基本情報

写真a

東 みゆき(アズマ ミユキ)

AZUMA Miyuki


職名

教授

研究室住所

東京都文京区湯島1-5-45 東京医科歯科大学・分子免疫学分野

研究室電話番号

03-5803-5935

ホームページ

http://www.tmd.ac.jp/mim/index.html

研究分野・キーワード

免疫、口腔免疫、腫瘍免疫、免疫制御

プロフィール

略歴:
東京医科歯科大学歯学部卒 (1984.3)、
学位取得 (1988.3) 歯学博士(東京医科歯科大学大学院 ) 、
2000年より東京医科歯科大学分子免疫学分野教授、
主な研究テーマ:がん免疫、 T 細胞の機能制御に関わる共刺激分子に関する研究、口腔免疫、免疫治療法開発

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  歯学部  歯学科  1984年03月  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  歯学研究科  口腔外科学  博士課程  1988年03月  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 歯学博士  東京医科歯科大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 1988年04月
    -
    1990年02月
    東京医科歯科大学 歯学部 医員(歯病)
  • 1992年10月
    -
    1993年03月
    東京医科歯科大学 歯学部 助教
  • 2000年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 口腔機能再構築学講座 分子免疫学 教授

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 1990年03月
    -
    1992年10月
    Department of Immunology, DNAX Research Institute for Molecular and Cellular Biology, CA, USA 研究員
  • 1990年03月
    -
    1992年09月
    米国留学,BDISおよび DNAX細胞生物研究所 免疫部 研究員
  • 1993年04月
    -
    1996年03月
    順天堂大学 医学部免疫学講座  助手
  • 1996年04月
    -
    2000年03月
    国立小児病院小児医療研究センタ- 免疫研究室 研究員

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本免疫学会

  • 日本口腔内科学会

  • 日本癌学会

  • AAI(American Association of Immunologists)

  • 口腔病学会

全件表示 >>

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 歯科基礎医学会 評議員
  • 1984年
    -
    現在
    日本口腔科学会 評議員
  • 2000年
    -
    現在
    口腔病学会 理事
  • 2014年
    -
    現在
    日本がん免疫学会 評議員
  • 2016年
    -
    現在
    日本口腔内科学会 代議員

全件表示 >>

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 免疫学

  • 病態科学系歯学・歯科放射線学

資格、免許 【 表示 / 非表示

  • 歯科医師

 

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 新規ヒトフローラマウスでの口腔と全身のクロストーク解析―細菌叢と免疫に注目してー

    文部科学省/日本学術振興会 : 2019年 - 2021年

  • 口腔慢性病変および口腔癌における負の免疫動態解析と全身への影響

    文部科学省/日本学術振興会 : 2018年 - 2020年

  • 再発転移頭頸部癌に対するニボルマブ最適化投与のためのバイオマーカーに関する研究

    文部科学省/日本学術振興会 : 2018年 - 2020年

  • 免疫系の修飾による放射線増感機構:腫瘍細胞動態からの解明

    文部科学省/日本学術振興会 : 2017年 - 2019年

  • 口腔特有の免疫応答制御メカニズムの解明

    文部科学省/日本学術振興会 : 2014年 - 2016年

全件表示 >>

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Mulati K, Hamanishi J, Matsumura N, Chamoto K, Mise N, Abiko K, Baba T, Yamaguchi K, Horikawa N, Murakami R, Taki M, Budiman K, Zeng X, Hosose Y, Azuma M, Konishi I, Mandai M. VISTA expressed in tumour cells regulates T cell function. Br. J. Cancer. 2019.01; 120 (1): 115-127. ( PubMed, DOI )

  • Azuma T, Sato Y, Ohno T,Azuma M, Kume H.. Serum soluble B7-H4 is a prognostic marker for patients with non –metastatic clear cell renal cell carcinoma. Plos One. 2018.07; 13 (7): e01997119. ( DOI )

  • Nishii N, Tachinami H, Kondo Y, Xia Y, Kashima Y, Ohno T, Nagai S, Li L, Lau W, Harada H, Azuma M. Systemic administration of a TLR7 agonist attenuates regulatory T cells by dendritic cell modification and overcomes resistance to PD-L1 blockade therapy. Oncotarget. 2018.03; 9 (17): 13301-13312. ( PubMed, DOI )

  • Ohno T, Zhang C, Kondo Y, Kang S, Furusawa E, Tsuchiya K, Miyazaki Y, Azuma M. The immune checkpoint molecule VISTA regulates allergen-specific Th2-mediated immune responses. Int Immune. 2018.02; 30 (1): 3-11. ( PubMed, DOI )

  • Swangphon P, Pientong C, Sunthamala N, Bumrungthai S, Azuma M, Kleebkaow P, Tangsiriwatthana T, Sangkomkamhang U, Kongyingyoes B, Ekalaksananan T. Correlation of circulating CD64+/CD63+ monocyte ratio and stroma/peri-tumoral CD163+ monocyte density with human papillomavirus infected cervical lesion severity. Cancer Microenvironment. 2017.12; 10 (1-3): 77-85. ( PubMed, DOI )

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • Kang Siwen、東 みゆき. 咀嚼粘膜上皮に発現する免疫チェックポイント分子 B7-H1による粘膜炎症の制御. 口腔病学会誌 83(3):107-108, 2016

  • Azuma M, Oki S. In: Kishimoto T., eds. Leukocyte Typing VI: White cell differentiation antigens. Garland Publishing Inc New York & London, 1997 CD28 workshop panel report

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 加島 義久、立浪 秀剛、東 みゆき、原田 浩之. マウス舌癌モデルの樹立と免疫組織学的解析. 第73回日本口腔科学会 2019.04.19 川越(埼玉)

  • 立浪 秀剛、西井 直人、加島 義久、冨原 圭、野口 誠、東 みゆき. 腫瘍に集積するミエロイド系細胞の違いはPD-L1阻害剤との併用免疫療法効果に影響を与える. 第73回日本口腔科学会 2019.04.19

  • Furusawa E, Noda T, Komiyama T, Ohno T, Yokozeki H, Kobayashi K, Hamamoto H, Miyashin M, Azuma M. Silencing effects of B7-DC in cutaneous DCs on allergic skin diseases. 第47回日本免疫学会 2018.12.10 福岡

  • Yang Y, Nagai S, Azuma M. Involvement of CD206+ cells in oral mucosal tolerance. 第47回日本免疫学会 2018.12.10 福岡

  • 夏 玉龍、西井 直人、永井 重徳、東 みゆき、大野 建州. 抗腫瘍応答における内因性および腫瘍内投与IL-33の機能評価. 第77回日本癌学会 2018.09.27 大阪

全件表示 >>

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 東 みゆき、 第2回日本免疫学会女性免疫研究者賞,日本免疫学会,2015年11月

  • アストラ賞 (日本アレルギー学会),1998年

  • Hajime Memorial 賞(DNAX研究所),1992年

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 「表皮ランゲルハンス細胞のPD-L2サイレンシングは,接触過敏症を抑制する」― 抑制性分子と考えられていたPD-L2が活性化に働くことを実証―,2019年04月

    Journal of Investigative Dermatology

  • 「低濃度TLR7アゴニスト投与は免疫チェックポイント療法の感受性を高める」 新たな免疫チェックポイント併用薬としての可能性 ―,2018年02月

    Oncotarget