基本情報

写真a

畑 裕(ハタ ユタカ)

HATA Yutaka


職名

教授

研究室住所

MDタワー18階北

ホームページ

http://www.tmd.ac.jp/mbc/index.html

研究分野・キーワード

がん シグナル伝達 細胞死 細胞周期 がん遺伝子 がん抑制 筋肉 マクロファージ

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東京大学  医学部  1982年  卒業

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 医学博士  

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 1900年01月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 生体支持組織学講座 病態代謝解析学 教授

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 1999年4月 東京医科歯科大学医学部分子医化学教授
  • 2000年4月 東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科教授

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本生化学会

  • 日本分子生物学会

  • 日本細胞生物学会

  • 日本癌学会

  • 日本神経科学会

全件表示 >>

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 日本生化学会 評議員
  • 日本細胞生物学会 評議員

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 医化学一般

  • 病態医化学

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • Molecular dissection of the singal transduction pathway that regulates cell proliferation, cell polarity and cell death

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Sarkar A, Iwasa H, Hossain S, Xu X, Sawada T, Shimizu T, Maruyama J, Arimoto-Matsuzaki K, Hata Y.. Domain analysis of Ras-association domain family member 6 upon interaction with MDM2. FEBS Letters. 2017.01; 591 (2): 260-272. ( DOI )

  • Nagashima S, Bao Y, Hata Y.. The Hippo pathway as drug targets in cancer therapy and regenerative medicine. Current Drug Targets. 2016.11;

  • Katano T, Fukuda M, Furue H, Yamazaki M, Abe M, Watanabe M, Nishida K, Yao I, Yamada A, Hata Y, Okumura N, Nakazawa T, Yamamoto T, Sakimura K, Takao T, Ito S. Involvement of Brain-Enriched Guanylate Kinase-Associated Protein (BEGAIN) in Chronic Pain after Peripheral Nerve Injury. eNeuro. 2016.10; 3 (5): 110-116.

  • Nagashima S, Maruyama J, Kawano S, Iwasa H, Nakagawa K, Ishigami-Yuasa M, Kagechika H, Nishina H, Hata Y. . Validation of chemical compound library screening for transcriptional co-activator with PDZ-binding motif inhibitors using GFP-fused transcriptional co-activator with PDZ-binding motif. Cancer Science. 2016.07; 107 (6): 791-802.

  • 畑 裕、清水 尊仁. 創薬標的としてのHippoシグナル 実験医学. 2015.11; 33 (18): 2946-2952.

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • Iwasa H, Shimizu T, Hata Y.. Encyclopedia of Signaling Molecules RASSF6. Springer, RASSF6 (ISBN : 978-1-4419-0460-7)

  • Kodaka M, Xu X, Yang X,Maruyama J, Hata Y. SPringer Protocol Appication of split-GFP reassembly assay to the study of the in vitro myogenesis and myofusion.. Springer, Application of split-GFP reassembly assay to the study of the in vitro myogenesis and myofusion.

  • Xu X, Kodaka M, Iwasa H, Hata Y. Encyclopedia of Signaling Molecules MAGI2/S-SCAM. SPringer, MAGI2

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 畑 裕. がん治療、再生医療の治療標的としての 転写共役因子YAP1、TAZの有用性について. 第38回日本分子生物学会年会・第88回日本生化学会大会・合同大会 2015.12.03 神戸

  • Yutaka Hata. Transcriptional coactivator with PDZ-binding motif (TAZ), a potential target for interventions against muscle-wasting disorders. Neuroscience Symposium 2015 2015.10.23

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 生化学