基本情報

写真a

渡邉 守(ワタナベ マモル)

WATANABE Mamoru


職名

理事

ホームページ

http://www.tmd.ac.jp/grad/gast/index.html

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 慶應義塾大学  医学部  1979年  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 慶應義塾大学  医学研究科  博士課程  1984年  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 医学博士  慶應義塾大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2000年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 器官システム制御学講座 消化器病態学 教授
  • 2017年04月
    -
    2017年09月
    東京医科歯科大学 役職員 理事
  • 2017年10月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 役職員 理事

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本消化器病学会

  • 日本内科学会

  • 日本炎症性腸疾患学会

  • 日本消化器免疫学会

  • 日本小腸学会

全件表示 >>

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 日本消化器病学会 (前副理事長、第102回総会会長、2005−2011年Journal of Gastroenterology編集委員長)
  • 日本炎症性腸疾患学会 (理事長、第6回学術集会会長)
  • 日本消化器免疫学会 (理事長、第54回総会会長)
  • 日本小腸学会 (理事長)
  • 日本臨床免疫学会 (理事、第45回総会会長)

全件表示 >>

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 消化器内科学

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 炎症性腸疾患

  • 粘膜免疫

  • 腸上皮分化・再生

  • 再生医療

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 腸上皮化生を主眼とした消化器がんのスキルス化機構に関する研究

    文部科学省/日本学術振興会 : 2018年 - 2020年

  • 肝線維化治療の標的分子同定にむけたヒトiPS細胞由来肝組織様オルガノイドの開発

    文部科学省/日本学術振興会 : 2018年 - 2020年

  • 炎症性腸疾患発症過程の病態解析基盤樹立

    文部科学省/日本学術振興会 : 2018年 - 2020年

  • 肝前駆細胞と肝間葉系細胞との相互作用機構の解明と抗線維化療法標的分子の探索

    文部科学省/日本学術振興会 : 2018年 - 2020年

  • ユビキチン化蛋白の網羅的解析による炎症性発癌メカニズムの解明

    文部科学省/日本学術振興会 : 2017年 - 2019年

全件表示 >>

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Emi Inoue-Shinomiya, Miyako Murakawa, Yasuhiro Asahina, Mina Nakagawa, Jun Tsuchiya, Ayako Sato, Tomoyuki Tsunoda, Masato Miyoshi, Sayuri Nitta, Fukiko Kawai-Kitahata, Yasuhiro Itsui, Seishin Azuma, Sei Kakinuma, Kazumoto Murata, Masashi Mizokami, Mamoru Watanabe. Association of serum interferon-λ3 levels with hepatocarcinogenesis in chronic hepatitis C patients treated with direct-acting antiviral agents. Hepatol. Res.. 2019.05; 49 (5): 500-511. ( PubMed, DOI )

  • Sayuri Nitta, Yasuhiro Asahina, Takanobu Kato, Jun Tsuchiya, Emi Inoue-Shinomiya, Ayako Sato, Tomoyuki Tsunoda, Masato Miyoshi, Fukiko Kawai-Kitahata, Miyako Murakawa, Yasuhiro Itsui, Mina Nakagawa, Seishin Azuma, Sei Kakinuma, Hayato Hikita, Tetsuo Takehara, Mamoru Watanabe. Impact of novel NS5A resistance-associated substitutions of hepatitis C virus detected in treatment-experienced patients. Sci Rep. 2019.04; 9 (1): 5722. ( PubMed, DOI )

  • Sho Watanabe, Kiichiro Tsuchiya, Ryu Nishimura, Tomoaki Shirasaki, Nobuhiro Katsukura, Shuji Hibiya, Ryuichi Okamoto, Tetsuya Nakamura, Mamoru Watanabe. Mutation by CRISPR System Enhances the Malignant Potential of Colon Cancer. Mol. Cancer Res.. 2019.04; ( PubMed, DOI )

  • Tomoyuki Tsunoda, Sei Kakinuma, Masato Miyoshi, Akihide Kamiya, Shun Kaneko, Ayako Sato, Jun Tsuchiya, Sayuri Nitta, Fukiko Kawai-Kitahata, Miyako Murakawa, Yasuhiro Itsui, Mina Nakagawa, Seishin Azuma, Tsuyoshi Sogo, Haruki Komatsu, Ryutaro Mukouchi, Ayano Inui, Tomoo Fujisawa, Hiromitsu Nakauchi, Yasuhiro Asahina, Mamoru Watanabe. Loss of Fibrocystin Promotes Interleukin-8-Dependent Proliferation and CTGF Production of Biliary Epithelium.[Epub ahead of print] J. Hepatol.. 2019.03; ( PubMed, DOI )

  • Kaho Yamasaki, Kento Takenaka, Kazuo Ohtsuka. Laterally Spreading Tumor-like Early Cancer in Ileum. Intern. Med.. 2019.03; 58 (6): 885-886. ( PubMed, DOI )

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • Mamoru Watanabe. Endoscopy in Inflammatory Bowel Disease: Asian Perspectives with Respect toJapan. Springer, 2018.11 Part Ⅳ Endoscopy in IBD: International Difference

  • Masakazu Nagahori. Diagnosis of Ulcerative Colitis:Typical Findings and Diagnostic Criteria. Springer, 2018.11 Part Ⅱ Endoscopic Diagnosis of IBD

  • 【その患者・その症例にいちばん適切な使い方がわかるステロイド療法の極意】第3章 疾患・病態別にみたステロイドの選び方・使い方:消化器疾患. じほう社, 2017.09 消化器疾患

