基本情報

写真a

田村 幸彦(タムラ ユキヒコ)

TAMURA Yukihiko


職名

助教

研究室FAX番号

03-5803-0190

研究分野・キーワード

歯髄,メタロチオネイン, 歯肉増殖症,医薬品副作用, 創薬

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 歯学博士  東京医科歯科大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 1900年01月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 生体支持組織学講座 硬組織薬理学 助教
  • 2018年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 生体支持組織学講座 硬組織薬理学 助教

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2001年04月
    -
    現在
    日本薬理学会 学術評議員

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 機能系基礎歯科学

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 薬物誘発性歯肉増殖症

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • RANK様ペプチドによる新規骨・軟骨形成促進薬の創生

    文部科学省/日本学術振興会 : 2016年 - 2017年

  • 臨床体験型コンピュータシミュレーション教材の標準化と医歯学融合教育での教育効果

    文部科学省/日本学術振興会 : 2012年 - 2015年

  • 臨床体験型コンピュータシミュレーション教材の標準化と医歯学融合教育での教育効果

    文部科学省/日本学術振興会

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Eri Sone, Daisuke Noshiro, Yuki Ikebuchi, Mami Nakagawa, Masud Khan, Yukihiko Tamura, Masaomi Ikeda, Meiko Oki, Ramachandran Murali, Toshihiko Fujimori, Tetsuya Yoda, Masashi Honma, Hiroshi Suzuki, Toshio Ando, Kazuhiro Aoki. The induction of RANKL molecule clustering could stimulate early osteoblast differentiation. Biochem. Biophys. Res. Commun.. 2019.02; 509 (2): 435-440. ( PubMed, DOI )

  • X Cui, T Murakami, Y Tamura, K Aoki, Y Hoshino, Y Miura. Bacterial Inhibition and Osteoblast Adhesion on Ti Alloy Surfaces Modified by Poly(PEGMA-r-Phosmer) Coating ACS Applied Materials & Interfaces. 2018.06; 10 (28): 23674-23681.

  • Lia Kartika Wulansari, Boosana Kaboosaya, Masud Khan, Mariko Takahashi, Hidemi Nakata, Shinji Kuroda, KazuhiroAoki, ShoheiKasugai. Beneficial effects of fasting regimens on periodontal tissues in experimental periodontitis mice model Journal of International Dental and Medical Research. 2018.05; 11 (2): 362-369.

  • M Urata , S Kokabu, T Matsubara, G Sugiyama,C Nakatomi, H Takeuchi, S Hirata‐Tsuchiya, K Aoki, Y Tamura , Y Moriyama , Y Ayukawa, M Matsuda, M Zhang, K Koyano, C Kitamura, E Jim. A peptide that blocks the interaction of NF‐κB p65 subunit with Smad4 enhances BMP2‐induced osteogenesis Journal of Cellular Physiology. 2018.04; 233 (9): 7356-7366.

  • Toru Takemoto, Yuji Kabasawa, Yusuke Higuchi, Yasuhiko Tabata, Kazuhiro Aoki, Yukihiko Tamura, Hiroyuki Harada. Combination of the RANKL-binding peptide W9 and bFGF induces bone regeneration in the rat calvarial defect model. Dent Oral Craniofac Res. 2017.12; 4 (3): 1-7. ( DOI )

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 現代歯科薬理学 第6版. 医歯薬出版, 2018.02 重金属拮抗薬 (ISBN : 9784263458112)

  • 診療のエア・ポケット. デンタルダイヤモンド社, 1991

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • E Sone, D Noshiro, Y Ikebuchi, M Khan, Y Sugamori, Y Tamura, T Yoda, M Honma, K Aoki.. A stimulatory mechanism of RANKL-Binding peptide on osteoblast differentiation.. 32nd IADR-SEA & 29th SEAADE 2018.09.11 Da Nang, Vietnam

  • 新井裕貴、青木和広、田村幸彦、長弘茂樹、大河原久美、上原智紀、宮新美智世、若林則幸. 過剰咬合モデルマウスにおけるRANKL結合ペプチドを使用した歯槽骨造成の評価. 日本骨形態計測学会 2018.06.21 大阪

  • 曽根絵梨、Khan Masud、能代大輔、池淵祐樹、本間雅、田村幸彦、菅森泰隆、鈴木洋史、宇田川信之、青木和広. RANKL結合ペプチドによる骨形成促進メカニズムの検討. 日本骨形態計測学会 2018.06.21 大阪

  • 三上理沙子, 青木章, 水谷幸嗣, 田村幸彦, 和泉雄一. 超高繰り返し超短パルス青色レーザーを用いた低出力照射はTRPV1を介して骨芽細胞の増殖・分化を促進し、細胞外基質の石灰化を亢進させる. 第29回日本レーザー歯学会総会・学術大会 2017.09.23 日本歯科大学新潟生命歯学部 講堂・アイヴイホール(新潟)

  • 武元徹、樺沢勇司、樋口佑輔、田畑泰彦、青木和広、田村幸彦、原田浩之. ラット頭蓋骨欠損部に局所適用したRANKL結合ペプチドW9とbFGFによる骨形成促進作用の評価. 第33回日本DDS学会学術集会 2017.07.06 京都勧業会館 みやこめっせ (京都)

全件表示 >>

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 第38回日本骨形態計測学会 若手研究者賞(新井祐貴),日本骨形態計測学会 ,2018年06月

  • 第33回日本DDS学会学術集会優秀発表賞(武元徹),第33回日本DDS学会学術集会,2017年07月

  • 第58回歯科基礎医学会学術大会モリタ賞(薬理部門)(上原智己),2016年08月

  • 第36回日本骨形態計測学会 若手研究者賞(新井祐貴),第36回日本骨形態計測学会,2016年06月

  • 第13回国際骨形態計測学会 New Investigator Award (上原智己),2015年04月

全件表示 >>

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 大学院特別講義(東京大学 医学部附属病院 薬剤部 講師 本間雅) ,2019年02月

    「RANKL逆シグナルによる骨吸収と骨形成のカップリング」

  • 大学院特別講義(鶴見大学 副学長・歯学部薬理学講座 教授 二藤彰),2018年11月

    「硬組織の分化発生におけるエピジェネティック制御」 

  • 大学院特別講義 (Harvard School of Dental Medicine, Dept. of Oral Medicine, Infection and Immunity, Baron Lab Postdoctoral Research Fellow 永野健一),2017年11月

    “The Wnt agonist R-spondin 3: an unexpected negative regulator of bone formation.”

  • 大学院特別講義(岩手医科大学生化学講座細胞情報科学分野 教授 石崎明),2017年08月

    「間葉系幹細胞の機能を制御する細胞内シグナル伝達機構の解明~間葉系幹細胞を用いた効率の良い再生医療の実現を目指して〜」 

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 薬理学概説(薬理Ⅰ)

  • 神経系と薬物、麻酔薬など(薬理Ⅱ)

  • 感染の予防および治療薬など(Ⅲ)

  • 薬物と生体反応の実際(薬理Ⅳ)

  • 薬理学(口腔保健学科)

全件表示 >>

教育上の能力に関する事項 【 表示 / 非表示

  • 優秀教員賞