基本情報

写真a

高橋 英和(タカハシ ヒデカズ)

TAKAHASHI Hidekazu


職名

教授

研究室住所

東京都文京区湯島1-5-45 2号館2階213号室

ホームページ

http://www.tmd.ac.jp/bmoe/index.html

研究分野・キーワード

歯科材料の機械的性質, 歯科材料の疲労特性, 象牙質の機械的性質, コンポジットレジンの繰り返し疲労, セラミック材料の静疲労と繰返し疲労, 歯科用コンポジットレジンの照射器による重合特性の違, 急速加熱型埋没材, 石膏系高温鋳造用埋没材

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 歯学博士  東京医科歯科大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2015年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯理工学専攻 口腔機材開発工学 教授
  • 2011年04月
    -
    2015年04月
    東京医科歯科大学 歯学部 口腔保健学科 口腔保健工学専攻 口腔保健機材工学講座 生体材料加工学 教授
  • 2001年08月
    -
    2011年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 口腔機能再構築学講座 先端材料評価学 准教授
  • 2000年04月
    -
    2001年07月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 口腔機能再構築学講座 准教授
  • 1994年04月
    -
    2000年03月
    東京医科歯科大学 歯学部 歯学科 准教授

全件表示 >>

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 1987年04月
    -
    1992年09月
    昭和大学 歯学部 講師
  • 1988年11月
    -
    1989年06月
    アーヘン工科大学 歯学部 Guest Researcher
  • 1996年09月
    -
    1997年03月
    国立標準技術局(米国) Dental and Material Group (Chief': Dr. Wang), Guest Scientist.
  • 1996年06月
    -
    1996年08月
    ニューヨーク州立大学ストニーブルック校 工学部 Visiting Associate Professor.

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本歯科理工学会

  • 日本補綴歯科学会

  • 国際歯科研究会(International Association for Dental Research)

  • 国際補綴学会(International College of Prosthodontists)

  • 国際歯科材料学会(Academy of Dental Materials)

全件表示 >>

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2001年04月
    -
    現在
    日本歯科理工学会 理事
  • 2006年04月
    -
    2010年03月
    日本歯科理工学会 常任理事
  • 2014年09月
    -
    現在
    ISO TC106 歯科 SC9 歯科用CADCAM 議長
  • 2012年06月
    -
    現在
    日本歯科医師会 歯科材料規格員会
  • 2010年04月
    -
    現在
    日本医用歯科機器学会 常任理事

全件表示 >>

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 補綴・理工系歯学

資格、免許 【 表示 / 非表示

  • 歯科医師

  • 補綴指導医

  • エックス線作業主任者

  • 補綴専門医

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • アディティブマニュファクチャリングを応用したエピテーゼ用シリコーン樹脂の開発,2014年04月 - 現在

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Takahiro Shirako , Hiroshi Churei, Naohiko Iwasaki, Hidekazu Takahashi, Toshiaki Ueno. Evaluation of the flexural properties of a new temporary splint material for use in dental trauma splints Journal of Dental Sciences. 2017.09; 12 (3): 308-310.

  • 隅田 由香,服部 麻里子,大木 明子,吉 志元,高橋 英和,岩崎 直彦,谷口 尚. 試作エピテーゼ用シリコーン材料の粘弾性特性の検討 ー第2報:垂れ止剤と重合条件の影響について 顎顔面補綴学会誌. 2017.06; 40 (1): 1-6.

  • Hubban Nasution, Krid Kamonkhantikul, Mansuang Arksornnukit, Hidekazu Takahashi. Pressure transmission area and maximum pressure transmission of different thermoplastic resin denture base materials under impact load. J Prosthodont Res. 2017.06; ( PubMed, DOI )

  • Naohiko Iwasaki, Chisato Yamaki, Hidekazu Takahashi, Meiko Oki, Tetsuya Suzuki. Effect of long-time immersion of soft denture liners in water on viscoelastic properties. Dent Mater J. 2017.04; ( PubMed, DOI )

  • Krid Kamonkhantikul, Mansuang Arksornnukit, Hidekazu Takahashi. Antifungal, optical, and mechanical properties of polymethylmethacrylate material incorporated with silanized zinc oxide nanoparticles. Int J Nanomedicine. 2017.03; 12 2353-2360. ( PubMed, DOI )

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 末瀬一彦,高橋英和,船奥律子 他. 最新 歯科衛生士教本 歯科材料. 医歯薬出版, 2017.03 歯科材料の基礎知識,印象材,模型材 ほか (ISBN : 978-4-263-42851-1)

  • 高橋英和. 第52回ISO/TC 106トロムソ会議報告書会議報告 2016. 日本歯科材料器械研究協議会, 2016.12 SC9プレナリー,他

  • 高橋英和. 第51回ISO/TC 106バンコク会議報告書会議報告 2015. 日本歯科材料器械研究協議会, 2016.01 SC9プレナリー,他

  • 福島 正義 他. 接着歯学ーMinimal Interventionを求めてー . 医歯薬出版, 2015.12 (ISBN : 978-4-263-44135-0)

