基本情報

写真a

北川 昌伸(キタガワ マサノブ)

KITAGAWA Masanobu


職名

教授

研究室住所

〒113-8519 東京都文京区湯島1-5-45

研究室電話番号

03-5803-5173

研究室FAX番号

03-5803-0123

研究分野・キーワード

宿主, レトロウイルス, アポトーシス, 骨髄異形成症候群, DNA-PK

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  医学部  医学科  1981年  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  医学研究科  病理学  博士課程  1985年  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 医学博士  東京医科歯科大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 1900年01月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 先端医療開発学講座 包括病理学 教授

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学医学部 病理学第二講座助手 1985年4月~1994年5月、
  • 東京医科歯科大学医学部病理学第二講座講師 1994年6月, 東京医科歯科大学医学部感染免疫病理学講座講師 1995年4月、
  • 東京医科歯科大学医学系研究科感染免疫病理学講座助教授 1997年5月, 東京医科歯科大学医学系研究科感染免疫病理学講座助教授 2000年3月、
  • 東京医科歯科大学医学系研究科分子免疫病理学講座助教授 2002年4月, 東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科包括病理学講座助教授 2003年4月, 現職 2005年9月

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本病理学会

  • 日本癌学会

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 日本病理学会 評議員・常任理事
  • 2010年08月
    -
    現在
    日本学生支援機構 優秀学生顕彰選考委員
  • 2011年04月
    -
    現在
    理化学研究所横浜研究所 研究倫理審査委員長
  • 2012年04月
    -
    現在
    医道審議会 分科会委員
  • 2016年04月
    -
    現在
    日本専門医機構 理事

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 人体病理学

資格、免許 【 表示 / 非表示

  • 医師

  • 死体解剖資格

  • 病理専門医

 

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Yusuke F, Kentaro T, Katsuhide I, Maky IO, Kenichi A, Satoshi K, Masanobu K, Jun K. Learning and Memory Deficits in Male Adult Mice Treated with a Benzodiazepine Sleep-Inducing Drug during the Juvenile Period Front. Neurosci.. 2016; 10 3389. ( PubMed )

  • Iichiroh Onishi, Yasunori Nakagawa, Toshihiko Murayama, Michihiro Hidaka, Kouhei Yamamoto, Shiho Abe-Suzuki, Shinya Abe, Morito Kurata, Masanobu Kitagawa. Expression of multidrug resistance 1 gene in association with CXCL12 in chronic myelogenous leukaemia. Pathology. 2014.12; 46 (7): 623-629. ( PubMed, DOI )

  • Masafumi Inoue, Yoshihisa Takahashi, Takeshi Fujii, Masanobu Kitagawa, Toshio Fukusato. Significance of downregulation of liver fatty acid-binding protein in hepatocellular carcinoma. World J. Gastroenterol. 2014.12; 20 (46): 17541-17551. ( PubMed, DOI )

  • Mitaka C, Hnin Si MK, Tulafu M, Yu Q, Uchida T, Abe S, Kitagawa M, Ikeda S, Eishi Y, Tomita M.. Effects of atrial natriuretic peptide on inter-organ crosstalk among the kidney, lung, and heart in a rat model of renal ischemia-reperfusion injury. Intensive Care Medicine Experimental.. 2014.11; 2 (28):

  • Shiho Abe-Suzuki, Morito Kurata, Shinya Abe, Iichiroh Onishi, Susumu Kirimura, Manami Nashimoto, Toshihiko Murayama, Michihiro Hidaka, Masanobu Kitagawa. CXCL12+ stromal cells as bone marrow niche for CD34+ hematopoietic cells and their association with disease progression in myelodysplastic syndromes. Lab. Invest.. 2014.11; 94 (11): 1212-1223. ( PubMed, DOI )

全件表示 >>

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 病理学