patients with colorectal cancer using time to recurrence and survival after recurrence: a retrospective multicenter study. Oncotarget. 2018.05; 9 (39): 25474-25490. ( PubMed, DOI )

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 杉原健一、石黒めぐみ. 大腸がんを生きるガイド. 日経BP社, 2017.09

  • 杉原健一、山内慎一. 大腸悪性腫瘍(癌、リンパ腫、肉腫).内科学 [第11版]. 朝倉書店, 2017.03 大腸悪性腫瘍(癌、リンパ腫、肉腫)

  • 吉田元樹、石黒めぐみ、杉原健一. 〔ACTS-CC 試験〕UFT/LV療法 vs. S-1療法.大腸疾患NOW2017-2018. 2017.01

  • 梶原由規、上野秀樹、神藤英二、長谷和生、山内慎一、杉原健一. 切除可能な肝転移を有するStageⅣ大腸癌の予後規定因子に関する多施設共同研究.大腸疾患NOW2017-2018. 日本メディカルセンター, 2017.01

  • 山内慎一、杉原健一.. 大腸癌.病期・病態・重症度からみた 疾患別看護過程【第3版】. 医学書院, 2016.12

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 吉敷智和、正木忠彦、松岡弘芳、小嶋幸一郎、麻生喜祥、紅谷鮎美、阪本良弘、森俊幸、山内慎一、杉原健一、阿部展次. 大腸癌プレシジョン・メディシン導入の出発点として、左右結腸癌のStage別臨床病理学的相違の検討. 第119回日本外科学会学術集会 2019.04.20 大阪

  • 山内慎一、青柳康子、山本雄大、髙岡亜弓、織田福一郎、佐々木恵、三浦富之、馬場裕信、菊池章史、松山貴俊、岡崎聡、石黒めぐみ、石川敏昭、中島康晃、植竹宏之、小嶋一幸、田邉稔、絹笠祐介、杉原健一. 大腸癌における発症原発部位別の臨床的特徴. 第119回日本外科学会学術集会 2019.04.20 大阪

  • Shinichi Yamauchi, Yasuko Aoyagi, Yudai Yamamoto, Ayumi Takaoka, Hironobu Baba, Akifumi Kikuchi, Satoshi Okazaki, Takatoshi Matsuyama, Toshiaki Ishikawa, Yasuaki Nakajima, Kazuyuki Kojima, Hiroyuki Uetake, Yusuke Kinugasa, Kenichi Sugihara. Clinical significance of extended lateral lymph node dissection for patients with lower rectal cancer: A propensity score analysis in a multicenter retrospective study. SSO 2019 Annual Cancer Symposium (72nd Annual Cancer Symposium of the Society of Surgical Oncology) 2019.03.29 San Diego(USA)

  • 山内慎一、青柳康子、山本雄大、髙岡亜弓、織田福一郎、佐々木恵、三浦富之、馬場裕信、菊池章史、岡崎聡、松山貴俊、石黒めぐみ、石川敏昭、植竹宏之、絹笠祐介、杉原健一. 下部直腸癌根治手術後の再発に関する検討. 第73回日本大腸肛門病学会学術集会 2018.11.09 東京

  • 菊池章史、髙岡亜弓、織田福一郎、佐々木恵、三浦富之、山内慎一、松山貴俊、石黒めぐみ、石川敏昭、中島康晃、植竹宏之、小嶋一幸、絹笠祐介、杉原健一. 多施設症例集積データを用いた大腸同時性多発癌の臨床的検討. JDDW2018 (Japan Digestive Disease Week)第26回日本消化器関連学会週間 2018.11.03 神戸

全件表示 >>

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 大腸癌研究会優秀論文賞,2007年

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 小嶋一幸, 塩入裕子:【インタビュー】医薬最前線「胃がん」.,2014年10月

    月刊ことぶき 2014年10月号pp54-59掲載

  • 小嶋一幸:胃がん腹腔鏡下手術普及へ 独自の教育プログラム運営.,2014年04月

    夕刊フジ 2014年4月23日掲載

 

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • ブルーリボンキャラバン2019 in 東京~もっと知ってほしい「大腸がん」のこと~(市民公開講座),【共催】東京医科歯科大学医学部附属病院 腫瘍センター/消化器化学療法外科/大腸・肛門外科/大学院未来がん医療プロフェッショナル養成プラン/認定NPO法人キャンサーネットジャパン,東京医科歯科大学M&Dタワー 鈴木章夫記念講堂,2019年03月16日