基本情報

写真a

渡邉 守(ワタナベ マモル)

WATANABE Mamoru


職名

理事

ホームページ

http://www.tmd.ac.jp/grad/gast/index.html

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 慶應義塾大学  医学部  1979年  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 慶應義塾大学  医学研究科  博士課程  1984年  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 医学博士  慶應義塾大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2000年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 器官システム制御学講座 消化器病態学 教授
  • 2017年04月
    -
    2017年09月
    東京医科歯科大学 役職員 理事
  • 2017年10月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 役職員 理事

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本消化器病学会

  • 日本内科学会

  • 日本炎症性腸疾患学会

  • 日本消化器免疫学会

  • 日本小腸学会

全件表示 >>

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 日本消化器病学会 (前副理事長、第102回総会会長、2005−2011年Journal of Gastroenterology編集委員長)
  • 日本炎症性腸疾患学会 (理事長、第6回学術集会会長)
  • 日本消化器免疫学会 (理事長、第54回総会会長)
  • 日本小腸学会 (理事長)
  • 日本臨床免疫学会 (理事、第45回総会会長)

全件表示 >>

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 消化器内科学

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 炎症性腸疾患

  • 粘膜免疫

  • 腸上皮分化・再生

  • 再生医療

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 腸上皮化生を主眼とした消化器がんのスキルス化機構に関する研究

    文部科学省/日本学術振興会 : 2018年 - 2020年

  • 炎症性腸疾患発症過程の病態解析基盤樹立

    文部科学省/日本学術振興会 : 2018年 - 2020年

  • 肝線維化治療の標的分子同定にむけたヒトiPS細胞由来肝組織様オルガノイドの開発

    文部科学省/日本学術振興会 : 2018年 - 2020年

  • 肝前駆細胞と肝間葉系細胞との相互作用機構の解明と抗線維化療法標的分子の探索

    文部科学省/日本学術振興会 : 2018年 - 2020年

  • ユビキチン化蛋白の網羅的解析による炎症性発癌メカニズムの解明

    文部科学省/日本学術振興会 : 2017年 - 2019年

全件表示 >>

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Sayuri Nitta, Yasuhiro Asahina, Takanobu Kato, Jun Tsuchiya, Emi Inoue-Shinomiya, Ayako Sato, Tomoyuki Tsunoda, Masato Miyoshi, Fukiko Kawai-Kitahata, Miyako Murakawa, Yasuhiro Itsui, Mina Nakagawa, Seishin Azuma, Sei Kakinuma, Hayato Hikita, Tetsuo Takehara, Mamoru Watanabe. Impact of novel NS5A resistance-associated substitutions of hepatitis C virus detected in treatment-experienced patients. Sci Rep. 2019.04; 9 (1): 5722. ( PubMed, DOI )

  • Tomoyuki Tsunoda, Sei Kakinuma, Masato Miyoshi, Akihide Kamiya, Shun Kaneko, Ayako Sato, Jun Tsuchiya, Sayuri Nitta, Fukiko Kawai-Kitahata, Miyako Murakawa, Yasuhiro Itsui, Mina Nakagawa, Seishin Azuma, Tsuyoshi Sogo, Haruki Komatsu, Ryutaro Mukouchi, Ayano Inui, Tomoo Fujisawa, Hiromitsu Nakauchi, Yasuhiro Asahina, Mamoru Watanabe. Loss of Fibrocystin Promotes Interleukin-8-Dependent Proliferation and CTGF Production of Biliary Epithelium.[Epub ahead of print] J. Hepatol.. 2019.03; ( PubMed, DOI )

  • Masato Miyoshi, Sei Kakinuma, Akihide Kamiya, Tomoyuki Tsunoda, Jun Tsuchiya, Ayako Sato, Shun Kaneko, Sayuri Nitta, Fukiko Kawai-Kitahata, Miyako Murakawa, Yasuhiro Itsui, Mina Nakagawa, Seishin Azuma, Hiromitsu Nakauchi, Yasuhiro Asahina, Mamoru Watanabe. LIM homeobox 2 promotes interaction between human iPS-derived hepatic progenitors and iPS-derived hepatic stellate-like cells. Sci Rep. 2019.02; 9 (1): 2072. ( PubMed, DOI )

