基本情報

写真a

北川 昌伸(キタガワ マサノブ)

KITAGAWA Masanobu


職名

教授

研究室住所

〒113-8519 東京都文京区湯島1-5-45

研究室電話番号

03-5803-5173

研究室FAX番号

03-5803-0123

研究分野・キーワード

宿主, レトロウイルス, アポトーシス, 骨髄異形成症候群, DNA-PK

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  医学部  医学科  1981年  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  医学研究科  病理学  博士課程  1985年  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 医学博士  東京医科歯科大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 1900年01月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 先端医療開発学講座 包括病理学 教授
  • 2018年04月
     
     
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 器官システム制御学講座 細胞生理学
  • 2018年05月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学専攻 先端医療開発学講座 包括病理学分野 教授

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学医学部 病理学第二講座助手 1985年4月~1994年5月、
  • 東京医科歯科大学医学部病理学第二講座講師 1994年6月, 東京医科歯科大学医学部感染免疫病理学講座講師 1995年4月、
  • 東京医科歯科大学医学系研究科感染免疫病理学講座助教授 1997年5月, 東京医科歯科大学医学系研究科感染免疫病理学講座助教授 2000年3月、
  • 東京医科歯科大学医学系研究科分子免疫病理学講座助教授 2002年4月, 東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科包括病理学講座助教授 2003年4月, 現職 2005年9月

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本病理学会

  • 日本癌学会

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 日本病理学会 評議員・常任理事
  • 2010年08月
    -
    現在
    日本学生支援機構 優秀学生顕彰選考委員
  • 2011年04月
    -
    現在
    理化学研究所横浜研究所 研究倫理審査委員長
  • 2012年04月
    -
    現在
    医道審議会 分科会委員
  • 2016年04月
    -
    現在
    日本専門医機構 理事

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 人体病理学

資格、免許 【 表示 / 非表示

  • 医師

  • 死体解剖資格

  • 病理専門医

 

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Morito Kurata, Kouhei Yamamoto, Branden S Moriarity, Masanobu Kitagawa, David A Largaespada. CRISPR/Cas9 library screening for drug target discovery. J. Hum. Genet.. 2018.02; 63 (2): 179-186. ( PubMed, DOI )

  • Yuko Kinowaki, Morito Kurata, Sachiko Ishibashi, Masumi Ikeda, Anna Tatsuzawa, Masahide Yamamoto, Osamu Miura, Masanobu Kitagawa, Kouhei Yamamoto. Glutathione peroxidase 4 overexpression inhibits ROS-induced cell death in diffuse large B-cell lymphoma. Lab. Invest.. 2018.02; ( PubMed, DOI )

  • Yae Ohata, Anna Tatsuzawa, Yoshio Ohyama, Ayako Ichikawa, Yumi Mochizuki, Sachiko Ishibashi, Yuri Itakura, Urara Sakurai, Kei Sakamoto, Tohru Ikeda, Masanobu Kitagawa, Kouhei Yamamoto. A distinctive subgroup of oral EBV+ B-cell neoplasm with polymorphous features is potentially identical to EBV+ mucocutaneous ulcer. Hum. Pathol.. 2017.10; 69 129-139. ( PubMed, DOI )

  • Naoko Tsuyama, Seiji Sakata, Satoko Baba, Yuko Mishima, Noriko Nishimura, Kyoko Ueda, Masahiro Yokoyama, Yasuhito Terui, Kiyohiko Hatake, Masanobu Kitagawa, Naoki Ishizuka, Naoto Tomita, Kengo Takeuchi. BCL2 expression in DLBCL: reappraisal of immunohistochemistry with new criteria for therapeutic biomarker evaluation. Blood. 2017.05; 130 (4): 489-500. ( PubMed, DOI )

  • Keiichi Kinowaki, Yurie Soejima, Arisa Kumagai, Fukuo Kondo, Keiji Sano, Takeshi Fujii, Masanobu Kitagawa, Toshio Fukusato. Clinical and pathological significance of myeloid differentiation factor 88 expression in human hepatocellular carcinoma tissues. Pathol. Int.. 2017.05; 67 (5): 256-263. ( PubMed )

全件表示 >>

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 病理学

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • がんゲノム医療中核病院ならびに連携病院の取り組み,株式会社 デュナミス,病理専門冊子 Histo Logic Japan,2018年07月31日

  • 医学部長・医科大学長アンケート,エムスリー株式会社,m3.com,2018年05月29日