基本情報

写真a

烏山 一(カラスヤマ ハジメ)

KARASUYAMA Hajime


職名

理事

研究室住所

東京都文京区湯島1-5-45

研究室電話番号

03-5803-5162

研究室FAX番号

03-3814-7172

メールアドレス

karasuyama.mbch@tmd.ac.jp

ホームページ

http://immune-regulation.org/

研究分野・キーワード

アレルギー, 好塩基球, B細胞分化, 免疫不全症, 感染症, 自己免疫疾患

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  医学部  1978年  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京大学  医学系研究科  博士課程  1984年  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 医学博士  東京大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2000年01月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 生体環境応答学講座 免疫アレルギー学 教授
  • 2008年04月
    -
    2014年03月
    東京医科歯科大学 副学長 副理事
  • 2014年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 役職員 理事

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 1978年    東京医科歯科大学医学部卒業
  • 1978-1980  筑波大学医学専門学群付属病院医員(研修医)
  • 1980-1984  東京大学大学院医学系研究科博士課程(免疫学、多田富雄教授)
  • 医学博士1984
  • 1984-1987  スイス・バーゼル免疫学研究所研究員

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本免疫学会

  • 日本アレルギー学会

  • 日本分子生物学会

  • 日本癌学会

  • 日本血液学会

全件表示 >>

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 日本免疫学会 理事、評議員
  • 日本アレルギー学会 代議員

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 免疫学

  • 細胞生物学

  • 膠原病・アレルギー内科学

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • Genetic origins and pathogenesis of primary immunodeficiencies

  • Roles of basophils in protective immunity, immune regulation and allergy

  • Cellular and molecular basis of chronic allergic inflammation

  • Molecular mechanisms for regulation of lymphocyte development

  • 原発性免疫不全症の責任遺伝子の同定と病態解明

全件表示 >>

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • これまで見逃されていた好塩基球の存在意義と病態形成における役割

    文部科学省/日本学術振興会 : 2015年 - 2018年

  • 免疫応答における好塩基球の生理的・病的役割の解明

    文部科学省/日本学術振興会 : 2015年 - 2017年

  • アトピー性皮膚炎の難治性皮膚病変の病態解析と病態に基づいたピンポイントな新規治療の開発

    厚生労働省 : 2012年04月 - 2015年03月

  • 好塩基球特異的欠損マウスを用いた気管支喘息の病態解明

    文部科学省/日本学術振興会 : 2012年 - 2014年

  • 生体イメージングを活用した好塩基球の動態・機能の解明

    文部科学省/日本学術振興会 : 2012年 - 2014年

全件表示 >>

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Sho Shibata, Kensuke Miyake, Tomoya Tateishi, Soichiro Yoshikawa, Yoshinori Yamanishi, Yasunari Miyazaki, Naohiko Inase, Hajime Karasuyama. Basophils trigger emphysema development in a murine model of COPD through IL-4-mediated generation of MMP-12-producing macrophages. Proc. Natl. Acad. Sci. U.S.A.. 2018.12; 115 (51): 13057-13062. ( PubMed, DOI )

  • Hajime Karasuyama, Yuya Tabakawa, Takuya Ohta, Takeshi Wada, Soichiro Yoshikawa. Crucial Role for Basophils in Acquired Protective Immunity to Tick Infestation. Front Physiol. 2018.12; 9 1769. ( PubMed, DOI )

  • 三宅 健介, 山西 吉典, 烏山 一. トロゴサイトーシスを介した好塩基球による抗原提示機構 臨床免疫・アレルギー科. 2018.12; 70 (6): 623-630. ( 医中誌 )

  • Nagao T, Yamanishi Y, Miyake K, Teranishi M, Takahashi S, Yoshikawa S, Kawano Y, Karasuyama H. Aggregation makes a protein allergenic at the challenge phase of basophil-mediated allergy in mice. International immunology. 2018.09; ( PubMed, DOI )