  • Tadakazu Hisamatsu, Takayuki Matsumoto, Kenji Watanabe, Hiroshi Nakase, Satoshi Motoya, Naoki Yoshimura, Tetsuya Ishida, Shingo Kato, Tomoo Nakagawa, Motohiro Esaki, Masakazu Nagahori, Toshiyuki Matsui, Yuji Naito, Takanori Kanai, Yasuo Suzuki, Masanori Nojima, Mamoru Watanabe, Toshifumi Hibi, . Concerns and side effects of azathioprine during adalimumab induction and maintenance therapy for Japanese patients with Crohn's disease: a sub-analysis of a prospective randomized clinical trial (DIAMOND study). J Crohns Colitis. 2019.02; ( PubMed, DOI )

  • Satoshi Motoya, Kenji Watanabe, Haruhiko Ogata, Takanori Kanai, Toshiyuki Matsui, Yasuo Suzuki, Mitsuhiro Shikamura, Kenkichi Sugiura, Kazunori Oda, Tetsuharu Hori, Takahiro Araki, Mamoru Watanabe, Toshifumi Hibi. Vedolizumab in Japanese patients with ulcerative colitis: A Phase 3, randomized, double-blind, placebo-controlled study. PLoS ONE. 2019.02; 14 (2): e0212989. ( PubMed, DOI )

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • Mamoru Watanabe. Endoscopy in Inflammatory Bowel Disease: Asian Perspectives with Respect toJapan. Springer, 2018.11 Part Ⅳ Endoscopy in IBD: International Difference

  • Masakazu Nagahori. Diagnosis of Ulcerative Colitis:Typical Findings and Diagnostic Criteria. Springer, 2018.11 Part Ⅱ Endoscopic Diagnosis of IBD

  • 【その患者・その症例にいちばん適切な使い方がわかるステロイド療法の極意】第3章 疾患・病態別にみたステロイドの選び方・使い方:消化器疾患. じほう社, 2017.09 消化器疾患

  • Nagaishi T, Watanabe M. Crohn's Disease and Ulcerative Colitis: from Epidemiology and Immunobiology to a Rational Diagnostic and Therapeutic Approach.. 2017.03 Paradigm of T cell differentiation in IBD: Crohn's disease and ulcerative colitis (ISBN : 978-3-319-33701-2)

  • 藤井俊光、長堀正和、渡辺 守. 【病気・病態・重症度からみた疾患別看護過程 第3版】第3章 消化器疾患 23:クローン病 . 医学書院, 2016.12 第3章 消化器疾患 23:クローン病

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • Tsuchiya K, Watanabe S, Shirasaki T, Nishimura R, Katsukura N, Hibiya S, Okamoto R, Nakamura T, Watanabe M. TP53 mutation in human colonic organoids acquires resistance to in vitro long-term inflammation.. ECCO2019 2019.03.09 Copenhagen(Denmark)

  • Kawamoto A, Nagata S, Anzai S, Takahashi J, Kawai M, Hama M, Nogawa D, Yamamoto K, Kuno R, Suzuki K, Shimizu H, Hiraguri Y, Yui S, Oshima S, Tsuchiya K, Nakamura T, Ohtsuka K, Kitagawa M, Okamoto R, Watanabe M. Synergy of Notch signalling and TNF-α in the inflamed intestinal epithelia of IBD patients leads to up-regulation of UBD, a ubiquitin-like protein. ECCO2019 2019.03.08 Copenhagen(Denmark)

  • Suzuki K, Shimizu H, Kawai M, Takahashi J, Anzai S, Kawamoto A, Nagata S, Hiraguri Y, Yui S, Tsuchiya K, Nakamura T, Ohtsuka K, Okamoto R, Watanabe M . UC-related and segment-specific properties of patientderived colonic organoids. ECCO2019 2019.03.07 Copenhagen(Denmark)