  • Nagaishi T, Watanabe M. Crohn's Disease and Ulcerative Colitis: from Epidemiology and Immunobiology to a Rational Diagnostic and Therapeutic Approach.. 2017.03 Paradigm of T cell differentiation in IBD: Crohn's disease and ulcerative colitis (ISBN : 978-3-319-33701-2)

  • 藤井俊光、長堀正和、渡辺 守. 【病気・病態・重症度からみた疾患別看護過程 第3版】第3章 消化器疾患 23:クローン病 . 医学書院, 2016.12 第3章 消化器疾患 23:クローン病

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • Mina Nakagawa, Kanako Noritake, Kumiko Yamaguchi, Janelle Moross, Jun Tsuruta, Keiichi Akita. Introduction of Clinical Exchange Training for Medical and Dental Students. AMEE 2019 2019.08.25 Austria Centre Vienna

  • 中川美奈. C型肝炎の治療とPost SVR診療の問題点. 2019年度日本肝臓学会教育講演会(単独開催) 2019.08.10 砂防会館(東京)

  • 中川美奈. ウイルス制御下における肝発癌および長期予後―前向きコホートを用いたIFN ベース治療とIFN フリー治療の比較検討―. 第6回みなとまちフォーラム 2019.08.03 オリエンタルホテル福岡 博多ステーション(福岡)

  • 川井麻央、河本亜美、永田紗矢香、安斎 翔、高橋純一、久野玲子、平栗優衣、鈴木康平、清水寛路、油井史郎、岡本隆一、渡辺 守. 患者由来腸上皮オルガノイドを用いたイソフラボン類による腸上皮機能調節機構の解析. 第56回日本消化器免疫学会総会 2019.08.02 メルパルク京都(京都府京都市)

  • 中川美奈、沼沢益行、那波信敏、山口久美子、則武加奈子、鶴田 潤、三宅 智、野里洵子、入山哲次、荒木孝二、秋田恵一. 臨床実習における医歯連携実習の取り組み. 第51回日本医学教育学会大会 2019.07.26 稲盛記念会館(京都)

全件表示 >>

特許 【 表示 / 非表示

  • 腸上皮オルガノイドとの共培養による腸上皮間リンパ球培養技術

    出願番号: 特願2015-079953

  • 大腸上皮幹細胞の単離・培養技術と、これを用いた大腸上皮移植技術

    特許番号: 6238445

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 令和1年度 文部科学省科学研究費補助金 基盤研究(C)(一般):19K08415 ヒトiPS細胞由来肝星細胞を用いた肝線維化・発癌機序の解明 研究代表者:中川美奈 研究分担者:柿沼 晴、朝比奈靖浩,2019年04月

  • 令和1年度 文部科学省科学研究費補助金 基盤研究(C):17K09407 慢性肝疾患の線維化進展におけるMMP関連因子の機能解明と抗線維化療法の開発 研究代表者:井津井康浩 研究分担者:柿沼 晴、朝比奈靖浩、渡辺 守,2019年04月

  • 令和1年度 文部科学省科学研究費補助金 基盤研究(C):17K09370 クローン病再燃予測システムの開発 研究代表者:大塚和朗 研究分担者:土屋輝一郎、渡辺 守,2019年04月

  • 令和1年度 文部科学省科学研究費補助金 若手研究:19K17392 末梢血中核酸を用いたゲノム統合解析による難治性肝癌の治療反応機構の解明 研究代表者:村川美也子,2019年04月

  • 令和1年度 文部科学省科学研究費補助金 基盤研究(C):19K08388 タイトジャンクション制御による大腸腫瘍予防戦略の構築 研究代表者:福田将義 研究分担者:渡辺 守、鬼澤道夫、永石宇司,2019年04月

全件表示 >>

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 「第2回創生医学コンソーシアムシンポジウムを開催します」―西村栄美ユニット長・武部貴則ユニット長が講演を行います―,2019年07月

    -

  • 「TMDU-JEOL クライオEMGateway」の運用を開始クライオ電子顕微鏡を用いた観察手法(クライオ電顕法)に関心のある企業等に情報・技術提供,2019年07月

    -

  • 「東京医科歯科大学と三井物産株式会社が歯科分野における連携協定を締結」 ―AI を活用した歯科分野の診断・治療を支援するシステムの開発― ,2019年06月

    -

  • 2019年7月1日(月) 「東京医科歯科大学OI機構発足記念シンポジウム」およびOI機構が推進する「TMDU-JEOL クライオEM-Gateway」の運用開始式を開催,2019年06月

    -

  • 「コモン難病※」である炎症性腸疾患(IBD)患者に対して、スマートデバイスを用いた診療サポートを行う臨床研究(観察研究)を開始。,2019年06月

    -

全件表示 >>

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • MIC(免疫Ⅱ)

  • 消化器病態学特論 医歯学概論・臨床医歯学概論 人体機能学

  • 消化器ブロック

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • OI機構、創生医学コンソーシアム、東京医科大の不正入試事件に関して,産経新聞社,「産経ニュース」企画 「大学最前線 この人に聞く」,2019年06月03日

  • iPS細胞を使った腸管粘膜再生医療について,NHK,2019年05月31日

  • 最終講義,m3.com,m3.com,2019年03月19日

  • 武部先生の人物紹介,日本経済新聞社,日本経済新聞電子版,2019年02月15日

  • 腸疾患の再生医療,日本経済新聞社,日本経済新聞,2018年12月27日

全件表示 >>