  • Karasuyama Hajime, Miyake Kensuke, Yoshikawa Soichiro, Kawano Yohei, Yamanishi Yoshinori. How do basophils contribute to T(h)2 cell differentiation and allergic responses? INTERNATIONAL IMMUNOLOGY. 2018.09; 30 (9): 391-396. ( PubMed, DOI )

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 柴田 翔, 烏山 一. 呼吸器疾患診断治療アプローチ 気管支喘息. 中山書店, 2017.07 (ISBN : 978-4-521-74525-1)

  • 三宅 健介, 烏山 一. エッセンシャル免疫学 第3版(The Immune System, 4th edition). 株式会社 メディカル・サイエンス・インターナショナル, 2016.08 第14章 IgE介在性免疫とアレルギー (ISBN : 978-4-89592-864-9)

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 烏山 一. 皮膚アレルギー炎症における好塩基球の役割. 第14回TAP(乾癬とアトピー性皮膚炎の基礎と臨床を考える会) 2018.12.15 霞山会館

  • Kensuke Miyake, Ayako Fukui, Soichiro Yoshikawa, Yoshinori Yamanishi, Hajime Karasuyama. Basophils promote monocyte differentiation to M2-like macrophages that display enhanced capacity of allergen clearance. The 47th Annual Meeting of The Japanese Society for Immunology 2018.12.11 Fukuoka

  • Toshihisa Nagao, Yoshinori Yamanishi, Kensuke Miyake, Mio Teranishi, Soichiro Yoshikawa, Yohei Kawano, Hajime Karasuyama. Aggregation makes a protein allergenic at the challenge phase of basophil-mediated allergy in mice. The 47th Annual Meeting of The Japanese Society for Immunology 2018.12.11 Fukuoka

  • Soichiro Yoshikawa, Yuya Tabakawa, Takuya Ohta, Kayoko Yamaji, Kenji Ishiwata, Yohei Kawano, Yoshinori Yamanishi, Hiroshi Ohtsu, Takahiro Adachi, Naohiro Watanabe, Hirotaka Kanuka, Hajime Karasuyama. Histamine Released From Skin-Infiltrating Basophils but not mast cells is crucial for acquired tick resistance in mice. The 47th Annual Meeting of The Japanese Society for Immunology 2018.12.11 Fukuoka

  • Yohei Kawano, Georg Petkau, Christina Stehle, Pawel Durek, Gitta Anne Heinz, Kousuke Tanimoto, Hajime Karasuyama, Mir-Farzin Mashreghi, Chiara Romagnani, Fritz Melchers. Stable lines and clones of long-term proliferating normal, genetically unmodified murine common lymphoid progenitors. The 47th Annual Meeting of The Japanese Society for Immunology 2018.12.10 Fukuoka

全件表示 >>

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学学長賞(烏山 一),東京医科歯科大学,2014年10月

  • 平成26年度科学技術分野 文部科学大臣表彰 科学技術賞(研究部門)(烏山 一),文部科学省,2014年04月

  • 内藤記念科学振興財団 科学奨励賞,内藤記念科学振興財団,2010年03月

  • 上原記念生命科学財団 研究助成,上原記念生命科学財団,2010年03月

  • 武田科学振興財団 研究助成,武田科学振興財団,2008年11月

全件表示 >>

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 「肺の病気COPD(たばこ病)の発症に好塩基球が深く関与していることを解明」― COPDの新たな予防法・治療薬の開発につながる期待 ―,2018年12月

    Proceedings of the National Academy of Sciences,

  • 「希少細胞である好塩基球によるアレルギー誘導の謎が解けた!」-驚くべき離れ業「トロゴサイトーシス」を駆使-,2017年01月

    Proceedings of the Ntional Academy of Sciences(PNAS)

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 免疫学I

  • 免疫学II

  • 生化学実習

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 烏山 一. 関連人材育成プログラム,日経BP社,日経ビッグデータ,2018年02月14日