  • 高橋英和. 第50回ISO/TC 106ベルリン会議報告 (ドイツ:ベルリン). 日本歯科医師会, 2015.03 第50回ISO/TC 106年次会議報告書

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 加嶋祐佳,高市敦士,高橋英和,若林則幸. 積層造形体の疲労強度に与えるサポート構造の影響. 日本補綴歯科学会 第126回学術大会 2017.07.02 横浜

  • 増田夢子,鈴木哲也,大木明子,羽田多麻木,土田優美,安江透,上條真吾,池田正臣,高橋英和. 陶歯を用いたリンガライズドオクルージョンの再現性とその作業効率. 第126回日本補綴歯科学会学術大会 2017.07.02 横浜市

  • 安江 透,岩崎直彦,鈴木哲也,高橋英和. 繊維強化型コンポジットレジンに対する前装材料の接着特性に及ぼす繊維配置の影響. 日本補綴歯科学会第126回学術大会 2017.07.02 横浜

  • 高橋 英和. CAD/CAMレジン冠・ジルコニアクラウンの特性と接着. 日本デジタル歯科学会,日本接着歯科学会 共催シンポジウム 2017.06.11 東京医科歯科大学

  • 安江 透,岩崎直彦,鈴木哲也,高橋英和. CAD/CAM用ガラス繊維強化型コンポジットレジンに対する接着特性について - 繊維の配置による影響 -. 第69回日本歯科理工学会学術講演会 2017.04.16 東京

全件表示 >>

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 優秀ポスター賞(第3位),International Academy for Digital Dental Medicine,2016年09月

  • 日本歯科色彩学会発表賞,日本歯科色彩学会,2016年08月

  • 発表優秀賞,日本補綴歯科学会,2015年11月

  • 日本歯科色彩学会発表賞,日本歯科色彩学会,2015年08月

  • 日本歯科色彩学会発表賞,日本歯科色彩学会,2015年08月

全件表示 >>

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 日本歯科理工学会関東地方会 夏季セミナー,2013年07月

    日本歯科理工学会関東地方会 夏季セミナーを平成24年度第23回日本医用歯科機器学会研究発表大会に共催する形で開催した.ランチョンセミナー,一般講演,特別講演,シンポジウムと内容の多い大会であったが,関東地方会から48名の参加者あり,盛会に開催できた.

  • 平成24年度(第23回)日本医用歯科機器学会総会・研究発表大会,2013年07月

    平成24年度第23回総会と研究発表大会を歯科棟4階特別講堂で開催した,ランチョンセミナーでは『安全・安心な歯科治療を進めるために』として2題の講演を,一般講演で10演題を,特別講演として大阪工業大学の西川 出教授より「学生達による人工衛星プロジェクトPROITERES」の講演を,シンポジウム『切削用歯科医用機器 ~日本の誇る新技術~』として中西賢介さま(ナカニシ),日吉勝海さま(モリタ製作所),瀬戸則夫さま(長田電機工業),竹下三郎さま(ミクロン)に講演をいただいた.日本歯科理工学会関東地方会との共催のため,当日は91名の参加者で盛会に開催でした.

  • 第27回日本歯科産業学会学術講演会,2012年08月

    第27回日本歯科産業学会学術講演会を開催した.メインテーマを「国際的に魅力ある歯科医療機器の実現にむけて」とし,輸入額が輸出額より多いとされる歯科医療機器産業の構造改善にはどのような方策があるかを皆さんと考えたいと企画しました.シンポジウムでは2012年7月に発表された「新しい歯科医療機器・歯科医療技術産業ビジョン」について,歯科商工協会会長も兼務される本学会山中通三会長に基調講演をいただき,産業ビジョン実務者会議メンバーの高橋勝美氏,南部敏之氏,園田秀一氏より具体的な内容について解説していただきました.輸入超過とされているが実態は必ずしもそうでないこと,今後改善すべき点などが見えてきた内容でした。さらに特別講演には愛歯技工専門学校の田中 誠先生をお招きし,「色覚障がいと色彩設計」のご講演いただきました.色覚異常を有する方には生肉と焼肉の色の区別が難しいなど,実際の視覚的な問題点を指摘いただき,歯科医療機器において改善するべき点があることを勉強させていただきました。一般講演でも12題の発表があり,いずれもきわめてレベルの高いもので,新たな歯科医療機器の開発につながることを確信する内容でした。大会の様子はホームページに一部掲載しております(www.tmd.ac.jp/bmoe/27-sanguyoshika/sangyogakkai.html)

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 口腔保健理工学,2011年 - 現在

  • 口腔保健理工学実習,2011年 - 現在

  • 口腔機材開発工学,2015年 - 現在

  • 加工技術基礎,2015年 - 現在

  • 画像解析学,2014年 - 現在

全件表示 >>

教育上の能力に関する事項 【 表示 / 非表示

  • コア歯科理工学,2007年04月 - 現在

  • 臨床歯科理工学,2005年10月 - 現在

  • 歯科理工学用語集 第2版,2002年04月 - 現在

  • スタンダード歯科理工学 ―生体材料と歯科材料― 第5版,2001年04月 - 現在

  • 現代歯科理工学,1990年04月 - 2008年10月