  • 渡辺 守. 世界に羽ばたく日本のIBD研究. 慶應IBD50周年記念講演会 2018.12.22 ホテルオークラ東京別館(東京都港区)

  • 福田将義、和田祥城、岡田英理子、大塚和朗、渡辺 守. 【ビデオワークショップ3:実診療で役立つ画像強調内視鏡】当院における大腸腫瘍に対するJNET分類の診断精度. 第107回 日本消化器内視鏡学会関東支部例会 2018.12.16 シェーンバッハ・サボー(東京都千代田区)

全件表示 >>

特許 【 表示 / 非表示

  • 腸上皮オルガノイドとの共培養による腸上皮間リンパ球培養技術

    出願番号: 特願2015-079953

  • 大腸上皮幹細胞の単離・培養技術と、これを用いた大腸上皮移植技術

    特許番号: 6238445

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 平成30年度 文部科学省科学研究費補助金 挑戦的研究(萌芽)「ヒト小腸を大腸化する運命決定因子の同定」研究代表者:渡辺 守,2018年04月

  • 平成30年度 文部科学省科学研究費補助金 基盤研究(S)「独自の培養系を用いた腸管上皮幹細胞における生体恒常性維持機構の解明」研究代表者:渡辺 守,2018年04月

  • 平成30年度 文部科学省科学研究費補助金 基盤研究(C) : 「慢性肝疾患の線維化進展におけるMMP関連因子の機能解明と抗線維化療法の開発」研究代表者:井津井康浩  研究分担者:朝比奈靖浩、柿沼 晴、渡辺 守 ,2018年04月

  • 平成30年度 文部科学省科学研究費補助金 基盤研究(C) 「腸管CD4-CD8αβ- double negative T細胞の機能解析」研究代表者:岡田英理子 研究分担者:根本泰宏、渡辺 守,2018年04月

  • 平成30年度 国立医療研究開発機構 再生医療実現拠点ネットワークプログラム 疾患・組織別実用化研究拠点(拠点B)「培養腸管上皮幹細胞を用いた炎症性腸疾患に対する粘膜再生治療の開発拠点」研究代表者:渡辺 守,2018年04月

全件表示 >>

その他業績 【 表示 / 非表示

  • ヒトiPS細胞を用いた疾患モデルを開発し、難治性肝疾患の病態解明に成功,2019年03月

    Journal of Hepatology

  • 「TMDUオープンイノベーション制度」に基づく東京医科歯科大学と日立製作所の連携について,2018年04月

    Frontiers in Immunology

  • 東京医科歯科大学発バイオベンチャー 「株式会社ブレイゾン・セラピューティクス」の設立について,2017年11月

    -

  • 潰瘍性大腸炎のモデル、マウス細胞で再現=東京医科歯科大 , 土屋輝一郎、日比谷秀爾、渡辺 守 , 時事通信 11月28日 ,2017年11月

     

  • 潰瘍性大腸炎の体外モデル作成に成功 東京医歯大、慢性変化・発がん過程の一部再現 , 土屋輝一郎、日比谷秀爾、渡辺 守 , QLifePro 医療ニュース 11月15日,2017年11月

     

全件表示 >>

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • MIC(免疫Ⅱ)

  • 消化器病態学特論 医歯学概論・臨床医歯学概論 人体機能学

  • 消化器ブロック

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 最終講義,m3.com,m3.com,2019年03月19日

  • 武部先生の人物紹介,日本経済新聞社,日本経済新聞電子版,2019年02月15日

  • 腸疾患の再生医療,日本経済新聞社,日本経済新聞,2018年12月27日

  • 難治性の潰瘍性大腸炎に対する粘膜再生治療について,小学館,週刊ポスト『医心伝身』,2018年10月05日

  • 臨床試験に関する取材,毎日新聞社,毎日新聞,2018年08月13日

全件表示 >>